にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

カインズのトライポッド(4,980円)をお試し2017/08/21 07:15

キャンプ場でセッティング_20170603

5月の週末。新しく出来たショッピングモール、「LECT(レクト)」を物色中に「カインズ」で魅力的なキャンプアイテムを発見!

ダッチオーブン等を吊るして焚き火料理が楽しめる、「ファイアボウル付きトライポッド」です。

「トライポッド」と言えば、ロゴスやコールマン等の有名メーカーからも発売されていますよね。だから、「何を今更?」と思われるかもしれませんけど。

カインズ_ファイアボウル付きトライポッド_20170528

お値段を見て驚き! ナント! 税込4,980円だったのです!

しかも! 本体は錆びにくいステンレス製!

以前からこの手の製品は気にはなっていたのですが、値段の割には使い道が限定されるので購入を躊躇しておりました。

でも、このお値段ならアリではないか?という事で衝動買い(笑) その使い勝手を試したのが、今回行ったキャンプになります。

サイドオーニングの下_20170603

場所は、よく利用している近場の「岩倉ファームパークキャンプ場」。

この日も「レクト」まで行って買い出しを楽しみ、それからキャンプ場にチェックインです。

昼食は簡単に、「レクト」の「スモーク バイ カフェブリッコ」というショップで買った「燻製サンド」。

スモークベーコンサンド_20170603

これ、そんなに高くなかったのですが、メチャメチャ美味しかったです!

燻製されたベーコンと玉子に、野菜たっぷり。

昼食でサンドイッチ系は今まで敬遠してきたけど、この食べ応えと美味しさなら今後もアリですね。ビールと一緒に食べると、一層美味しかったです。

で、話をカインズの「トライポッド」の方に戻しますと。

カインズのトライポッド_2_20170603

安いからかな。脚は一体型で開くように出来ているのですが、それを固定するのは付属のアングルとネジ&ナットになっていました。

これ、無くさないようにしないといけないのは勿論のこと、組み立てが少し面倒ですね。このあたり、前述したメーカー品の方が良くできています。

とは言え、4,980円とうお値段も捨てがたい。機能的に遜色無いのであれば、コストパフォーマンス抜群という事になってきます。

カインズのトライポッド_3_20170603

調理用に、吊り下げ式の網テーブルが付いているのも良いですね。

これならダッチオーブンを吊るすだけではなく、テーブル上でBBQ等も楽しめると思います。(ただし、網目の間隔は大きい)

牛ももブロック_20170603

今回はこの網テーブルの上に、牛もも肉のブロックを置いてローストビーフを作りましょう、というプラン。牛もも肉は、「レクト」の食料品売場で198円/グラムでありました。(アメリカ産)

因みに、カインズの「トライポッド」には「ファイアボウル」という簡易的な焚き火台が付いているのですが、大きくて邪魔になるし、使い勝手が悪そうなので焚き火台は別の物を用意しました。

焚き火台で薪をくべる_20170603

既にキャンプで愛用中の、「ヘキサステンレスファイアグリル M-6500」(キャプテンスタッグ製)です。

これも低価格ながら、実用性では抜群のアイテム。

昔は高額な焚き火台にも憧れたけど、今となってはこれで十分ですね。

焚き火台で薪をくべる_2_20170603

当時の購入価格は確か、キャンカーショーで2,980円だったと思います。

今回のキャンプでは、このコスパ抜群の焚き火台に、4,980円という破格なお値段の「トライポッド」を組み合わせての焚き火料理。

はたして、どんな「ローストビーフ」が出来たのでしょうか?

つづく(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/06/03 -トライポッドお試しキャンプへGO!-

ハリセンボンで両親達とBBQ 2017 帰路編2017/08/20 09:30

牧場のパン屋さん カウベル_20170521

美味しい出雲そばを頂いた後は、そのまま帰路に向けて北上。次なる立ち寄り先に決めていたのは、「牧場のパン屋さん カウベル」です。

出雲方面を訪れると、毎回立ち寄っているパン屋さん。米粉を使ったパンはどれも美味しく、種類も豊富なので気に入っています。

この日もトレーとトングを手に、美味しそうな惣菜系のパンを購入。見ていると全部欲しくなってしまうのが、玉にキズです(笑)

で、こちらのお店はパンだけではなく、ソフトクリームも美味しいんですよね。

牧場のパン屋さん カウベルのソフトクリーム_20170521

確か1つ300円くらいだったと思いますが、ミルクの風味が濃厚で超クリーミー。それでいて甘すぎず、甘党では無い私でもペロッと頂けます。

これは是非、ソフトクリーム好きでは無い人にも食べて頂きたい一品ですね。一度食べるとおそらくハマってしまうと思います。

このソフトクリームは店内のテーブルスペースでは勿論のこと、店舗横のカフェスペースでも頂く事が可能。購入したパンと一緒に食べられている方も多いです。

牧場のパン屋さん カウベルの庭_20170521

店舗の前には綺麗に手入れをされたお庭も広がっていて、それだけでもちょっとしたリゾート気分。

出雲の山沿いにひっそりと佇むパン屋さんでパンを買い、ソフトクリームを買って。そこでのんびりと頂くのもまた格別です。

パンのお値段もそんなに高くないので、万人にオススメ。出雲方面を訪れた際には立ち寄られては如何でしょうか?

観光客というよりはむしろ、地元の常連さんで賑わっているお店です。

という事で、ここからは国道54号線へと車を進めて広島方面へ。

リカーハウスおおもりにKONG_20170521

途中、「Aコープ エルシィー店」と、それに併設の酒屋さん、「リカーハウスおおもり」に立ち寄りました。

こちらの酒屋さん、焼酎が豊富でプレ値を付けていないので、超お気に入り。広島ではあまり見かけない、珍しい焼酎も並んでいたりします。

ちなみに、店主さんは昔からのカープファンだそうで。カープファンのためのオリジナル限定ボトル、「恋銀滴」も店頭に並んでいましたよ(^^


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2017 帰路編-

出雲で割子そばに舌鼓!献上そば羽根屋にて2017/08/19 07:15

割子そば3段_2_20170521

久々に訪れた出雲観光。ここまで来たら食べたくなるのが、「出雲そば」です。

「出雲大社」から次の目的地へと向かうルート上、「出雲文化伝承館」という所にお気に入りのそば処、「献上そば羽根屋」の「伝承館店」があるようなので、行ってみる事にしました。

本店の方には何度か行った事があるけれど、伝承館店の方は初めて。ですが、本店と同じく人気店であろうと、早めの到着を目指しての移動です。

そして到着したのが、午前11:30。この時点では席に余裕がありましたが、その直後に満席になりましたからね。やはり早く移動して良かったです。

献上そば羽根屋承館店_20170521

で、この日注文したのは、全員一致で「割子そば3段(750円)」。出雲そばと言えばやはり、割子そばでしょうという事で。

ちなみに、「割子」は「わりこ」ではなく、「わりご」と読みます。間違えても伝わりますけど、正確な発音の方がスマートですよね。

さてさて、ウンチクはこれくらいにしておいて。

一度は味わっておきたいのが、こちらの蕎麦。

割子そば3段_750円_20170521

そば殻まで挽いた手打ちの蕎麦は黒っぽくて適度なコシがあり、風味が高くて本当に美味しいのです。

数年前でしたか、割子ではないけれど、「献上そば羽根屋」の本店の方で「ざる蕎麦」を頂いた時には衝撃が走ったのを覚えています。

あまりにも美味しかったので、直後に追加で「割子そば」を注文したほど(笑)

※関連記事(2010年の記事)
献上そば 羽根屋

過去記事を今読んでも、その時の衝撃が伝わってきそうです(笑)

割子そば_20170521

先ず最初はツユも薬味もかけずに、そのまま食べて蕎麦本来の味と風味を楽しんで。そこから徐々に、ツユや薬味をかけながら頂いていきます。

この食べ方こそ、出雲そばの食べ方。(奥出雲そばも基本、同じです)

他地方のように、ツユにつけて食べる方が好きと言われる方もいらっしゃいますけど、私はケースバイケース。食べ方がどうこうというより、トータルで美味しければ良いのです。

薬味を乗せて_20170521

薬味の量を自分で調整しつつ、味が薄かったらツユを追加してみたり。

食べ進めてゆき、次の段の「そば」に上の段の残ったツユをかけるのも、「割子そば」ならではの食べ方でしょうか。

食べ終えたら今度は、そのツユを少しだけ「そば湯」に入れ、余韻を楽しみます。

本店同様、こちらの伝承館店の「そば」も美味。連れてきた両親達も満足そうでした。

出雲伝承館_20170521

食後には、「出雲文化伝承館」を散策して。

買ったエサを鯉たちにあげると、皆嬉しそうに寄ってたのが可愛かったです(笑)

出雲伝承館の鯉_20170521

因みに、これは以前、当ブログの読者の方に教えて頂いた事がある情報なのですが、ここ「出雲文化伝承館」では湧き水を汲む事ができるようになっています。

広い駐車場もありますからね。キャンピングカーにもオススメです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2017-

人気の出雲大社。GW直後の週末が狙い目です2017/08/18 07:15

神門通り交通広場にKONG_20170521

宿を早めにチェックアウトしたのは、朝イチから訪れたい場所があったからでした。

その朝イチから訪れたかった場所とは?

「出雲大社」です。

十数年以上前の頃だと、それほど急いで行かなくてもなんとかなっていましたけどね。近年は観光地としても人気急上昇で、遅く行くと駐車場にも駐められないと聞きます。

なので、早めに出発して到着を急いだ次第。

9:26に到着_20170521

それでも「多いだろうな~」と着くまでは不安で一杯だったのですけど、なんと!

出雲大社をお参りするのに一番都合の良い、「神門通り交通広場」という人気の駐車場に車を駐める事ができました。

到着時の時刻は、午前9時30分前。ゴールデンウィーク直後の休日という事もあるからか、この時間帯でもまだまだ駐車場には余裕がありました。

人気の観光地はやはり、GW直後の休日が狙い目ですね。私の経験上、通常の土日よりも人が少なめのような気がします。

出雲大社_20170521

まあ、GW直後というのはどうしても、お出掛けを控える傾向にありますからね。その時期を狙うというのは、理にかなっているのでしょう。

人が少なければそれだけ、のんびりと観光を楽しむ事が可能。「それでも多いだろうな」と思っていただけに、少し拍子抜けするくらいでした。

とは言え、やはり近年では人気の場所。お参りする時にはそれなりの、順番待ちに並びました。(多い時よりは全然少ないけれど)

神門通り_20170521

さて、参拝を終えたら改めて「神門通り」へ。

ここからは、観光地としての「出雲大社門前町」の町歩きを楽しみます。

数年前にはこんなにお店は無かったと思いますが、久しぶりに訪れてみるとオシャレなお店が沢山!

なるほど、人気があるのも納得です。

ご縁横丁_20170521

ご縁横丁」という通りも新しくできていて、魅力的なお店に目を奪われる私。

見るからに美味しそうな「大社とり皮せんべい」が300縁(300円)でありましたので、買ってみる事にしました。

鳥皮唐揚げ_20170521

これで300円って、観光地にしては安いですよね。「300縁」という表記も、出雲ご縁横丁っぽくて良いです。

思ったよりも砂糖が効いていて甘かったけど、町歩きにはもってこいのご当地おやつ。地下1階には座って食べられる飲食スペースもありましたので、小腹を満たすには十分でした。

という事で、久々の「出雲大社」では混雑する事なく、私達も両親達も大喜び。

人気の観光地は出雲大社に限らず、大型連休直後の週末が狙い目ですね。直近では、お盆休みの次の週なんかが狙い目ではないでしょうか。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2017-

漁り火の宿 海宴坊のご紹介とスーパーの話2017/08/17 07:15

室内で朝食_20170521

今回宿泊したコンドミニアムタイプのペンション、「漁り火の宿 海宴坊」を少しばかりご紹介。

客室は全て離れになっており、私達の泊まった「ハリセンボン」という部屋は定員が7名。少し前に書きました通り、「海宴坊」の中で一番広くて装備が充実しています。

客室のある場所は、道路を挟んで海沿いのところ。

朝の海岸_20170521

部屋からデッキに出れば、日本海の海を眺める事ができるようになっています。

そしてそのデッキは、ご覧の通りの広さ。

ハリセンボンのデッキ_20170521

大人7名までなら、余裕でBBQ等ができます。

少し老朽化しているものの、木製の椅子やテーブルが備え付けられているのも良いですね。5名までであれば、別途椅子などを持参しなくても十分に寛げます。

そして室内に目を向けてみますと、下の写真が二階のロフト部分。

ハリセンボンのロフト_20170521

カミさんの家族は一階に、私の家族はこの二階に寝ました。

ロフトなので天井は低いけど、寝るだけなら必要にして十分。3名くらいまでなら楽勝ですね。

ここから一階に居るカミさん達を見るのも面白かったり(笑)

漁り火の宿 海宴坊_20170521

普通の宿とは少し違った、合宿のような雰囲気を楽しむ事ができるのも、ここ「漁り火の宿 海宴坊」の魅力かもしれませんね。

さて、この日は出発を優先させて、朝食は室内で軽く弁当等を頂く事に。

とり唐揚げ弁当_298円_20170521

奥出雲の「横田蔵市」といスーパーで買っていた、「とり唐揚げ弁当(298円)」です。

安いですよね。

こちらのスーパーは激安弁当や激安惣菜のオンパレードで、揚げ物のレパートリーも豊富。

タイ唐揚げ_132円_20170521

「タイ唐揚げ」なんかは、132円でありました(笑)

おそらく、前日の売れ残った生鮮品を揚げ物にリメイクして売っているのだと思われますが、このお値段であれば文句はありません。

味の方も結構美味しくて、私なんかはこの惣菜類や弁当目当てに立ち寄っているほど。山間部にあるスーパーと言っても、侮れませんね。

朝食の唐揚げ弁当_20170521

山陰の鮮魚なども豊富で、このスーパーに行くだけでもかなり楽しめる感じだと思います。

という事で、後半は泊まった宿ではなくて、しかも他県のスーパーの紹介になってしまいましたけど(笑)

簡単に朝食を済ませた私達は、午前8時までには宿をチェックアウトしました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2017-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator