当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

美味い!の宝庫大分!ろばた仁で食べ尽くす2017/01/13 07:15

関サバの刺し身_20161122

「おんせん県おおいた」、別府への鉄道旅。

目的の1つは当然のことながら温泉を楽しむことでしたが、それ以上に楽しみにしていたのが、別府の美味しいものをその地で頂くこと。しかも、居酒屋で。

くるま旅ではスーパー等で調達し、車中泊地のキャンプ場で頂く事は今までに何度かあったのですけどね。やはり居酒屋で頂く方が種類が多く、充実しているだろうと考えた訳です。

刺し身なんかは、スーパーで購入するより料理人が捌いたものの方が美味しい筈。
温かいものは出来たてのうちに、そして揚げ物も揚げたての方が美味しいでしょう。

ということで、この日訪問した居酒屋は「ろばた仁」というお店。

ろばた仁_20161122

別府駅へと続くメイン道路沿いにある、ご当地の居酒屋です。

事前に調べた情報によると、別府や大分のご当地メニューが豊富に揃っているとの事。宿泊するホテルからも比較的近い事から、ここに決めていました。

他にも気になるお店は何店舗かあったけど、まずは一店舗ずつという事で。

平日でしたが、次の日が祝日という事で事前に予約。この判断が大正解で、当日は飛び入りで入る事はできない程、お客さんで賑わっていました。

想像していた通り、地元でもかなり人気の高いお店のようです。

私達はここで、飲み物として焼酎の「島美人」をボトルでオーダー。(2,000円)
カミさんと二人とも、ロックのセットでお願いしました。(200円)

さつま島美人_20161122

私達はとにかく飲むので、ボトルでオーダーしておいた方が懸命。その方が安くつきますし、900mlの五合瓶であれば、一晩で無くなります(笑)

それに合わせる料理はもちろん、大分の名物料理。

以前から是非とも頂きたかった、「関さば刺し身(1,600円)」をオーダーしました。

関サバの刺し身_20161122

刺し身でこのお値段は高いと思われるかもしれませんが、大分のブランド魚である関サバの刺し身ですからね。

むしろ安い方と言えるでしょう。
姿造りではありませんが、姿造りだと平気で7,000円程度はする代物です。

この関サバの刺し身を食べると、サバに対する今までのイメージがゴロッと変わります。それくらいに美味い!

臭みは全く無く、コリコリ食感で脂も上質。今まで食べたサバの刺身の中で一番美味しかったと言えるかもしれません。

そしてこちらも外せない、大分県の新たなブランド魚、「かぼすブリ」の刺し身。(1,000円)

かぼすブリの刺し身_20161122

これもまた最高に美味!

カボスをエサに育てられているからか、脂が乗っている割にはさっぱりとしていて食感が素晴らしい。
少々お値段は張りますが、これも大分に来たら是非とも頂きたい一品ですね。

大分県はとにかく、魚が美味い!

そして大分と言えばこれも定番、「豊後名物とり天(480円)」です。

とり天_20161122

これはもう、説明不要ですね。

このお店に来られる方の殆どが食べられているであろうと思われる人気の一品。
酒のアテとしても最高です。

そして大分と言えば椎茸。

焼きしいたけ_20161122

「しいたけ焼(380円)」も頂きました。

ここまでの写真でお気づきかもしれませんが、全ての料理に大分名物の「かぼす」が添えられています。この「かぼす」を絞って料理にかけて頂くと、爽やかな風味で美味。

椎茸の方は身がプリップリで、これまた美味しゅうございました。

ここまでくると、さらに食欲は加速して(笑)

ひおうぎ貝網焼き_20161122

豊後水道に面した大分県の佐伯市は蒲江の特産品、ヒオウギ貝です。

お店のメニューである、バター焼きで頂きました。(ヒオウギ貝バター焼(380円*2))

焼き加減がちょうどよく、これがまた美味しいんですよね。
焼酎がどんどん進みます(笑)

ということで、少し休息を挟むために「いもり谷納豆(300円)」をオーダー。

いもり谷納豆_20161122

隣にいらっしゃった、スイスから一人旅で来られていた女性の方がこれを見て、「オオー!アンビリーバボー!」みたいな反応をされていましたけど(笑)

日本人はこれが美味いのです!(笑)

ちなみに、このスイスの方とは片言の英語ながら打ち解けあって。(前日はナント!広島を観光されたとの事でした!)

焼酎のロックを一杯プレゼントすると、「デリシャス!」と、たいそう気に入られたようでした。(焼酎はブランデーやウィスキーと同じく蒸留酒なので、向こうの方の口に合うのかもしれません)

そして「原料は何か?」と英語で聞かれたので、芋焼酎なので思わず「Patato」と答えたころ、この後ジャガイモの料理を注文されていました(笑)

正確には「Sweet potato」(さつまいも)だったのですが・・・
ごめんなさい(^^;

そして最後に、「山香牛ロース炭火焼(1,500円)」をオーダーして〆の一品に。

山香牛ロース炭火焼き_20161122

山香牛とは豊後牛の一種で、大分県の杵築市山香町で生産されている黒毛和牛の事です。

これも美味しくない訳がない。というか、メチャ美味い!

炭火でミディアムレアに焼かれた和牛は脂がしつこく無く、こんなに食べた後の〆の一品でもペロッと頂く事ができました。

ごちそうさまでした(^^

居酒屋にしては値が張ったけど、大分県の「うまいもん」を一挙に食べ尽くす事ができて大満足!

お店の方の愛想も良く、また来たいと思った居酒屋でした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/22-初鉄道旅!別府で美味いもの&温泉-




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator