にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

車中泊は静かさだけでなく心理的な面も重要2017/03/20 07:41

キャンカーをエントランスから見て_20170129

ここに書くまでもなく、貸切状態のキャンプ場は翌朝まで静かで、ぐっすりと眠る事ができました。

公共の駐車場では耳栓等をしても心理的な不安から熟睡できませんが、キャンプ場であれば安心して深い眠りにつく事ができます。

私が神経質なだけかもしれませんけど、今後もキャンプ場を含め、安心して寝られる場所を車中泊地として選んでいきたいですね。

さて、朝食はいつものように超簡単に。

朝食の納豆とサラダ_20170129

我が家の定番、野菜サラダと納豆からスタートし、シンクの方ではアルミ鍋のうどんを作っていきました。

アルミ鍋を使った麺類は器ごと火にかけられるなど、手軽な点が気に入っています。

これなら「ジェットボイル」を出す必要がありませんし、別途鍋などを用意する必要もありません。

アルミ鍋うどん_20170129

調理後に器をそのまま捨てられるのもメリットでしょうか。

って、なかなか捨てられずに、アルミ鍋が自宅にどんどん溜まっていっているのはここだけのヒミツ(笑)

そろそろ古いのから捨てないといけないなあ、と思っているのですけどね。断捨離が超苦手な、私です。

キャンプ道具を例にとっても、使わなくなっても捨てられず。職場の先輩からは、「○○ジャンクセンター」なんて言われております(笑)

アルミ鍋うどん_2_20170129

おっと、話がそれてしまいました。

アルミ鍋うどんの話でしたね。

これって本当に手軽で便利。おまけに安いときている(笑)

大抵のスーパーで100円をきっていますからね。

あと、紙の蓋がそのまま鍋敷きとして使えるのも嬉しいところ。何を今更?っていう話題ですが、昔からずーっとあるものって、やはり理由があるのですね。

サンドイッチ_20170129

と感心したところで、サンドイッチや惣菜パンも加えて引き続き朝食を。

こんなメニューなら、何もキャンプ場である必要は無いのですけど。(あっ、火を使うアルミ鍋の場合はキャンプ場の方が良いですね)

静かなキャンプ場の朝って、大好き。

惣菜パン_20170129

こちらのキャンプ場は電源付きとはいえ、一泊4,200円と私達にとっては高額でしたけど。

貸切状態で静か、安心して泊まれたのが何より。あらゆる面で必要以上に警戒しなくて良いのも、キャンプ場泊のメリットか。

電気のお陰でコタツや卓上焼鳥器も使え、快適な車中泊キャンプとなりました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/29-車中泊で行く!下関グルメ満喫の旅-

またしても卓上焼鳥器が大活躍!【車内食】2017/03/19 07:30

キャンピングカーでとらふくの刺身_20170128

日が落ちて真っ暗になった頃から、夫婦だけの車内宴会を開始。

メインはもちろん、「唐戸市場」で買った「とらふく」の刺し身ですが、それ以外にも道中のサービスエリアで購入した「地鶏炭火焼き」もありました。

確か九州の地鶏で何処の地鶏かは忘れたけど、強烈な炭火の風味で美味。1パック500円くらいで、露店で販売されていたお兄さんの愛想も良かったのです。

下松サービスエリアで購入した地鶏炭火焼き_20170128

試食を頂いて、凄く美味しかったので購入。下関のご当地食材ではありませんが、地方の美味しいグルメである事に違いは無いので、この日の一品に付け加えました。

「HAC 卓上焼鳥器」で温めて頂くと、さらに炭火の香りがして美味。皮の部分と脂の部分が上手く含まれており、本当に美味しい「地鶏炭火焼き」でした。

卓上焼鳥器で地鶏炭火焼きを温め直し_20170128

次回立ち寄った時もあるかどうかは分からないけど、あれば間違いなく買い!ですね。今度はお店の名前も聞いておこう。

そして、唐戸市場で値引き価格で入手した「ふく唐揚げ」と、「鯨カツ」も網の上で温めて。

サクサク衣はもちろん、素材が良いのでどれも美味しいです。

卓上焼鳥器でふく唐揚げと鯨カツを温め直し_20170128

何度も書きますが、「HAC 卓上焼鳥器」は車内宴会にうってつけですね。(ただし、生から調理するのは不向き)

AC電源(消費電力:400W)さえあれば、様々な惣菜を温め直して頂く事が可能。よほど脂分の多い食材でない限り、煙が立って匂いが出る事もありません。

「ふく唐揚げ」と「鯨カツを」という下関ならではの惣菜を、出来たてに近い感じで頂く事ができました。

豊田牛コロッケを温める_20170128

キャンピングカーの車旅では、その土地ならではの食材を購入して、車内で食べる事が多い私達。(寒い時期は) 簡単に、そして美味しく温め直す事ができるアイテムは、非常に頼もしい存在なのです。

この日は他にも、「道の駅 蛍街道西ノ市」で購入した名物の「豊田牛コロッケ」もアツアツのホクホクにして頂いて。

良い感じに酔いが回っていく私達なのでした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/28-車中泊で行く!下関グルメ満喫の旅-

キャンプ場で車内引き篭もり&シンクに焼酎2017/03/18 07:15

車中泊地に到着_20170128

「カモンワーフ」で食事をした後は、「唐戸市場」で買い出し。昼食時を過ぎたからか、惣菜や握り寿司など、あらゆるものが値下げされていました。

今度からはこのパターンが良いですね。昼食が落ち着いたところで唐戸市場に行き、売れ残って値下げされたものをお得に買うという。

新たな発見でした(笑)

この方が買う時も混雑していませんし、何よりも安くなっているのが良い。何品か、値下げされた惣菜類を購入しました。

そしてお気に入りの酒屋さん、「地酒のまえつる」で焼酎を調達した後、道の駅めぐり等を楽しんで車中泊地へ。

シンクに焼酎_20170128

この日の車中泊地は、「豊田湖畔公園キャンプ場」です。

ここに来る直前、買い出しをしたスーパーから電話で確認をしてみたところ、空きがあるとの事なので予約。チェックインは17:00までなので、それに間に合うように到着しました。

到着したらいつものように、購入した焼酎をシンクに並べて(笑)

車窓から見える景色と、焼酎瓶の組み合わせが何とも言えず好きなんですよね。これから飲むぞーみたいな(笑)

自宅とは違う、このキャンピングカー呑みがお気に入り。

キャンピングカーにコタツ_20170128

この日、電源の無いオートキャンプAサイト(3,200円)はキャンカーのオフ会か何かで賑わっていましたが、私達の借りた電源付きのオートキャンプBサイト(4,200円)の方は私達1組のみ。

視線も気になりませんでしたので、明るいうちはシンクのカーテンなども開けたままで晩酌を楽しみました。

まだ夕食には時間が早かったので、簡単なツマミでもつつきながら焼酎のロックで喉を潤して。テレビを見たりしながら寛ぐ私達。

卓上焼鳥器をセッティング_20170128

今回の車中泊地もキャンプ場ですが、寒かったので野外活動は無し(笑)

キャンピングカーの車内に引き篭もる、ヘタレ夫婦です(笑)

これなら何も準備をする必要が無いし、撤収が楽。一応、惣菜の温め直しに「HAC 卓上焼鳥器」だけはセッティングしておきました。

なんか前回の島根西部車中泊キャンプと同じような展開になりましたけど。

とらふくの刺身_20170128

違うのは、その土地ならではの食材。

この日はナント! あの「とらふく」の刺し身を、「唐戸市場」でゲットしていたのでした。

これで確か、1,000円もしなかったと思います。高級魚にしては安いですよね。

やはり楽しい、旅先でのご当地位グルメ調達。この後は他にも購入した食材を並べ、カミさんと宴会です。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/28-車中泊で行く!下関グルメ満喫の旅-

これは美味い!巨大[とらふく]唐揚げの定食2017/03/17 07:15

ビックリふく唐揚げ&ふく刺身定食(とらふく)_2050円_20170128

「唐戸市場」に来た目的は、下関ならではの美味しいものを食べたり購入したりする事。

しかし此処って、握り寿司とかは意外と高いんですよね。例えば、一貫100円からとか。回転寿司だと二貫で100円くらいからありますから、割高感は否めません。

また、回転寿司に比べて特別に美味しいかというと、そうでもない。まあ、雰囲気を楽しむ為のショバ代といった感じでしょうか。

ふく_20170128

いつもはそれを承知の上で唐戸市場での食べ歩きを楽しんでいるのですけど。今回は少し趣向を変え、お隣の「カモンワーフ」で食事を頂く事にしました。

色々と外から見て迷った結果、「炉端魚河岸 いちばのよこ」というお店に入る事に。

炉端魚河岸いちばのよこ_20170128

せっかく下関まで来たのですから、名物の「ふく」を食べたい。しかも何処にでもある「ふく」ではなく、ちょっと奮発して「とらふく」を頂きたいという事で、ここに決めました。

「とらふく」なのでもちろんお値段は高めになるのですけど、定食の内容を見てみるとお値段以上に満足感が得られそうな感じ。「いちばのよこ」という名前も良いですしね。

ということで早速入店して、数あるメニューの中から私が選んだのがコチラ。

ビックリふく唐揚げ&ふく刺身定食(とらふく)_2050円_2_20170128

「ビックリふく唐揚げ&ふく刺身定食(とらふく)(2050円)」です。

「真ふく」だと1,780円でありましたが、前述した理由から高くてもやっぱり「とらふく」。食べ比べた事は無いのですけどね(笑)

これは名前の通り、ビックリするくらい大きな「とらふくの唐揚げ」をメインに、「とらふくの刺し身」が付くという定食もの。唐揚げも刺し身も食べられるという、まさに私好みの一品です。

本日の小鉢_20170128

「本日の小鉢」として握り寿司も付いていたのですから、お高いようで意外とリーズナブル。

しかも、メインの「とらふくの唐揚げ」が驚くほどに美味しい!

ビックリふく唐揚げ_20170128

肉厚でジューシーな身はホロッと柔らかく、脂も乗っていて申し分ない食べ応え。

もっと控えめな味わいかと思っていたけど、意外とパワフル。ガッツリかぶりついて頂くのも最高なのではないでしょうか。

大きな骨はあるけれど、食べやすく調理されているので、骨で食べにくいという事はありません。むしろ、身離れは良い感じ。

肉厚でジューシーなふく唐揚げ_20170128

この断面を見ただけでも、その美味しさが伝わってきますよね。

塩コショウで味付けされていて、魚のフライとも鶏の唐揚げとも違う、独特の食感。これはやはり、肉厚な「とらふく」だから出せる美味しさなのかもしれません。

もちろん、もう一つのメイン、「とらふくの刺し身」も美味。

とらふく刺身_20170128

コリコリ食感で甘く、思わず焼酎を注文したくなるくらいでした(笑)

因みにカミさんは、「ふく刺身定食(とらふく)(1580円)」を注文。

これは唐揚げが「アラ唐揚げ」になるもので「本日の小鉢」も付きませんが、内容から考えたらコストパフォーマンス抜群。手軽に「とらふく」を楽しむには、もってこいの一品でした。

ふく刺身定食(とらふく)_1580円_20140128

「アラ唐揚げ」も旨みが凝縮していて美味しかったです。

ということで、いつもと趣向を変えた「カモンワーフ」での食事は大満足の結果に。今度は車抜きで、夜に呑みに訪れたいと思いました(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/28-車中泊で行く!下関グルメ満喫の旅-

唐戸市場へ!すぐ近くに高さ制限3mの駐車場2017/03/16 07:15

カモンワーフから海を見る_20170128

以前のブログ記事で、「近々キャンカーのWalk2で唐戸市場に行きたいと思っているけど、駐車場の高さ制限が気になって行けない」といった感じの事を書いたと思います。

その直後くらいだったかな。キャンカーにお乗りのある読者の方から、有り難いメールを頂きました。

なんでも、ハイルーフのWalk2でも入れる駐車場があるとの事。そのメールには駐車場の詳細と、具体的な高さ制限まで書かれてありました。

こういった情報はネット上を探してもなかなか見つけられませんからね。本当に有難かったです。

ということで、駐車場の心配が無くなったので、早速計画をして、唐戸市場を含む下関方面の車旅にWalk2で出掛ける事に。

下松サービスエリアでカレーパン_20170128

先ずは、休憩がてらに立ち寄った「下松サービスエリア」でカレーパンを購入しました。

サービスエリアって、何故か無性に何か買って食べたくなりません?(笑)

私だけかもしれませんが、行きは気持ちがワクワクしているので尚更。出来たてのパンともなると、美味しそうな香りにも引き寄せられるのです(笑)

人気商品との事でしたので、まだ温かいうちにフードコートで頂く事に。

美味い! って、味は忘れてしまったけど(笑) おやつとして、うってつけの一品でした。

そして休憩を終え、山陽自動車道を走らせてお目当ての「唐戸市場」に到着。

高さ制限3mの駐車場_20170128

おお! 本当だ! メールにありました通り、「カモンワーフ」側に高さ制限3.0mの駐車場がありました!

まだ比較的早い時間だったからか、空きも十分にあって。これなら問題なく、ハイルーフのWalk2を駐められそうです。

昔から唐戸市場の東側にある立体駐車場にばかり駐めていて、こちらの駐車場には全く気付いていませんでしたけど。

今度からはなるべく早めに来て、こちら側に駐めるようにすれば良いですね。

カモンワーフから唐戸市場を見る_20170128

他にも、市場上階の駐車場にも高さ制限3.0mの駐車場がある模様。

今まで高さ制限の事は全く気にしていませんでしたが、よくよく見てみると、キャンピングカーが駐められそうな駐車場は意外と多いような気がしました。

メールを頂かなければ、今回の旅は計画すらしなかっただけに、本当に有り難い限り。

お陰様で、「唐戸市場」、そして「カモンワーフ」での買い物、そして食事を満喫させて頂く事ができました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/01/28-車中泊で行く!下関グルメ満喫の旅 出発編-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator