旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

長湯温泉名物?スポネ温麺を頂く2014/02/27 22:52

正直屋のチャンポン550円_20131222

雪道を走破して辿り着いた「長湯温泉」。
ここまで来ると、雪は全くありませんでした。
ほんと、ちょっとの違いなんですけどね。
標高が少し下がるだけで、雪の量もかなり変わってきます。

さてさて、ここに来た目的は勿論、
長湯温泉の特徴である、天然の炭酸泉に入ること。
以前も訪れた事があるのですけど、
その時は知識不足もあり、イマイチ楽しみきれていませんでした。

でも、今回は違います!
手元には100円温泉特集の「じゃらん」があります!
じゃらん12月号_20131222

って、あまり勉強にはなりませんけど(笑)

しいて言えば、100円で入浴できるので、
普段より温泉のハシゴがし易いってとこかな。
3湯入浴してもわずか300円ですからね。
せっかくの太っ腹企画。思う存分活用させて頂く事にしました。

っとその前に。
腹が減っては戦ができぬという事で、
長湯温泉街で昼食をとれそうなお店を探索。
川沿いに佇む「正直屋」というお店を見つけました。
正直屋_20131222

外から見た感じ、料金等は全く分からなかったのですけどね。
直感的に「これはイケる!」と判断した私は、
店舗横の駐車場に車を駐め、お店の暖簾をくぐりました。

「いらっしゃい!」

そんな言葉を期待してしまいますけど、
こちらのお店は入り口からメインの座敷までかなり奥行きがあって、
ちょっとタイムラグがある感じでした。

でも、愛想が悪いといった事は全く無くて、
むしろ接客は気持ち良くてモテナされている感じ。
居心地も良かったですね。

ここで私は「チャンポン(550円)」を、
カミさんは「スポネ温麺(900円)」を頂きました。
正直屋のスポネ温麺900円_20131222

「スポネ」とは、「すっぽん」の事を意味しており、
それがふんだんに入った温麺は、コラーゲンたっぷりでプリップリ!
いやいや、これは美味しいですね。
思わず、カミさんとの間で争奪戦が繰り広げられたくらいですから。

ちなみに、中に入っている「すっぽん」は全て、
こちらの生簀で育てられた新鮮なもの。
窓から外を覗くと、育てられている光景を見る事ができます。


2013/12/22 -前のり車中泊で行く温泉三昧冬紀行-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

コメント

トラックバック

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator