当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

軽キャンとトイレのお話2012/11/06 23:40

福井キャンプ場のKONG_20120918

今回のキャンプ場での車中泊。トイレ前の場所を確保させて頂きました。
通常なら有り得ない場所ですけどね。
利用者が私達だけだったという事もあり、
大雨でも水捌けがよく、トイレへのアクセスが楽なこの場所を選びました。

このあたりが、トイレが常設されていない
軽キャンの痛いところですねえ・・・
車内にトイレが常設されていれば、
わざわざこんな場所を選ぶ必要はありません。

私、思うんですけど、旅を重ねれば重ねる程、
キャンピングカーにトイレが備わっている事の重要性を実感します。
トイレが常設されていて初めて、
自立可能なキャンピングカーとして成り立つのではないでしょうか。

まあ、最近では道の駅なども多くあってトイレに困る事はありません。
普通に旅する限り、それだけで事足ります。

でも、いざ悪天候下になった時には?
車内で全て完結できるのが理想。
シンクと同じく、わざわざ車外に出るのは億劫ですからね。
KONGの車内_20120918

過酷な自然環境下においても、衣食住が滞り無く行える車両。
それこそ、真のキャンピングカーといえるような気がします。

その点において、KONGはどうだろう?

寝ることだけに的を絞った単なる車中泊カーとは異なり、
ある程度は達成できているように思います。
それでも、トイレとなると・・・
一応、折り畳み式のポータブルトイレ(コーナンオリジナル)を
常備しているものの、これはあくまでも非常用。
日常的に使えるか?と言えば、そうでもありません。

だから、今回のような位置取りになったのです(苦笑)

やはり、常設のトイレは欲しいところですね。
悪天候になればなるほど、それを実感します。
ただ、軽キャン(しかもバンコン)の限られた車内で常設となると、
限りなく無理な相談になりますが・・・
(一人旅仕様の場合は除く)

さて、この日の朝食は、
前日の「巨大アサリの酒蒸し」から出たエキスを応用した特製スープ。
乾燥ワカメと乾燥ネギ、ソーセージを入れて温めたら絶品でしたよ^^
巨大アサリエキスのスープ

「千畳敷」で半額購入していた「めはりずし」も美味。
高菜の浅漬けの葉でくるんだこの地方独特の「おにぎり」の中には、
ごま、かつお節が入っています。
めはりずし

〆はもちろん、「金ちゃんヌードル」で(笑)
安くて美味いカップ麺。
それは間違いなく、「金ちゃんヌードル」でしょう。
金ちゃんヌードル

これが常備されていると、何故か幸せ気分になれます^^

2012/09/18 -5泊5日の車中泊南紀旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

軽キャンで過ごす最高の時間2012/11/05 22:35

完成した巨大アサリの酒蒸し

崎の湯」も駄目、「アドベンチャー・ワールド」も駄目、
千畳敷」も駄目ときたら・・・とっとと先を目指すのが賢明です。

でも、諦めきれなかったんですね。

「もし、翌日天候が回復したら?」という望みを残し、
敢えて先に進まず、昨日と同じあたりに車中泊をする事に決めました。
いわゆる、足踏み車中泊です。

私達の車中泊旅は基本、同じ場所に滞在する事はなく、
移動しながら新たな車中泊地を点々とします。
それなのに、「移動しない車中泊」を選択した私達。

諦めが悪いですね(笑)

それだけ、前述の場所には並々ならぬ思い入れがありました。
せっかく和歌山県まで来たのですから、手ぶらで帰る訳にはいきません。
名物の露天風呂入浴や、パンダ観光は是非ともしたい・・・

そこで、宿泊可否の確認を数件のキャンプ場に電話。
しかし残念ながら、一番近くにあったリーズナブルなキャンプ場は、
何回コールしても音信不通でした^^;
まあ、次の日は平日でしたからね。仕方ないでしょうね。

そんな中、快く私達を迎え入れて下さったキャンプ場がありました!
そのキャンプ場とは、「福井キャンプ場」。
大人一人600円、車一台600円という、
なかなかリーズナブルなオートキャンプ場です。

しかも、電話の対応がとても気持よく、
「風が強いけど大丈夫ですか?」とか、「雨が降っています」など、
現地の気象状況を教えてくださいました。

こういった情報は、本当に有難いです。
現地に到着するまでに、心の準備ができますからね。

ちなみに、チェックイン時刻をお聞きしたところ、
少々遅くなっても大丈夫との事。
「クルクル回っているお店が目印です」と仰っていました。
この時、「えっ? クルクル?」と意味がわかりませんでしたが、
後ほど現地に到着してみて納得。
管理人さんのご自宅は、床屋さんでした^^

さて、車中泊地が決まってチェックインを済ませたらほっと一安心。
そこから数キロメートル先にある温泉、
釜の崎温泉 「がまの湯 田舎宿川口」」で入浴をする事にしました。
釜の崎温泉 「がまの湯 田舎宿川口」

こちらの温泉、加温こそしているものの加水は無し。
PH9.1のアルカリ性温泉はお肌スベスベ、最高でした♪
和歌山県って、良質な温泉が至るところにあるんですね。

そして、車中泊前の入浴を済ませたら再びキャンプ場へ。
こちらのキャンプ場、入り口がとても狭いので、
軽キャンでもかなり気を使います。
おそらく、ハイエースのロングクラスだと入場は不可能だと思われます。

さて、キャンプ場に到着しても雨と風はおさまっていませんでした。
しょうがない・・・本日も車内で夕食か・・・
普通ならガッカリするところですが、この日は巨大あさりがありました。
とれとれ市場南紀白浜」で購入していた巨大あさり。
とりあえず、これをKONGのシンクで水洗いします。
巨大アサリを軽キャンのシンクで洗う

シンクが付いていて、本当に良かった・・・
こんな嵐の中、炊事棟まで行く気にはなれません。

そしてコイツをコッヘルの中に入れて酒を入れ、酒蒸しに!
巨大アサリの酒蒸しが完成しました~♪

おお! これは美味い! 美味すぎる!
大きくても、味は大味ではなく繊細。
生まれて初めて、こんなに大きいアサリの酒蒸しを頂きました。
しかも、車中泊の車内で(笑)

軽キャンで過ごすこの時間、最高ですね^^

2012/09/17 -5泊5日の車中泊南紀旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

※追記
「福井キャンプ場」は2014年をもって、営業を終了したそうです。




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator