当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

ちびパンでオイルサーディンのアヒージョ風2017/08/23 07:15

サイト風景_3_20170603

夕食のメインは、昼から焚き火で調理したローストビーフ。

それプラス、焚き火で使った焚き火台を流用し、炭火に変えてのアヒージョもどき等を楽しみました。

オイルサーディンの缶詰を「ちびパン」に移し替え、オリーブオイルをプラス。それに乾燥ニンニクと唐辛子、そしてアンチョビを加えると味付け完了です。

オイルサーディンにしては大きめのイワシでしたけどね。形が整っていたので、かえってアヒージョにしやすくて。

オイルサーディンでアヒージョ_1_20170603

焼き網の上でちびパンの場所を移動させつつ、伝わる火力を調整しながらのクッキング。炭火って、こういう使い方が楽しいですね。

大きめの焚き火台やコンロを使うと、場所における炭の分量で、強火ゾーンや弱火ゾーンを作りやすいです。

そういった意味からも、この「ヘキサステンレスファイアグリル M-6500」(キャプテンスタッグ製)」は使い勝手良好。

ある時は焚き火を、そしてある時は自由度の高い炭火料理を楽しむ事ができます。

サイト風景_2_20170603

ロースタイルで囲炉裏のように囲んで楽しむにももってこいですね。

サイドにはキャンプで定番の、ユニフレームの「焚き火テーブル」を置いてやれば完璧。

焚き火台で調理した鉄鍋などを、そのままテーブルに。

炭火で熱せられた「ちびパン」でもこの通り、全く問題がありませんよね。

オイルサーディンでアヒージョ_2_20170603

テーブルまで持ってくればさらに作業がしやすくなるので、「オイルサーディンのアヒージョ風」にマヨネースをトッピングしたりして。

仕上げにトーチで炙ってやりました。

使用したトーチは、SOTOの「フィールドチャッカー ST-450」。


カセットガス式でありながら、点火直後から生ガスが出ない仕組みになっていますので、逆さ使用しても生火が出ずに安全です。

このトーチもまた、オススメです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/06/03 -トライポッドお試しキャンプへGO!-

コメント

トラックバック




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator