当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

イザ大阪へ!先ずはSA・PAで朝食とシャワー2016/05/01 07:35

南港臨時駐車場とKONG_20160326

前のり車中泊をした「三木サービスエリア」では、午前6時に起床。
ここには24時間営業のフードコートもあるので、
手早く寝袋等を片付けた後、朝食目当てで店内に入ってみました。

そこで気になった、「三木チャンポン」。
おお! これを頂こう! と食べる気満々だったのですけど。
生憎、売り切れのようでした(^^;

そこで、他のメニューを見てみるも、割高で魅力を感じず。
結局、併設のコンビニで弁当を買っての朝食となりました(笑)
(SAのイートインコーナーにて)
さばほぐしご飯弁当_20160326
サンドイッチ_20160326

なるべくなら、旅先ではご当地ものの方が良いのですけどね。
朝食となると、そうは行かない事も多々有ります。
そんな時コンビニは、非常に有難い存在。

この日は弁当だけでは寂しく感じたので、
同じくコンビニでカップ麺を購入。お湯を注いで頂きました。
和歌山中華そば_20160326
和歌山中華そば_2_20160326

サービスエリア併設のコンビニと言えど、
一般的なコンビニと同様に、熱湯が入った電気ポットを完備。
カップ麺を食べたりする時には助かります。

ただ、残ったスープを捨てる場所は無かったので、
仕方なくスープも全て飲み干す事に。
(KONGに行けばシンクで捨てられるが、面倒だった)

もっとアッサリとした、器の小さいカップ麺にすべきでした(笑)
カップ麺を購入する時は事前に、捨て場の確認も必要ですね。

ということで、朝食をとり終えたらイザ出発!
と思いきや、少し走った先にある「淡河パーキングエリア」にイン。
(おうごパーキングエリアと読みます)
淡河パーキングエリア_20160326

目的は、シャワーを浴びること。
そう、こちらのパーキングエリアには24時間使える、
シャワーステーションがあるのです。(コインシャワー)

つまり、朝風呂ならぬ、朝シャワーを浴びることが可能。
男3室、女1室で、料金は200円/10分。

混雑する時間帯だと順番待ちは必至だと思いますが、
この日は運良く待たずに利用する事ができました。
淡河PAのシャワーステーション_20160326

カミさんも私も、朝からシャワーを浴びて気分スッキリ。
こういった施設がPAやSAにあると、便利ですね。
旅の計画段階から、外せないスポットでした。

唯一惜しまれる点は、手前のサービスエリアで朝食にした事。
ナント! こちらの「淡河パーキングエリア」は、
「モテナスポイントカード」の加盟店でもあったのです。

※関連記事
貯めて無料に!高速道の食事は【モテナス】

メニュー自体もこちらの方が安く、魅力的でしたしね。
今一歩、下調べが足らなかったようです。
今度こちら方面に来る際は、朝食も此処で頂く事にしましょう。

さてと。気を取り直したところで、イザ大阪へ!
イザ!大坂へ!_20160326

「大阪キャンピングカーショー2016」が開催される会場、
「インテックス大阪」には、午前10時前に到着しました。

いよいよ、お目当ての2台を目の当たりで見られる瞬間です。


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/03/26 -車旅で大阪キャンピングカーショー-

ソーラーやレンジも全て標準で300万円台!2016/05/02 07:35

ファシールバカンチェスMOMO_5_20160326

次に購入したいキャンピングカーを実際にこの目で見る。
そんな目的を持って訪れた「大阪キャンピングカーショー2016」。
候補に挙げていた車は2台で、最初に第一候補の車を見に行きました。

うん。やっぱり素晴らしいですね。
昨年の「キャンピングカーフェスタ2015 in HIROSHIMA」で
初めて見て、一目惚れだったキャンピングカー。
約1年経った今見ても、惚れ惚れとする作りこみでした。

この車に決める?

でも、せっかくなのでもう1台の候補も是非見ておきたい。
そんな第二候補の車が、「リンエイプロダクト」さんが作る、
ファシールバカンチェス・MoMo」でした。
ファシールバカンチェスMOMO_1_20160326
ファシールバカンチェスMOMO_2_20160326
ファシールバカンチェスMOMO_3_20160326

ハイエースのナローボディがベースのキャンピングカー。
5ナンバーサイズで扱い易く、標準ルーフなのが特徴です。
この車であれば、2.1m以下の立体駐車場に難なく駐められます。
今まで軽キャンで行けていた所には、ほぼ行く事ができるでしょう。

それでいて、標準装備の充実ぶりが嬉しいポイント。
ナント! 40Lの冷蔵庫、電子レンジ、16インチのDVD付きテレビ、
100Wのソーラーパネル等が全て標準装備で、300万円台なのです。
(1000Wの正弦波インバータも!)

しかも、標準ルーフなのに8ナンバー登録車。
4ナンバー車のように、毎年車検を受ける必要がありません。
私にとって必須の、シンクがあるのも嬉しいですね。
ファシールバカンチェスMOMO_7_20160326
ファシールバカンチェスMOMO_6_20160326
ファシールバカンチェスMOMO_4_20160326

今回のショーで初めて見たのですが、こちらも理想的な1台でした。
電子レンジを使うとなると、シングルサブバテリーでは役不足。
外部電源メインとなるでしょうが、あると便利そうです。

あと、自分にとっては過剰装備と思えるソーラーパネルも、
災害時などを考えると、無いよりはあった方が良いでしょう。

サイドがカウンターになっているレイアウトも、
現在所有している軽キャンKONGと似ていて使い勝手が良さそう。
その分、ベッド幅が狭くなりますが。

う~ん、迷います。

この車にするか?それとも第一候補の車にするか?
台湾ラーメン_20160326
ケバブ_20160326

頭を冷やすために一旦、このあたりで昼食にする事にしました。

台湾ラーメン等を食べながら、「どっちが良かった?」と家族会議。
この時点では二人共、五分五分といったところでした。

その気持ちが大きく動いたのは、再び第一候補のブースに行った時。
二台を見比べる事で、決定的な違いに気づいたのです。


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/03/26 -車旅で大阪キャンピングカーショー-

キャンピングカー契約しました!【Walk2】2016/05/03 07:35

Walk2_Type-C_1_20160326

キャンピングカー購入の大本命、昨年のショーで一目惚れし、
今回のショーでも第一候補となっていた車とは?

ドリーム・エーティー」さんの、「Walk2 Type-C」です。

ハイエースのナローボディ(車幅:1,695mm)、
キャンパー特設車のハイルーフがベースとなるキャンピングカー。

全長も4,695mmと5ナンバーサイズで、
全高以外は3ナンバークラスのミニバンより小さいのがお気に入り。
それでいて、収納はこのクラストップレベル。

シート下は全て収納庫になっており、
コの字トランクタイプは後部トランク部だけでも200Lと大容量!
Walk2_Type-C_2_20160326
Walk2_Type-C_3_20160326

トランク部へのアクセスは、車両後方部の専用扉はもとより、
床を片側ずつ跳ね上げる事でも可能。
ヒンジが付いているので、女性でも楽に跳ね上げる事ができます。
跳ね上げた後も、手で押さえておかなくてOK。

これ、結構重要なポイントでして。
先に見た1台は、この点が決定的に劣っていたのです。
カミさん一人では、床を跳ね上げる事が出来なかっただけでなく、
危うく滑落させそうなくらい、操作し難かったのでした。

女性目線で見れば、「Walk2 Type-C」の圧勝。
片方ずつ跳ね上がるので、1人がもし寝ていたとしても、
その1人を起こさずに荷物が取り出せるのも、ニクイ設計です。
Walk2_Type-C_5_20160326

このあたりは、カタログだけでは分からないスペックですね。
現車を見て、実際に操作して初めて分かる良さ。
キャンピングカーショーは、その良い機会です。

細部の作りこみも、自分の目で見るとその品質がよく分かります。
モールの処理等も、「Walk2 Type-C」の方が圧倒的に綺麗でした。

作りがシンプルなだけに、壊れそうな所が無いのも良いですね。
スライドドアを開けたらすぐ冷蔵庫というのも、
普段使い(買い物)を考えたら最適なレイアウト。
Walk2_Type-C_4_20160326
Walk2_Type-C_8_20160326

乗車しないと使えないシンクは賛否両論あるかもしれませんが、
犬を飼っていない我が家の場合、特に問題にはなりません。

全高が高いので、カミさんなら屈まずにシンク前に立つ事が可能。
あまり車内で調理をする事はありませんが、洗顔等で有利です。

それから、これは特筆すべきポイントなのですが。
全てベッド状態にしていても、そのままテーブルが使えるのです。
そう、私達の大好きな「ちゃぶ台」仕様。
このクラスでは、ありそうでなかなか無い仕様です。
Walk2_Type-C_7_20160326

北海道にあるビルダーさんなので、断熱がしっかりしている点も、
「この車が欲しい!」と強く思ったポイントでした。
天井とサイドには、ビッシリと断熱材が入っているそうです。

※参考記事(外部サイト)
キャンピングカーはこうして作られる!(2)

もちろん、ハイルーフ車なので天井部の収納庫も充実。
最後部の収納庫は特に広々としていたので、
この部分に寝袋などの寝具を入れておくと完璧でしょう。
Walk2_Type-C_7_20160326

その他の収納庫は、シェラカップ等の保管に便利。
これだけ収納庫があれば、収納に困る事はまず無いでしょう。
200Lのトランク部には、キャンプ道具を常備する事も可能です。

ということで、勢い余って契約しちゃいました!(^^

付けた主なオプションは、以下の通り。(寒冷地仕様は標準)

・FFヒーター
・サイドオーニング
・19インチテレビキット(メイン・サブ切り替え付き)
・カーナビ、ETC、バックアイカメラ
・リアスピーカー
・外部入力充電装置
・網戸×3
・スライドドアイージークローザ
・FIAMMAターボキット(ベンチレータの代わり)
Walk2_Type-C_6_20160326

ベンチレータは付けた方が良いとよく聞きますが、
どうしても全高を2.3m以下に抑えたかったので、付けませんでした。
暑くなったら、ホテルに泊まるようにします(笑)

というわけで、現在は手付金(前金)を入金して納車待ち。
今から納車が、とても楽しみです。


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/03/26 -車旅で大阪キャンピングカーショー-

車中泊の旅カテゴリで人気の方のご自宅に2016/05/04 07:35

としさんちで車中泊_20160326

キャンピングカーを契約して、興奮冷め止まぬ私。
他の車はサーッと見る程度に留め、会場を後にしました。

それでもトータルでは、5時間くらいは居たでしょうか。
いざ買うとなるとやはり、これくらいの時間が必要となります。
いつもの、「参考程度に」で見学するのとでは、やはり違いますね。

さて、見学を終えたら、まずは温泉。
「としさん」の家に向かう前に、入浴を済ます事にしました。

事前にピックアップした情報では、周辺に温泉多し!
大阪で温泉っていうイメージは無かったのですけど、
良い意味で期待を裏切ってくれました。

源泉掛け流しで茶褐色のお湯は、温泉地のそれと遜色ないもの。
温泉目的で訪れても、十分楽しめそうな泉質でした。

そして、お風呂から上がったら「としさん」の家へ。
今宵は「としさん」のご自宅にお邪魔して、車中泊パーティーです!

用意されていたスペースに軽キャンKONGを駐めたらベッドメイク。
車中泊の準備が整ったら、宅内へとお邪魔しました。

なんてお洒落なご自宅なのでしょう!
ビンテージグッズがセンスよく飾られており、雰囲気はまるでお店。
我が家のゴチャゴチャした宅内とは、雲泥の差です。

トイレひとつとってみても、まるでBARに行っているかのよう。
そこに座ると、動きたくなくなります(笑)

とにかくお洒落で、居心地の良さも抜群の空間。
そこでナント!奥様お手製の「たこ焼き」まで頂いちゃいました(^^
としさんちでたこ焼き_20160326
ホルモン焼き_20160328

私もカミさんも、としさん家の「たこ焼き」が大のお気に入り。
しかも出来たてなのですから、堪りません。

それと一緒に頂くのは、図々しくもリクエストした「ホルモン焼き」。
これがまた美味い! アルコールがどんどん進みます!

もちろん、食べて飲みながらの会話も最高に楽しくて。
お会いするのは昨年のオフ会以来ですが、それを感じないくらい、
とにかく盛り上がりました。

そして、午後10時前にはお開き。
夕方から飲み続けてましたから、いい感じに酔っぱらってます(笑)
それでそのまま車中泊できるのですから、有り難いですよね。

お部屋に泊まらせて頂くよりはむしろ、
気兼ねなく寝泊まりできる慣れた空間での車中泊の方が良いです。

軽キャンKONGに戻った私達は、寝袋を被って眠りへとつきました。


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/03/26 -車旅で大阪キャンピングカーショー-

お友達宅での車中泊は街なかで静かで便利2016/05/05 08:41

軽キャンで朝食_1_2160327

「としさん」のご自宅での車中泊。
閑静な住宅街という事もあって、安心して寝る事ができました。
場所を提供して下さった「としさん」に、感謝です。

街なかではなかなか、安心して車中泊できる場所が無いですからね。
静かさで言えば、キャンプ場より快適だったと思います。

さて、車中泊をした翌朝は、軽キャンの車内にて朝食。
この後早くに朝風呂に行く予定でしたので、
「お構い無く」という事で、私達だけの朝食とさせて頂きました。

メニューは簡単に、カップヌードルリフィルや惣菜パンなど。
リフィル以外は、前日にコンビニで買っておいたものです。
何てことはない内容だけど、軽キャンで食べると美味。
軽キャンで朝食_3_2160327
軽キャンで朝食_4_2160327

悪く言えば狭い、良く言えば何でも手が届く空間は、
夫婦ふたりで食事をするにはピッタリの広さ。
横長のテーブルを自作した事で、さらに車内が使い易くなりました。

私、思うんですけど、狭い軽キャンで無理に対面式にするより、
横に並んで座る方が広く使えると思うんですよね。
トイレに行く場合も、このレイアウトの方が都合が良いです。

あっ、このネタは以前にも書いた事があるかな?
ま、いっかあ(笑)
軽キャンで朝食_5_2160327
軽キャンで朝食_6_2160327

この後、お腹が落ち着いたところで車中泊態勢を解除して出発。
「としさん」の家から車で数分走ったところにある入浴施設で、
朝風呂を満喫させて頂く事にしました。

朝早くからお風呂に入れるのって、やはり極楽。
こちらの場所は前日、「としさん」の奥さんから教わっていました。

ホント、何から何までお世話になって。
「としさん」ご夫婦のおかげがあったからこそ、
キャンカーショーでゆっくりできたと言っても過言ではありません。
軽キャンで朝食_2_2160327

実はこの後、再び「としさん」のご自宅に戻るわけですけれど。
車を引き続き駐車させて頂き、電車で大阪観光へと繰り出すのでした。

このように、場所的な利便性も特筆すべき点。
ちょっと走れば、何でも望むもの(事)が手に入りそうで、
思わず、「次来る時は」なんて言っちゃいましたから(笑)

二日間、本当にありがとうございました(^^


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/03/27 -車旅で大阪キャンピングカーショー-




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator