旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

快適化は試行錯誤2010/09/17 19:10

エーモンの3連LED
以前、USBハブを設置して、
パソコン用のLEDライトを挿入してサイドテーブル上を照らしていました。

でも、LEDライト自体の重さも結構あり、
挿入したままの状態で走行すると、
USBソケット付近がユルユルになってしまいました。

これはマズイ・・・

そのうち、接触不良になってしまうのは目に見えています。
という事で、とっととUSBハブを取り外し、LEDライトも撤去しました。

良かれと思って施したDIYも、実は期待にそえない場合も少なくありません。
取り付けては取り外し・・・
ある意味、これがDIYの面白さなのかもしれません。

さて、USBハブとLEDライトを撤去したまでは良かったのですが、
元々はこちらに灯りが欲しいと思って設置していたライト。
撤去したままでは、快適性が失われてしまいます。

そこで新たに取り付けたのが、エーモンの「3連フラットLED No.1828」。
別売りの「LEDレンズカバー No.1829」を組み合わせることによって、
「これは純正か?」と思える程のマッチング感を得る事ができます。

高輝度LEDにより、明るさも抜群。
白色、青色、暖色とありましたが、雰囲気を重視して暖色を選択しました。

3連LEDは基板から細い線が2本出ているだけですので、
その先の配線はユーザー側での加工となります。
私は、壊れたカー用品に付いていたシガープラグを流用する為、
本体の根元から線ごとカットして、こちらの線にハンダ付けしました。

シガープラグの接続先は、手元のスイッチでON/OFFできる増設ソケットに。

これは素晴らしい!(←自画自賛)
サイドテーブルに灯りが欲しい時には、
いつでも手元のスイッチで照光する事ができます。
おまけに、スペースも犠牲にせずに見た目もバッチリ。

FFヒーターのダイヤルや、リモートスイッチ類の視認性も良好。
今のところ、取り外さずに使い続ける事ができそうです。

ちなみに、今まで施してきた光物系のDIYはこちら。
これまでの光物系DIY
今回設置したLEDライトの明るさと雰囲気は、群を抜いています。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

コメント

トラックバック

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator