旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

キャンプのベストシーズン2011/07/07 21:24

湯来ロッジの足湯
意外にも空模様は持ち堪え、この日雨が降る事はありませんでした。
なんてラッキーな。

さすがは晴れ男です。(誰が?)

まあ、それはよしとして、
キャンプ場が貸し切り(もしくはそれに近い状態)になるのは、
大きくわけて以下のパターンに分類されると思います。

(1) 寒い時期(12月~2月)
(2) 天気予報が雨予想の時
(3) 連休明け

逆に、大混雑するのは以下のパターンです。

(ア) 夏場
(イ) 連休中

上記から、「夏こそキャンプ本番!」というのが読み取れますね。

でも、実は(1)の寒い時期こそキャンプのベストシーズン。
防寒さえしっかりしていれば、これ程快適なシーズンはありません。
なにせ、夏場のように汗をかいてベタベタする事もありませんから。
おまけに、芋の子を洗う状態にもなりません。

しかし、それなりの知識と装備が必要なのも(1)の時期。
これが、冬キャンプの敷居を高くしている要因かもしれません。

これは雨キャンプにもいえます。
晴れキャンプに比べ、装備もそれなりに気を使う必要があります。
テントやタープが濡れたら後で乾かさないといけませんしね。

でも、これらのハードルを乗り越える事さえできれば、
そこにはのんびりとできる貸し切り空間が確保されます。

そして、このハードルをグンと下げてくれる存在がキャンピングカーです。
KONGのような軽キャンピングカーでも、
普通のミニバンでは得られないアドバンテージを与えてくれます。

実際、最近購入したフリードスパイクで、(1)の寒い時期や、
(2)の雨予想の時期にキャンプに行くのは億劫に思います。
が、KONGなら「何とかなるだろう」と出かけることができます。

この安心感の差は大きいです。

必ずしも、「キャンピングカー」=「キャンプ」ではありませんが、
キャンピングカーはキャンプを身近にしてくれる
存在である事は間違いありません。

その裏付けと言ってはなんですが、
KONGを購入してからキャンプの回数が激増しました。
今回のように雨予想の時でも躊躇せずに出掛けられます。

でも、そうは言っても(ア)の夏キャンプは魅力的(笑)
人気があるのも納得です。
そういう私も、実はある場所を既に予約していまして・・・
釣り&海水浴三昧と行きたいと思っております。
その時の記事はまたその時に。

なんだか一貫性のない記事になりましたが、
これにて「梅雨の貸切キャンプ 帰路編」とさせて頂きます。

※写真は、帰路の途中に立ち寄った「湯来ロッジ」の足湯とKONG。

[2011/06/05] -梅雨の貸切キャンプ 帰路編-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

コメント

トラックバック

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator