当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

これにして良かった!快適なキャンピングカー2017/03/11 06:45

コタツのあるキャンカー車内_20170108

焼酎を飲みながらテレビを見たり、新聞を読んだりして寛いでいたら外はすっかり暗くなってきましたので、「そろそろ夕食にするか?」と準備に取り掛かりました。

この日の夕食は、旅の道中で購入したご当地食材。中でもメインは、「しまねお魚センター」で購入した、ブリの刺し身ブロックです。

写真で見た感じでは比較対象が無いので分かりにくいかもしれませんが、確か400gくらいはありそうな巨大なブロックだったと思います。

これで500円って、お得ですよね。

1パック500円のブリブロック_20170108

さすがにこのままかぶりつく(笑)わけにはいかないので、カミさんに包丁で切り分けてもらう事に。

シンクでやれば良いのですが、シンクは焼酎置き場(笑)と化しているので、コタツに座ってやってもらう事にしました。

キャンピングカーWalk2の冬セッティングは、常時ダイニング部分はベッドにしておいて、そこにコタツを置くというもの。前方のシンクと完全に独立していますし、これが一番使い勝手が良いのです。

マグカップのお酒がなくなれば、シンク近くに座っている私がヒョイッと立って、シンク前でお酒を作って。

純米にごり酒白ブタ_20170108

使えば使うほど、機能性の良さとレイアウトの素晴らしさに気付かされます。

派手な装備はなく、特別に目を引くような豪華さもありませんけど。実用性で言えばピカイチ。

先日も、とあるキャンプ場で車中泊キャンプをした際に、「ほんと、よく考えられた車だよねえ」と、カミさんと二人、感動することしきりでした。

とにかく、私達の使い方にマッチした車。「使える」収納も多いですし、キャンピングカーWalk2を選んで、本当に良かったと思っています。

最初は軽キャンKONGのように、横長カウンターではないので「どうかな?」と思っていたけど。

後方のベッド部分、前方のシンク部分と、きっちりと分かれている事によって使い勝手良好。むしろこの方が、就寝スペースが広く取れて良いですね。

と、キャンカーの作りに惚れ惚れしていたら、カミさんが刺し身を切り分けてくれました。

切り分けたブリ刺し身_20170108

アルミの皿は、昨年の大阪旅の際、「千日前道具屋筋商店街」で購入したもの。1枚150円程度と、激安だったものです(笑)

アウトドアブランドのステンレス製のものを購入すると、1,000円前後はしますからね。こういったお店で道具を揃えるというのも、アリかもしれません。

軽キャンKONGではスノピの食器を使っているけど、後から購入したキャンカーWalk2ではこのように、有り合わせのものを常備させています。

見た目的にはステンレス製やチタン製の方が、アルミ製より高級感がありますけどね。まあ、実用性は問題ないでしょう(笑)

コタツのあるキャンカー車内_2_20170108

焼酎をチビチビやりながら、刺し身をつついているとそんな事はどうでも良くて。

そういえばここのキャンプ場、テレビの映り(電波状況)が結構良かったですね。

今までの経験上、海沿いに近い立地ほど、テレビの映りが良いような気がします。

ということで、コタツに座ってテレビを見ながらの夕食。まるで家にいるのか?と錯覚するくらいの、快適なひと時でした。

車内は25.4度_20170108

バンコンの割には断熱性が高いので(これ、本当に実感しています)、家庭用のセラミックファンヒーター1台でも車内はヌクヌク。

FFヒーターも備わっているけど、電源が使えるキャンプ場でしたので、今回はセラミックファンヒーターに頑張ってもらいました。

キャンピングカーは、まるで動くマイルーム。静かなキャンプ場ですと、尚更快適です。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/08-島根西部旅で雨のキャンプ場車中泊-

コメント

トラックバック




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator