にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

フリードスパイクの車中泊空間はこんな感じ2016/07/27 06:15

フリードスパイクのフルフラットベッド_2_20160528

日差しをカットする意味で張る事の多いタープですが、この日は雨天になる事も予想されていたので、雨除けの意味でもタープを張りました。

タープを張っていれば、余程の強風でもない限り快適に過ごす事が可能。寝るのは車中泊でも、サイドにタープがあるとやはり違います。

タープ中央には、夜に備えてLEDランタン(GENTOS EX-777XP)をセットして。

ガイラインにLEDランタン_20160528

タープのメインポール間にガイロープを1本渡し、アルミ自在で長さ調節をすれば簡単なランタンハンガーに。そこにランタンを吊るせます。シャラカップ等も吊るせますから、オススメです。

さて、タープ下に夕食会場をセットしたらフリードスパイクの車内へ。ゴロゴロと寝転びながら、雑誌やテレビ等を見る事にしました。

ポータブルTVを視聴_20160528

21Ahのポータブル電源を積載してきましたからね。ポータブルテレビを見るくらいなら楽勝です。

肝心な車内のベッドの方も、フリードスパイクなら純正で床がフルフラットになるので、凹凸がほぼ無くて快適。

フリードスパイクのフルフラットベッド_20160528

いずれ機会があればご紹介しますが、銀マットを敷いた上に、分割できる厚さ15mmのキャンプ用マットを敷き、その上から封筒型の厚手のシェラフを開いて被せ、ベッドにしています。

専用品として販売されている車中泊用のマットを購入しなくても、少し工夫をすればこれだけで十分。自宅にあったキャンプ道具を流用するだけで、何とかなりました。

フリードスパイクとヒルバーグタープ_20160528

キャンプ用のマットと言っても、2段重ねればクッション性もなかなかですしね。それでいて、布団と違ってフワフワ感が無いので、寝るだけでなく、座っている時も快適に過ごす事ができます。

スカイルーフのフリードスパイク_20160528

我がフリードスパイクには、スカイルーフが備わっているのも強み。車内に居ても明るく、開放感があるのは特筆すべきポイントでしょう。(注:現行型はスカイルーフの設定無し)

万が一荒天になっても、この空間で引き篭もる事が可能です(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/28 -ミニマムCAMPはフリードスパイクで-

最小限で最大限の「楽」を!ミニマムCAMP!2016/07/26 06:15

海沿いのキャンプサイト_20160528

早めに到着した事もあり、フリードスパイクの車中泊態勢を始め、車外のタープや椅子とテーブルなど、車中泊キャンプのセッティングはほぼ、昼までに終える事ができました。

このあたりは、荷物少なめ、ミニマムキャンプの良い所ですね。加えて車中泊なので、テントを張る必要がありません。つまりそれだけ、のんびりと過ごす事ができます。

目の前に広がる海を眺めながら、クッカーを取り出して。無洗米と水を入れて火加減を調節しながらご飯を炊くのも、時間的に余裕があるから出来ること。

クッカーで炊飯_20160528
炊飯したご飯_20160528

到着時の昼食はいつも、手軽にむすびや弁当で済ます事が多いですからね。焼肉はもとより、ご飯まで炊く事ができたのは、それだけ時間や気持ちに余裕があったという事でしょう。

焼肉と言っても、シングルバーナーと小さな鉄板による、これまたミニマムな焼肉なのですけどね。その分、手間いらずで楽しむ事ができます。

グリルプレートで焼肉_20160528

小さくても、板厚が4.5mmある黒皮鉄板なので、火の通り方はバッチリ。1~2人であれば、ある意味これで十分かもしれません。何より、後片付けが楽なのが良いです。

以前の記事でも書いた事がありますが、省パッキングできるのもメリットです。

※関連記事
ST-310と同梱キャリング!4.5mm鉄板で焼肉

グリルプレートで焼肉_2_20160528
フリードスパイクとキャンプサイト_20160528

この日はもう、車を動かす予定が無かったので、ビールでも飲みながらチビチビと。今回のように海沿いなど、景色が良い場所でサッと取り出して焼き物なんて最高です。

ツーバーナー等で楽しむ本格的なオートキャンプを良いけれど、シングルバーナー1つで楽しむ必要最小限のキャンプもまた楽し。最小限で最大限の「楽」を味わうのが醍醐味だったりします。

道具がシンプルでも、ポイントさえ押さえていれば意外と快適。

そんな私達を、少し離れた所から「ニャーすけ」が眺めていました(笑)

お客さんの猫_20160528
絵浜キャンプ場_20160528

キャンプっていいなあ。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/28 -ミニマムCAMPはフリードスパイクで-

1本50cmが200cmに伸びるコンパクトポール!2016/07/25 06:15

フリードスパイクと海辺のキャンプサイト_20160528

午前中には予定していたキャンプ場、「絵浜キャンプ場」に到着しました。約4年ぶりで、前回は釣りキャンプとして訪問。今回はのんびりと過ごしたかったので、釣り道具は持たずに訪問です。

こちらのキャンプ場は、ボート釣りの拠点となっているので、サイトも釣り客の駐車場と共用。釣り客が多い時は、大型テント等は張れない可能性が高いです(^^;

この日もご覧の通り、小型のタープ一張でギリギリ。前もって電話連絡はしていましたが、「予約は要りません」との事で、こんな感じになりました。

キャンプの場合、一泊1,800円と安く、車も横付けできますので、そのあたりを割り切って利用すれば、満足度は高いと思います。冷水シャワーなら無料、温水シャワーなら1回200円で利用できます。

で、今回のミニマムCAMPではNEWアイテムを持参していまして。前回の記事写真でお気づきかもしれませんが、ソフトボックスにスッポリと収まっているコンパクトポール。

Ripen(ライペン アライテント) コンパクトポール200cm_1_20160528

長さ50cmの1本モノがナント! 長さ200cmのポールになる、アライテントの「コンパクトタープトポール 200cm」です。

手にとっている写真は収納状態のもので、これでおよそ50cm。ポール自体が収納ケースになっていて、中に4本のポールが入っています。(計5本)

Ripen(ライペン アライテント) コンパクトポール200cm_3_20160528
Ripen(ライペン アライテント) コンパクトポール200cm_4_20160528

これら5本のポールに黒/白の矢印と数字が印刷されており、同じ数字の白矢印同士を向かい合わせるように組み合わせる事で、1本の長いポールが完成するようになっています。

全てを組み合わせると、長さ200cmのタープポールに大変身!

Ripen(ライペン アライテント) コンパクトポール200cm_2_20160528

素晴らしすぎます!

バラして収納する時は逆に、同じ数字の黒矢印同士を向かい合わせるように入れていきます。これで収納時は、50cmという短めのたった1本のポールに。長尺物が無くなりますので、ミニマムCAMPでのパッキングが非常に楽になります。

これを考えた方は凄いですね。また、それを高精度に仕上げているアライテントは素晴らしいと思います。ジュラルミン製で軽量なのですが、見た目以上にしっかりとしていて強度もあります。

コンパクトポール200cmとヒルバーグタープ_20160528

大型タープに使うとか、余程の強風でもない限り大丈夫ではないでしょうか。今回はコンパクトな「ヒルバーグタープ 10 XP」のメインポールとして使いましたが、まさにジャストフィットといった感じでした。

組み立てと収納に若干の慣れが必要ながらも、超コンパクトに収まるタープポール。ミニマムCAMPはもとより、ツーリングCAMPでも心強いお供になる事間違いなしです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/28 -ミニマムCAMPはフリードスパイクで-

ミニマムCAMPはフリードスパイクで 出発編2016/07/24 06:15

フリードスパイクのパッキング_20160528

今から約二ヶ月前、5月末の話になりますけど。フリードスパイクに最小限の荷物を積み込み、海沿いのキャンプ場に車中泊キャンプにでかけました。

例によって、積み込みは前日までで済ませておいて。まあ、積み込みと言っても、ご覧の通りのスカスカ具合なのですけどね(笑)本当にこれでオートキャンプに行くの?っていうシンプルさです。

キャンプ道具で言えば、350mm×260mmのソフトボックス2個分程度。この中にタープを始め、タープポールまで入っています。もちろん、バーナーや食器、ランタンなども。結構コンパクトですよね。

道具満載でキャンプに行くのも気合が入って(笑)楽しいですが、このように必要最小限の道具でキャンプに行くのもまた、楽しいものです。

因みに、私がソフトボックスを愛用しているのにはワケがありまして。

それは、「スペースを無駄にしない!」

これに尽きるでしょう。

持参した道具一式_20160528

プラスチック製に代表されるハードボックスだと、強度を確保する為に壁が厚くなっているものが多く。その壁の厚さがそのまま、無駄なスペースになってしまいます。

壁の厚さ分、もっと荷物を積めますよね。

あと、ボックス自体が逆テーパーの形状になっていて、下側が小さく、上側が大きくなっている物も多く見かけますが、これも非常に勿体無い。

ボックス同士を並べて積載した場合、お互いのテーパー同士で出来た隙間もまた、無駄なスペースになるのです。

その点、壁が薄く垂直に立っているソフトボックスであれば、ボックス同士も密着して無駄なスペースは皆無。

ま、大きなワンボックスカーだと、そんなの気にならないのでしょうけどね。スペースが限られた軽キャンに乗っている私にとっては、無視できない貴重なスペースとなります。

それは、軽キャンより広いフリードスパイクでも同じこと。無駄なく荷物を積載するという事は、オートキャンプの基本と思っています。

さて、この日も早い時間に自宅を出発。午前7時にはいつものファミレス、「Joyfull」に到着しました。

ここではいつものように、「幕の内朝食(530円)」と「納豆(44円)」をオーダー。カミさんは「モーニングエッグプレート(422)円」と同じく「納豆」です。

Joyfullで幕の内朝食_1_20160528
Joyfullで幕の内朝食_2_20160528

サブブログの方にも書きましたが、このお値段でフリードリンク付きって、超お得ですよね。

好きなドリンクを飲みながら朝食をとって、食後はドリップしたコーヒーを飲みながら持参した新聞を読む。う~ん、なんて素敵なひとときなのでしょう。

これからキャンプに行く!と思えば、尚更良い気分になってきます。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/28 -ミニマムCAMPはフリードスパイクで 出発編-

あの有料番組も!無料で視聴できるネットTV2016/07/23 07:15

AbemaTV_1_20160716

先日、新聞の折り込みをチェックしていると、面白いものが目に留まりました。

「スマホで見る、24時間無料のテレビ」

ソソられると思いません?

早速紙面をめくってみると、番組表がぎっしりと。音楽番組に関して言えば、私の好きなアーティストのPV特集等もありました。

新聞の折り込み_20160721

有料のスカパー等に比べると、まだまだ25チャンネル程度と格段に少ないですが、スカパーで見られるあの、「MTV」チャンネルがあったり、「SPACE SHOWER TV」があったりと、なかなか充実。

スカパーだと加入料を支払って月額基本料、そしてセット料金もしくはチャンネル毎の料金を支払わないと見られないですからね。(加入しています)それを無料で見られるのですから、素晴らしすぎます!

AbemaTV_2_20160716

視聴するのに、アンテナ等の設置は必要ありません。ネット配信なので、インターネット接続回線があればOK。回線速度と視聴設定にもよりますが、LTE以上であれば、地デジ並の高画質で視聴する事ができます。

私の場合、自宅の光回線+Wi-Fi接続で視聴。視聴端末は、最近購入したばかりの10インチのAndroidタブレットです。

AbemaTV_4_20160716

Android用、iOS用のアプリが用意されていて、インストールは無料。Windows端末であれば、ブラウザのみで視聴可能となっています。

Android用を例にとると、番組表が結構見やすくて。タッチ&スライドでめくれるので、TVリモコンより操作性が良く、気になる番組を見つけやすいです。

AbemaTV_3_20160716

こりゃあ、今後スカパーとか有料放送はヤバイんじゃないの? と思える充実ぶり。とても無料のサービスとは思えないクオリティです。

音楽以外にもアニメやドラマ、バラエティ、ニュース番組とあって。(アニメ系が一番多い)

特にニュース番組は、オリジナル構成(テレビ朝日が製作)で情報が新鮮。24時間常時、最新の情報をチェックが出来るのが魅力です。

まさに、電波放送とネット配信のイイトコどり。Wi-Fi接続環境があれば、家じゅうどこででも個人のスマホやタブレットで、アンテナ線を接続する事なく、ワイヤレスでテレビを楽しめます。

AbemaTV_5_20160716

その、24時間無料視聴可能なテレビサービスの名は?

AbemaTV」。

Windows端末なら上記に直接アクセス、Android端末であれば、「Google Play ストア」から無料アプリをインストールする事で、視聴が可能になっています。(iOSは「AppStore」から)

個人情報を入力したり等、登録が不要なのも嬉しいですね。面倒な手続きをすることなく、誰にでもすぐに見られるというのは魅力でしょう。

AbemaTV_6_20160716

なお、猫好きや犬好きの方には「ペット」チャンネルがオススメ。24時間ずーっと、ニャンコやワンちゃんの可愛い姿ばかりが放送されています(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator