にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

車中泊キャンプと相性の良い車と炉ばた大将2017/05/27 07:15

車中泊キャンプのセッティング_2_20170318

キャンプ場での夕食会場は、キャンピングカーWalk2のすぐ横、サイドオーニングを広げたその場所にて。

ハイエースベースなど、バンコンのキャンピングカーはスライドドアが大きく開き、車内にアクセスし易いのが良いですね。

この時期(3月です)は虫もいないので、開放していても大丈夫。エントランス付近に冷蔵庫があるので、車外からでも簡単に冷蔵庫の中の物を取る事ができます。

その気になれば、車外からテレビを見る事だって可能。

つくづく思うのですが、バンコンはやはり車中泊キャンプと相性が良いですね。

エントランスまわり_20170318

キャンピングカーとしての快適性ではキャブコンには遥かに敵わないけれど、こと車中泊キャンプともなれば、使い勝手ではある意味上回る部分もあったり。

焼酎のロックを作る際、車内のシンクにアクセスするのも楽々です。

これはバンコンだからというのではなく、ひとえにWalk2のレイアウトの良さが効いていると思うのですけどね。

大きさこそ違えど、軽キャンのKONGも車中泊キャンプ時はこれとほぼ同じレイアウト。やはり、自分にとって使い勝手の良いレイアウトというのは、おのずと決まってくるという事でしょう。

炉ばた大将_20170318

さて、この日の夕食は「呼子の朝市」で調達した干物たち。

イカの一夜干しやアジ味醂などを、炉ばた大将で網焼きしていきました。

こういう時、カセットガスボンベでサッと海鮮を炙る事ができる炉ばた大将は便利。

軽キャンだと積載スペースが限られるので、積んでいくかどうかは旅のプラン次第となるのですが、Walk2は有り余る収納スペースがあるので、常備させておく事が可能です。

常備させる事ができると、夕食のメニューは旅先で決める事が可能に。食材の調達次第で、炉ばた大将を使うか否かを選べます。

イカの一夜干しを焼く_20170318

この日は炉ばた大将が良い仕事をしてくれて。かなり大きめなイカの一夜干しも、ご覧の通りの抜群の炙り具合。

先ずは姿のまま炙って、その後カットしてから頂く事にしました。

イカの一夜干しを焼く_2_20170318

こうする事でイカのジューシーさが閉じ込められるので、干物とは思えない柔らかさと干物ならではの旨みの両方を楽しむ事ができます。

いやあ、酒の肴としてのイカって、最高ですね。

特に呼子で仕入れたイカは気分もプラスされるので抜群に美味い!

アジ味醂を焼く_20170318

アジ味醂も続けて焼いて、表裏に火を通して良い感じに。

こちらも酒の肴としてはもってこいの一品でした。

たった2品だけの夕食だったけど、(この前に野菜サラダと納豆は食べています)ご当地感満載でお酒も美味しく呑めて大満足。

やっぱりキャンプ場など、外で火を使いながらの食事は格別ですね。

炉ばた大将DXのボンベは外に_20170318

車内で弁当だけっていうのも悪くはないけれど、個人的にはキャンプスタイルの方が好きかな。

だからキャンプ場を、主に車中泊地として選んでいるのですけどね。このゆったりと流れる時間を一度でも味わうと、やめられなくなります

因みにこの日は、3月なのでまだまだ寒く。常備していたカセットガス式のヒーター、「ジュニアヒーター CB-JRH-2」が車外では大活躍でした。(トップの写真の、足元に置いているヤツです)

これが無いとちょっと、野外で夕食なんて寒くてできなかったかな(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/03/18-呼子と福岡を巡る車中泊キャンプ旅-

車中泊で周囲に嫌悪感を与えない様にしたい2017/05/20 08:53

モンベルの寝袋_20170318

午前5時30分の出発を目指すため、前乗り車中泊をした「古賀サービスエリア」では午前4時30分に起床。平日もこの時間に起きているので、特に早起きという事ではありません。

朝起きたら先ず水を飲み、それからトイレへ。トイレから帰ってきたらジャズやオルゴールのBGMを流しながら、寝袋を片付けます。

私が昔から車中泊で布団ではなく寝袋を使っているのは、元々がテントキャンプをしていたからといのもありますが、それよりも大きいのは、車中泊をしていない時の車内の見た目を気にするから。

布団の場合だと、いくら畳んでいてもドアを開けた時、外から見て生活感丸出しでかっこ悪いですからね。

実際、日中の道の駅でそのような車を見かける事があるのですが、「うわっ!」って思わず引いてしまいます。

そういう車に限って、「全国横断中!」とかステッカーが張ってあったりして(^^;

車中泊というか、車上生活という感じになってしまっているんですよね。

だからなるべく、日中にドアを開けた時は生活感というか、車中泊感を出したくない。

となると、小さく折りたたんで片付ける事ができる寝袋は、私にとって車中泊の寝具としてベストチョイスとなる訳です。

普段はこのように、ハイルーフの収納庫に枕と一緒に片付けておく事が可能。(ここに電気毛布や炉ばた大将も収納している)

天井収納に寝袋_20170318

これならスライドドアを開けても寝具や生活道具が見えないので、周囲に嫌悪感を与える事は少なくなります。

キャンピングカーの場合、冷蔵庫やシンクがあって、スライドドアを開けた時に見える光景は一般的な車両に比べて明らかに目を引くのですが、なるべく道具類を見せない事で、生活感を出さないようにする事は可能です。

その為には備え付けの家具、つまり、蓋の付いた収納庫が多くあると非常に便利。この中に生活感の出るものは全て収めて(隠して)おく事ができます。

ハイルーフ車のWalk2 Type-Cの場合、この点でもメリット大。

実は、ハイエースでもノーマルルーフを選ばず、ハイルーフを選択したのはこの部分も大きかったり。収納力の差は歴然です。

ノーマルルーフ車同様、ポップアップルーフ車でも収納は少なくなりがちで・・・

軽キャンのKONGでは何とか、ポップアップルーフと床板の隙間を軽い物の収納として使ったリ、天井のデッドスペースに寝袋をくくりつけたりして対応していますが、どうしても絶対量や見た目では劣ります。

なので、次の車では是が非でも収納の多い車が欲しかったのです。

その甲斐あって、今は収納に関するDIYは皆無で車旅を楽しむ事ができています。

因みに、これは誤解して欲しくないのですが、収納の少ない軽キャンやコンパクトな車でも、適切なDIYで見た目にもスッキリと生活感を出さずに、収納力をアップさせる事は可能です。

一応、軽キャンのKONGはその路線で仕上げているつもり。

いずれにせよ、周囲に嫌悪感を与えないように、スマートに車中泊の旅を楽しんでいきたいものですね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/03/18-呼子と福岡を巡る車中泊キャンプ旅-

呼子と福岡を巡る車中泊キャンプ旅 出発編2017/05/19 07:15

車中泊モード_20170317

3月の3連休、久々に佐賀県の呼子まで「活イカを食べに行こう!」という事になり。活イカを食べるなら、11時までの到着が望ましい。

また、せっかく呼子まで行くのなら、活イカを食べるだけではなく「呼子の朝市」も楽しみたい。

となると、さらに早い到着が望まるわけで。広島と佐賀の距離を踏まえ、前乗り車中泊が必須!という事になりました。

出発は、仕事を終えた金曜日の晩。いつものようにシャワーだけ浴び、夕食はとらずに出発です。

どこで夕食を頂こうかと迷ったけど、結局は道中にあって立ち寄りやすい「丸源ラーメン」で頂く事に。

丸源ラーメン肉そば_20170317

チラシのクーポンをちょうど持っていたので、ここに決めました。

私もカミさんも、注文したのは「肉そば(税込702円)」。支払い時にクーポンを出す事で、108円引きの594円になります。

この割引は大きい(^^

一緒に注文した「餃子(税込302円」」の方も、チラシのクーポンで割引に。

丸源ラーメン餃子_20170317

こちらはナント! 216円引きの86円になりました~(笑)

税込みでもトータルで1,274円。新聞のチラシをチェックする癖が役に立ちましたね(笑)

餃子はそうでもないけれど、丸源ラーメンの肉そばは相変わらず美味。この日も、「粉落とし」の「背脂増量」で頂きました。

粉落としでガッシガシの麺と、まろやかなスープにはガーリックチップが良く合います。

ということで、ニンニク臭を漂わせてお腹いっぱいになった私達は、再び車を走らせて九州方面へ。

車中泊地に到着してTVを見る_20170317

下松サービスエリア、美東サービスエリア、壇之浦パーキングエリアと休憩を重ねた後、予定していた「古賀サービスエリア」には日付が変わる前に到着しました。

佐賀県の呼子まではまだまだ距離があるけれど、翌朝の朝風呂や朝食を考慮すると、ここがベストポジション。前乗り車中泊地として選んでいました。

車は大型車から離れたいつもの場所に駐めて。まずは、テレビの受信設定を行います。

家庭用テレビの受信設定は郵便番号を入れたりと面倒だけど、Androidアプリの「ここドコ?」を入れておけばバッチリ。GPSで居場所を特定し、郵便番号を表示してくれます。

テレビがよく入る_20170317

その郵便番号をテレビのリモコンで打てば、受信設定の完了。電波が届く環境であれば、地デジを楽しむ事ができます。

ここ、「古賀サービスエリア」は福岡の市街地近くにあるサービスエリアだからか、電波環境は良好。かなりのチャンネルを受信する事ができました。

そのテレビ番組を見ながら、車中泊前のちょっとしたひと時。この寛ぎの時間も、好きだったりします。

エアプランツ_20170317

シンクに飾った、エアプランツも良い雰囲気。

何か緑が欲しいなあと思っていたれけど、過酷な車内環境に生きた植物は無理。ならばと選んだのが、エアプランツです。

ちょっと小さいけれど、これくらいの方が邪魔にならないかな。

ということで、コタツを片付け、耳栓をセットしたらおやすみなさい。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/03/17-呼子と福岡を巡る車中泊キャンプ旅 出発編-

移動型車中泊キャンプ旅で放浪し食を愉しむ2017/05/07 07:15

キャンプ場で車中泊キャンプ_20170506r

車中泊旅5日目。本日の車中泊地は、有料のオートキャンプ場です。

途中、無料のキャンプ場も考えたけれど、到着が早すぎたのでデイキャンプというか、ランチだけ楽しんで先に進む事に。

こういった時、サクッと展開&撤収ができるサイドオーニングは便利ですね。サッサッとアヒージョやカップ麺を頂いた後、さらに先へと進みました。

そしてやってきたのが、今ブログを書いているこちらのキャンプ場。昨日に引き続き、本日も海岸近くにあるキャンプ場です。

有料といっても二人で一泊して2,000円とリーズナブルなのが助かりますね。過去にこちらは、連泊キャンプで利用させて頂いた事があります。

本日の利用客は、私達ともう一組のみ。これまた静かなキャンプで、車中泊も熟睡する事ができました。

なんだか、観光地にも行かずにキャンプ場を巡る、移動型のキャンプ旅になっていますけど(笑)

ご当地の食材とお酒に囲まれ、美味しく頂いているのでこれはこれでアリかな?と思っています。

昨日の夕方前から天候が回復してきたので、サイドオーニングとタープを天日干しできたのも嬉しいところ。目的も無く放浪するキャンプ旅、意外と楽しいですね(笑)

無料キャンプ場でデイキャンプ_20160406r

※サイドオーニングを広げてデイキャン

サイドオーニングが付いたキャンピングカーだと前述の通り設営も撤収も簡単なので、まさに移動型キャンプ旅に向いていると思います。

結構な距離を移動をするので、その間にサブバッテリーの走行充電もできますしね。

本当は、行きたい観光地も何箇所あったのですけど・・・

これはまた、楽しみにとっておく事にしましょう。

本日は車中泊旅の最終日なので、比較的のんびり睡眠。6時前くらいから起きて、このブログを書いています。

今日も特に予定はないので、キャンプ場で朝食をとった後、自宅に向けてぼちぼちと進むくらいですかね。

途中、温泉には入りたいところですが、どうなるのかは分かりません。

無料キャンプ場でデイキャンプ_2_20160406r

※デイキャンでアヒージョとカップ麺

ちなみに、今回の車中泊旅では車中泊地に到着する前に、全て事前に日帰り入温泉等で入浴を済ませています。さすがにこの時期は、毎日お風呂に入らないと辛いですからね。

その際、サイドオーニングを設営してしまうと車が動かせなくなるので、事前に入浴を済ませておく必要があり。この点が、デメリットと言えばデメリットでしょうか。

テント泊のように、設営を済ませてから温泉!という事ができません。

しかし、それを除いてもメリットの方が多い車中泊キャンプ。私のようなズボラなキャンパーには、このスタイルが向いています(笑)

ということで、本日もそろそろ行動を開始。最終日、気を引き締めていきましょう。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

車中泊旅4日目は某無料キャンプ場。今は雨2017/05/06 07:18

無料キャンプ場で車中泊キャンプ_1_20170505r

車中泊旅4日目、本日の車中泊地は、よく利用している某無料キャンプ場です。

天気が下り坂でゴールデンウィークも後半という事からか、普段よりも利用者は少なめ。私達を含めて3組程度となっています。

聞こえてくるのは波の音くらいで、超静かで快適。こちらのキャンプ場はやっぱり、最高ですね。

現在は既に霧雨のような雨が落ちていますが、昨日はサイドオーニングとタープの下で海鮮焼き等を楽しむ事ができました。

食材を調達したのはもちろん、旅先の市場など。ご当地スーパーめぐりも楽しかったです。

旅と言っても相変わらず観光地を回っていませんけど(笑)

唯一行きたかった観光地は天候の悪化で断念したりと、観光地とは縁がないのかもしれません。

無料キャンプ場で車中泊キャンプ_3_20170505r

本日の予定はまだ立てておらず、どこを走るのかも決めておりませんが、このままいけば観光地はどこも訪れない車中泊旅になる可能性が高いです。

ま、それはそれで良しとしましょうか。

車中泊地で楽しむ、夕方から夜にかけての晩餐が一番好き。ご当地のお酒や食材などがあったりすると、尚さら最高です。

昨晩は地焼酎と共に乾杯。現地で調達した新鮮な貝類を網焼きし、旅先の夜を満喫しました。

これを書いている現在は、椅子やテーブル、網焼きコンロといったキャンプ道具は全て撤収。タープも片付け、サイドオーニングは雨よけ程度に少し出しているのみにしています。

本日も早く出発する予定ですからね。片付けられるものは片付けておく方が、出発を早める事ができます。

無料キャンプ場で車中泊キャンプ_2_20170505r

ちなみに、昨日は天気が良かったので、雨で濡れたサイドオーニングやタープを乾かす事ができたのですけど。

その後悪化し、再び濡らす事となってしまいました(笑)

ホント、今年のゴールデンウィークは雨に泣かされますね。いつもは晴れる日の方が圧倒的に多いのですけど・・・

なんか、雨雲と一緒に旅をしている気がします(笑)

まあ、こういう事もありますかね。

車中泊旅も残りわずか。事故だけは起こさないように、残りの日数を回っていきたいと思います。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator