当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

シャワーも有ってお手頃!穴場のキャンプ場2017/09/14 07:15

キャンプ場のシャワー室_20170715

夏場のキャンプ。日中に汗をかいて体がベトベトだったので、夕食後に 「ほととぎす遊園」キャンプ場内にあるシャワー棟に、汗を洗い流しに行きました。

シャワー棟はオートサイトから少し坂を下りた部分にあって、トイレの隣という立地。綺麗に清掃&手入れがされており、3分間100円となっています。

これ、凄く有り難いですよね。

徒歩圏内に日帰り入浴できる温泉があればそれがベストですが、そうでない場合はキャンプ場にあるシャワー施設ほど有り難いものはありません。

シャワー室_20170715

夕食後、お酒が入っていても汗を洗い流す事が可能。あんなにベトベトだった体も、綺麗サッパリ気分もスッキリしました。

こちらのキャンプ場、夏場の繁盛期でも利用客は4組程度と超穴場なのですが、シャワー施設などもあって意外と快適。実は、あまり人に教えたくないキャンプ場でもあるのです。

利用料金を参考程度に書いておきますと、入場料が一人200円でオートキャンプの車一台が1,000円。タープとテントがそれぞれ一張700円となっています。

つまり、テントを張らない車中泊の場合、大人二人で200円×2+1000円+700円で2,100円とリーズナブル。やはり、誰にも教えたくありません(笑)

朝の防虫ネット_20170716

標高が400mくらいあるので、日が落ちてしまうとそこそこ涼しいのも良い点ですかね。スライドドアを全開し、防虫ネットで寝たら朝方は寝袋がないと寒いくらいでした。

夏場の繁盛期でも思い立ったらキャンプに行け、シャワーがあって朝晩はやや涼し。炊事施設が必要最低限という弱点はありますが、お気に入りのキャンプ場となっています。

ちなみに、場内にある水銀灯にカブトムシやクワガタがよく集るのですけど。この日は生憎、朝の散歩でも見つける事はできませんでした。

扇風機で換気_20170715

さて、散歩を終えてトイレを済ませたら朝食タイム。

味噌汁用にジェットボイルでお湯を沸かし、テーブル上には野菜サラダや納豆、そして夕食の残り物などを並べました。

ジェットボイルtで湯沸かし_20170716

朝食_20170716

それプラス、道中のスーパーで買っていた108円の惣菜パン。

チーズのドッグ_108円_20170715

キャンプの朝はこんな感じに、適当に済ませる事が多いですかね。

朝食用にと特に用意していなくても、残り物くらいで何とかなる事が多いです。

昔は気合を入れて食材を用意し過ぎ、持ち帰る事が多かったけど。もう若くはありませんので、「足りないかな?」くらいが調度良いのかもしれません(笑)

という事で、簡単に朝食を済ませた後は早めに撤収を開始。

アルミ箔でピカピカのユニセラロング_20170716

アルミ箔でカバーしていた「ユニセラTG-IIIロング」は思っていた通り、アルミ箔をとればピカピカの状態でした。

これなら丸洗いする必要すらありませんね。サイドの三角パネルのみ洗って乾かすだけで、素早く片付けを済ませる事ができました。

なお、こちらのキャンプ場は確か、チェックアウトの時間は特に決められていなかったと思います。気になれば、予約時かチェックイン時に確認しておくと良いかもしれませんね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/07/16 -車中泊キャンプ in ほととぎす遊園-




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator