旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

AC電源込み!温泉有りで1,500円の車中泊地2013/02/18 22:16

「あすかの湯」で車中泊のセッティングをしたKONG

「原尻の滝」を観光した後は、再び北上して「長湯温泉」方面へ。
なんだか行ったり来たりしているみたいですが、全て予定通りです。
その時の時刻はおよそ午後4時50分。
そろそろ車中泊地について考える時間帯ですね。

今宵は何処で車中泊をしようかな~。
な~んて白々しい(笑)
実は、既に車中泊地に到着していたのです。

その車中泊地とは、日帰り温泉施設の「お湯の駅 あすかの湯」。

道の駅や産直市には、よくパンフレットが置いてありますよね。
今回の情報はそこから得ました。
確か2~3年前だったかな?
当時は日程的に厳しく、下見だけして通り過ぎた事を覚えています。

それから情報を寝かす事2~3年。
ついに、その情報のお世話になる時がやってきました!

現地に到着したら先ず、車中泊の手続きをします。
車中泊料金は、一泊1,500円。
受付前の自動販売機でチケットを購入します。
「あすかの湯」の受付前

一泊1,500円って、高いと思われますか?
でも、これにAC電源の使用料が含まれているとすれば?
安いですよね~。
実は、AC電源の使用料込みで一泊1,500円なんです!
「あすかの湯」で電源供給を受けるKONG

ちなみに、パンフレット的には「オートキャンプ場」となっていますが、
そのオートキャンプ場はバンガロー前の砂利の広場。
(バンガローは12~2月末まで冬季休業中)
「あすかの湯」オートキャンプ場

テント泊ではなく、車内泊が基本となっております。(自販機の名目上も)
つまり、キャンプ場と言ってもテントキャンパー向けではなく、
車中泊キャンパー向けなのです。

これは、キャンピングカーユーザーにとっては、
またとない車中泊地なのではないでしょうか?
敷地内には源泉かけ流しの日帰り温泉施設(あすかの湯)も完備。
この温泉がまたいいお湯なんです。(その記事はまた別途)

オートキャンプ場の裏手側には、「長湯温泉 ながの湯」の源泉が、
隣接する川に湯けむりをたてながらコンコンと流れ出す風景も。
「長湯温泉 ながの湯」のお湯

今宵はここで車中泊です。

※本記事の車中泊情報は、公式HPにも各種書籍にも記載されていません。
※パンフレットにのみ、オートキャンプ可の旨が記載されています。
※上記の内容は事前に、パンフレットを元に確認をとりました。

2012/12/23 -クリスマス紀行は露天風呂付きロッジ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

コメント

トラックバック

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator