旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

6年以上使ったバッテリーを交換2014/12/04 23:10

KONGの床下を開口_20141204

一気に寒くなりましたね。
それはバッテリーにも悪影響を及ぼすワケで。
低温になるほど、性能をフルに発揮する事が出来ません。

特に、古くなったバッテリー。
冬場になると、エンジンが掛かりにくいといった事を
経験された方も少なくないと思います。

それは私も例外ではなく。

最近、KONGのエンジンのかかりが悪いんですよね。
最初シュンとなって、その直後にブルルンみたいな。

多分、サブバッテリーで始動していたんでしょうね(笑)

電気的に難しい話になるので詳細は割愛しますが、
これぞキャンカーならではの七不思議。

6年以上経過したバッテリーが使えていたなんてね。

KONGを新車で購入してから早6年。
今回が初めてのメインバッテリー交換になります。

ちなみに、サブバッテリーは一度新品に交換しています。
以前はインバーターやら何やら、使い方が荒かったので。
今はDC12V重視の優しい使い方で、約4年になろうとしています。

で、メインバッテリーの交換。
KONGのベース車両となるエブリイ(DA64V)のバッテリーは、
セカンドシートのすぐ後ろに配置されています。
交換したバッテリー_20141204

ここを開けるには、床下収納のキャンプグッズを退避させて。
全て車内で作業を行えるので、寒さの問題はありませんでした。

寒ければ、電気ヒーターをつければ良いだけで。
(閑静な住宅地なので、動作音のするFFヒーターは自粛)
自宅ガレージなので、電気の心配もありません。
車内の照明も既設のLED照明でバッチリ!
作業中も寒くない_20141204
照明もバッチリ_20141204

バッテリー交換に関しては、誰にでも出来る簡単作業。
本日、仕事から帰って暗くなってから行ったのですけど、
アッという間に終了しました。

最後は、キャンプグッズを床下収納に戻し、
ベッドマットを元に戻せば作業完了です。
交換後は床下収納にグッズを戻す_20141204
ベッドスペースも元通りに_20141204

因みに、この床下収納のキャンプグッズは、
ベッドマットをはぐらなくても
リアゲートから取り出せるようになっています。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator