当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

花火大会後に広島みなと公園駐車場で車中泊2017/09/22 07:15

Walk2で車中泊_20170722

花火大会終了後、車を駐めた「広島みなと公園駐車場」までは徒歩で帰るつもりでした。

が、運良く目の前に広島港行きの路面電車が現れたではないですか!

「広島みなと公園駐車場」は広島港のすぐ隣。これに乗ってしまえば、労せずして車まで戻る事ができます。

反対方向、広島駅や市街地向けの市内電車は前回の記事で書きました通り、帰宅する人の順番待ちで大行列でしたけどね。広島港行きはガラガラ。これは思いもよらぬ大発見でした。

その市内電車に揺られて広島港へ。駐車場に戻る前にトイレを済ませておこうと広島港に寄り道していると、この間に大雨が降ってきました。

雨雲レーダー_20170722

その時の雨雲レーダーが上の写真。現在地周辺だけ、真っ赤っ赤に染まっています。

危ない危ない。歩いて戻っていたら、この大雨(っていうか、ゲリラ豪雨)にやられるところでした。ここでも幸運を発揮。

で、この雨が落ち着くまで広島港で雨宿りをしようと思っていると、魅力的な御食事処が目の前に。

御食事処若竹_20170722

以前から気になっていた、「御食事処 若竹」です。

せっかくなので、ここで少し飲んでから駐車場まで戻ろうという事に。その間に、雨が落ち着くだろうという読みもありました。

ちょっとひかっける程度なので、おでんを選んで焼酎のロックを。エアコンも効いていて、極楽極楽(笑)

おでんと焼酎のロック_201722

他にも普通に中華そば等のメニューもあって、個人的に好きな雰囲気。こういったところで「ちょっと一杯」って、堪りませんね。

単なる雨宿りのつもりでしたが、居心地の良さに根が生えてしまいそうになって(笑) 今度、呑み目的で来てもいいかなあと思う私なのでした。

ちなみに、カミさんのリクエストもあって、カキ氷もオーダー。

かき氷_20170722

焼酎とカキ氷って、アレですけどね(笑) まあ、夏の風物詩として良いのではないでしょうか。レモン味だったので、サッパリ頂く事ができました。

そして一杯ひっかけた後、雨足が落ち着いたところで駐車場に駐めた車へ。

今宵はここで車中泊です。

ダブル扇風機_20170723

この時、駐車場を出る車でかなりの行列ができていました。おそらく、花火大会に来られた方の帰宅の列だったと思われます。

車中泊をしてしまえば、この列に並ぶ必要は無し。我ながらナイスアイデアです(笑)

が、やっぱり暑かったですね。まだまだ雨が降り続いていたので最初はエンジンをかけてエアコンを稼働。その後エンジンを切って扇風機を回して寝たのですが、途中で暑くて目が覚めてしまいました。

■結論
・「広島みなと公園駐車場」での車中泊は可能。(24時間以内なら最大で1,000円)
・24時間使えるトイレが近くの公園にある。
・広島港がすぐ近く。ここの御食事処を利用可能。
・近くに民家が無いので気兼ねがない。
・花火大会等、混雑を避ける意味では、ここでの車中泊は有効。
・ただし、夏場の車中泊はかなり暑いので、オススメできない。

という事になります。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/07/22 -広島みなと夢花火大会2017と車中泊-

キャンプ場で手続きをしてから道の駅の温泉2017/09/01 07:15

サイドオーニングを広げて_20170617

福岡でIKEAと美味しいラーメンに満足した私達は、とんぼ返りのごとく山口へ。休憩で立ち寄ったパーキングエリアから、車中泊キャンプで都合の良さそうなキャンプ場を電話予約しておきました。

過去に何度か利用した事がある、「豊田湖畔公園キャンプ場」です。

オートサイトには十分空きがあるとの事なので、電源無しで3,200円のサイトを予約。サイトの指定は予約時、もしくは実際に現地で見てから可能になっています。

ただし、チェックインは17:00までと忙しめ。でもまあ、これは仕方ありませんよね。

キャンプ場に向かう途中、「道の駅 蛍街道西ノ市」に「西ノ市温泉 蛍の湯」という温泉があるけれど、取り敢えずそれは後回しにしてチェックインを優先(笑)

キャンプ場で車中泊準備OK_20170617

温泉に入ってからでも間に合いそうでしたが、急ぐのも嫌なので先にチェックインを済ませておきました。

なお、先にチェックインをした方が良い理由はもう一つあって。キャンプ場のチェックイン時に、「西ノ市温泉 蛍の湯」の割引券が人数分頂けるのです。(650円→500円)

つまり、先にチェックインを済ませてから温泉に行った方がお得というわけ。その為には、多少のUターン(車で片道15分くらい)は苦になりません(笑)

ちなみに、JAF会員証の提示でも割引になりますが、こちらは530円まで。なので、キャンプ場の割引券を使った方が良いでしょう。

と、ここまでは「俺ナイスじゃん!」といい気(笑)になっていたのですが、チェックイン後に「西ノ市温泉 蛍の湯」まで戻ってみて唖然。

露天風呂のご利用中止_20170617

なんと、男性の露天風呂が改修中で使えず、そのお詫びとして男性の入浴料金は一律500円に値下げされているではないですか!

つまり、この日は割引券が無くても男性は誰でも500円(笑) せっかく頂いた割引券でしたが、使えず紙屑になってしまいました(^^;

でもまあ、女湯のカミさんは650円から500円になりましたからね。一応、先にチェックインしておいて良かったという事になるのかな(笑)

肝心の温泉の方はというと、道の駅の温泉と侮ることなかれ。これがかなり良い泉質なんですよね。

ヌルツルのお湯はいつ入っても気持ちよくて最高。水風呂の方にも珍しく、源泉が注がれています。(という事は、源泉はかなり冷たいのかな?)

西ノ市温泉「蛍の湯」_20170617

少しだけサウナと水風呂も楽しんで、車中泊前の入浴はバッチリ。露天風呂に入れないという残念な点はあったけど、トータルで言えば十分満足のできるものでした。

ただ、脱衣所のエアコンがあまり効いておらず、かなり暑い思いをしたのももう一つの残念なポイントかな。

大浴場の出入り口のドアをきちんと閉めない人が多く、(最近、この基本が出来ない大人が意外と多い)大浴場の熱気が脱衣所に入って一層エアコンの効きが悪くなっているような気がしました。

ある意味、利用する客の自業自得の感も否めないんですけど。

開けたドアはしっかり閉める。これ、基本というか最低限のマナーですよね。(体を拭かないままベチョベチョで脱衣所に上がる大人も最近、あちこちで見かける)

ということで、温泉で入浴を済ませたら再びキャンプ場へ。(17:30頃)

調味料の一時置き場_20170617

サイドオーニングを広げ、車中泊キャンプの準備に取り掛かりました。

先程までいた道の駅の駐車場よりも遥かに涼しくて快適。キャンプ場を利用するメリットは、こういったところにもありますね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/06/17 -IKEAでモーニング&車中泊&ジブリ-

無料キャンプ場で景色を楽しみつつ網焼きを2017/08/01 07:15

長太郎貝を焼く_20170505

「ひろめ市場」を出発した後は、進路を西へと移動。途中、道の駅やスーパー、「久礼大正町市場」などで買い物を楽しんだ後、温泉へと向かいました。

そこで入浴を楽しんだ後は、いよいよ車中泊地へ。

高知県に来るとよく利用させて頂いている、海沿いにある無料キャンプ場です。

穴場なのでゴールデンウィークでも混雑なし。予約も利用料も無料でオートキャンプできるので、毎回有難く使わせて頂いています。

無料キャンプ場で車中泊キャンプ_20170505

トイレも綺麗に管理されていますしね。無料でこのレベルはかなり貴重と言えるでしょう。

なので、ブログでキャンプ場の名前を公表する事はできません。あしからず。

さて、キャンプ場に到着したら先ず、場所を決めてからサイドオーニングをセッティング。空間を広げる意味で、タープを連結させました。

今回のゴールデンウィーク旅から(実際にはその前の週のお試しキャンプから)この組み合わせで使っていますけど、実用性バツグンですね。

炉ばた大将をセッティング_20170505

サッと広げて寛ぎの空間ができる様は、まさに快適そのもの。

設営に時間がかからないので、到着したらすぐに晩酌を始める事ができます(笑)

道中の道の駅で買っていたご当地焼酎を取り出して、カミさんと乾杯。

土佐焼酎の海援隊とBluetoothスピーカー_20170505

BluetoothスピーカーでJAZZを奏でれば、二人だけのビーチサイドカフェの完成です。

椅子に座ってボ~ッと海を眺めながら喉を潤すと、何とも言えず心地良い。毎回、これを楽しみにここに来ています。

いつでも車中泊ができるキャンピングカーの車内からも、この海を眺める事ができて。

車内からも見える海_20170505

旅先の一等地とはこの事を言うのではないでしょうか。

これは車旅だからこそ、得られる楽しみですね。この喜びは、ホテル泊では味わえません。

車を駐めたその場所が、自分たちにとってのベストポジション。キャンプ場であれば、誰にも邪魔される事はありません。

窪川麦豚焼肉用_20170505

この景色と空気感を楽しみつつ、徐々に夕食の準備に取り掛かる私達。

この日の夕食は、高知県産の「窪川麦豚焼肉用」や、いつもこの辺りに来ると買っている「長太郎貝」がメインです。

それを「炉ばた大将」で網焼きして食べようというワケ。

うつぼの唐揚げ_20170505

なお、用意しながら頂くオツマミは、「うつぼの唐揚げ」です。

これは高知県ならではの惣菜といったところでしょうか。海のギャング、ウツボの唐揚げはまるで鶏肉のように弾力があって美味しいです。

土佐清水産、「宗田節ごはんのおにぎり」も加え、高知県の美味しいグルメに囲まれての夕食スタートとなりました。

炉ばた大将で長太郎貝_20170505

長太郎貝は、殻ごと網焼きして頃合いを見ながらひっくり返して。フタが開けば、それを取り除いて焼いていきます。

この辺りの作業は、殻付き牡蠣を焼くのと同じですね。なるべく、貝から出るジューシーな汁は零さないようにします。

ジューシーな長太郎貝_20170505

そして焼きあがった「長太郎貝」。食感はホタテで味は牡蠣。メチャ旨し!

これは「久礼大正町市場」近くの露店で売られている、1袋8個入りで1,000円のもの。以前は10個入りだったので実質値上げされましたが、それでも安いですよね。

この辺りに来ると、これは外せません。

窪川麦豚をマキシマムで_20170505

そして、一通り「長太郎貝」を焼き終えたら焼肉タイム。

「窪川麦豚焼肉用」にマキシム(宮崎県のご当地スパイス)を振りかけて焼いていきました。

これも上品な味でメチャ旨し!

旅先で楽しむ、網焼き。「炉ばた大将」はこういったシーンでホント、重宝しますね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/05 -GW2017 四国放浪 車中泊キャンプ旅-

キャンプ場なら公共の駐車場でNGが全てOKに2017/07/27 07:15

朝のキャンプ場風景_20170505

雨が降っていましたし、翌朝は出発を優先させたかった事から、夕食時に展開していたキャンプ道具は全て片付けてから、車中泊をしていました。

キャンピングカーなら、ちょっとした朝食なら車内でとれますからね。かえって車内の方が、テレビを見られたりして良かったりします。

生憎、こちらのキャンプ場では電波状態が良くなく、見られませんでしたけど(^^;

スライドドア全開_20170505

キャンプ場ならでは。

ドア全開で換気をしつつ、外の空気を感じながら食事を楽しむ事ができました。

「雨だからこそキャンプ場を選んだ」といった記事を少し前に書きましたが、こういった部分もキャンプ場を利用するメリットです。

朝のWalk2_20170505

サイドオーニングを少しだけ出しておけば、出入りの際に雨に濡れる事もありませんし、そのまま野外に靴を置いていても平気です。

これがもし、公共の駐車場であったとすると?

RVパークを除き、これらの行為は全てNGですよね。

それがOKなのが、キャンプ場という事です。

ジェットボイルとリフィル_20170505

少々お金を払っても、堂々と車中泊を、そしてその付加価値を楽しめる。

自分にとって、キャンプ場を利用するこれ以上のメリットはありません。

何度も書いていますが、キャンプ場だからといって野外活動をする必要はなく。上手にキャンプ場である事のメリットを活用すれば良いのです。

車内で朝食_20170505

スライドドアをフルオープンし、サイドオーニングを展開した車内はまるでテラス席のよう。

こういった楽しみ方も、キャンプ場ならではと言えるでしょう。

道中の道の駅等で買っていた三角パンやサンドイッチを取り出して、小鳥のさえずり声を聞きながらのモーニング。

三角パンとサンドイッチ_20170505

車中泊キャンプの朝の、至福のひと時です。

なお、こちらのキャンプ場ではゴミを分別して捨てる事もできました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/05 -GW2017 四国放浪 車中泊キャンプ旅-

雨だからこそ車中泊地にキャンプ場を選んだ2017/07/25 07:15

安田川アユおどる清流キャンプ場で車中泊キャンプ_2_20170504

この日は雨だったので、車中泊地は道の駅でも良いのでは?と思っていました。

天気が悪ければ野外活動無しの車内だけになる筈ですし、それならキャンプ場を選ぶ優位性があまり見当たりませんからね。

近くにRVパークや湯YOUパークも無かったので、ほぼこの路線でいくつもりでした。

が、しかし待てよと。雨の日だからこそむしろ、キャンプ場に早く到着してマッタリするのもアリではないか?と。

雨の日ならゴールデンウィークでもキャンセルが出ている筈だし、それならキャンプ場でも空きがある筈。

むしろ混雑しないで寛げるのでは?との思いから、以前にも利用した事がある近くのキャンプ場に電話をしてみる事にしました。

すると? オートサイトに空きがあるというではないですか! この瞬間、車中泊地はキャンプ場に決定です。

輝るぽーと安田_20170504

そうと決まったら、先ずは買い出し。立ち寄った先は、「輝るぽーと安田」です。

本当はもっと手前でスーパーにも寄っておきたかったのですけどね。生憎、ルート上にスーパーが無かったので、最後の砦としてここを選びました。

スーパーほどの品揃えは無いけれど、ちょっとした食材なら入手可能。産直市なので、地元の惣菜もそこそこ揃っていて助かります。

お昼時であれば、弁当類も豊富な「輝るぽーと安田」。この辺りは特にお店が少ないので、車旅では何かと便利に使わせて頂いています。

そして、食材の調達を済ませたらキャンプ場へ! となるのですが、一旦は通り過ぎて温泉に向かう事にしました。

まだまだ早い時間でしたしね。車中泊キャンプ前には温泉に入っておく方が、絶対に快適。

馬路温泉_20170504

馬路温泉(コミュニティセンターうまじ)」です。

ここも私が好きな場所の一つ。この辺りに来ると決まって立ち寄っています。

馬路村にある宿泊施設で、日帰り入浴も可能。馬路村といえば柚子というくらいで、柚子を使った製品が豊富に揃うのも気に入っているポイントでしょうか。

柚子のあの香り。癒やされますよね。

また、日帰り入浴できる温泉の泉質が素晴らしいのも特筆すべきポイント。ヌルツルする浴感は、一度入るとヤミツキになる事間違い無しです。

安田川沿いの露天風呂にのんびりと浸かって、車旅の疲れを癒やして。いやあ、最高に気持ちのよい入浴タイムでした。

ごっくんソフトクリーム_250円_20170504

風呂上がりには柚子を使った「ごっくんソフトクリーム(250円)」を頂いて幸せ気分。

サッパリとした後味なので、甘いものを食べているという罪悪感がありません(笑)

これ、マジで美味しい! お風呂上がりに「ごっくんソフトクリーム」、オススメです。

そしてこの後はいよいよ、急遽予約を入れたキャンプ場へと移動。

このブログでは初めてとなるのかな?

10年ぶりくらいの訪問となります、「安田川アユおどる清流キャンプ場」です。

安田川アユおどる清流キャンプ場で車中泊キャンプ_1_20170504

コテージやAC電源付きの高規格サイトもあるけれど、今回利用させて頂いた写真の「キャンプサイトA」は、電源なしで一泊2,000円。

キャンプサイトとなっているけれど、車を横付けしてのオートキャンプが可能になっています。

これで2,000円って、凄く良心的だと思いませんか? これなら雨の日でも、キャンプ場に行こう!っていう思いになる訳です。

サイドオーニングを広げ、横雨対策でタープを追加して。

今宵の車中泊キャンプに向け、準備は万端です。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/04 -GW2017 四国放浪 車中泊キャンプ旅-




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator