旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

すなば珈琲も!大山を望む「お菓子の壽城」2017/06/11 07:15

お菓子の壽城_20170401

美味しいカレーでお腹を満たした後は、久しぶりに「お菓子の壽城」へ。

こちらはその名の通り城型の建物(米子城の面影を再現しているとの事)で、内部はお菓子を始めとするお土産品売り場や、軽食を頂ける飲食店などで形成されています。

鳥取県の銘菓(とち餅など)を買い求めるなら、ここに来ると良いですね。

各種試食が充実していますし、無料で自由に飲める水飲み場も完備されています。

工場見学もできるようになっているので、それだけでもちょっとした観光気分。団体客のいない時間帯であれば、かなりゆっくりと見て回る事ができます。

また今回始めて知ったのですが、二階にはあの「すなば珈琲」があるではないですか!

以前、「(鳥取に)スタバはないけど日本一のスナバはある」という事で有名になった「すなば珈琲」の「お菓子の壽城店」。

せっかくのなので入店し、こちらでサイフォンコーヒーを頂く事にしました。

すなば珈琲_20170401

「すなば珈琲」の文字が何ともお洒落ですよね(笑)

かなり大きめのカップに注がれていて、これで確か486円だったと思います。

窓際の席に座ると、眺望が良かったのは特筆すべき点。私達が座った席からは、大山を望む事ができました。

すなば珈琲から見える大山_20170401

大山を遠くに見ながら、コーヒーを一杯。何とも贅沢なひとときです。

ここ「すなば珈琲」は、コーヒーだけかと思いきや各種食事メニューも充実。モサエビを使ったカレーなど、かなり魅力的なメニュー展開となっていました。

モサエビと言えば鳥取県の名産品。それとカレーのコラボレーションは、鳥取ならではの最強タッグと言えるのではないでしょうか。

予め知っていれば、ここでカレーを食べていたのに(笑)

今度は食事目的でも訪れてみたいですね。

さてさて、米子城の面影を再現しているという「お菓子の壽城」。天守閣もあって無料で上れるとの事なので、上ってみる事にしました。

ツイてる鐘_20170401

上っていきなり現れてくるのは、「ツイてる鐘」。

この鐘をつくと、良いことがあるそうです。

ということで、私もカミさんも鐘をついてお祈りする事に(笑) より一層ツイてる奴になれるよう、手を合わせておきました。

そして天守閣と言えば、期待するのはそこからの見晴らし。

天守閣から望む大山_20170401

この日は天気が良く、大山は勿論のこと蒜山(岡山県)まで見る事ができました。

天守閣から大山を望むという贅沢。

これで入場無料なのですから、上らない手はありませんよね。

天守閣からの眺望_20170401

「すなば珈琲」ができた事によって、より一層魅力が増した「お菓子の壽城」。

ここ一箇所で、鳥取の「ならでは」を色々と楽しめます。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/01-春の大山Gビール飲み放題&観光'17

コメント

トラックバック

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator