にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

ココスで朝食バイキング→ほの湯で朝風呂!2017/09/23 07:15

coco'sの朝食バイキング_3_20170723

車中泊明けの朝食って、どうしようか迷いますよね。そんな時に便利なのが、早朝から営業しているファミリーレストラン。なかでも、バイキング等をやっている所は重宝します。

という事で、以前から気になっていた「ココス 井口店」に行ってみる事にしました。(24時間営業ではない)

車中泊をした「広島みなと公園駐車場」からは車で12分程度。朝食バイキングが開始となる、7:00到着を目指して出発しました。

coco'sへ_20170723

若干、到着が早かったですけどね。私達と同じ考えの方もチラホラと。7:00オープンと同時に入店です。

先ずは入り口のレジで朝食バイキングを利用する旨を伝えて。利用料金を支払います。(前払い)

料金は、平日が734円で土日祝日が842円。いずれも税込み、大人の料金です。(小学生以下はもっと安い)

なお、井口店は朝食バイキングを毎日やっているみたいですが、店舗によってはやっていない所もあるみたいですので、事前にココス公式サイトで確認されると良いと思います。

coco'sの朝食バイキング_1_20170723

最初、バイキングといってもどんな料理があるか分かりませんでしたけどね。意外や意外!下手なホテルの朝食バイキングよりも、美味しそうなものが揃っているではないですか。

種類豊富な野菜はもちろん、うどんまであって。唐揚げもあったのが、個人的には嬉しかったですね。(日によって異なるとは思います)

coco'sの朝食バイキング_2_20170723

なかでも、カレーライスの味が個人的にはストライク。スパイスの効いたホテルカレーといった味わいでした。

coco'sの朝食バイキング_4_20170723

これで税込み842円とはお値打ち。もちろん、ドリンクバーも付いています。

朝食をガッツリ食べたくなったら、近くのココスへ。それもアリだなあと思った、この日の朝食でした。

coco'sの朝食バイキング_5_20170723

写真には撮っていませんが、デザートやパンも豊富。

自宅からもう少し近ければ、週末の度に通ってみたいくらいでしたね。

そしてこの後は、朝風呂に入るべく「塩屋天然温泉 ほの湯 楽々園」へ。

塩屋天然温泉ほの湯楽々園_20170723

土日祝は朝の8:00から営業しているので、朝風呂にもってこい。(平日は9:00から)

数種類の湯船があって、特に源泉かけ流しの露天風呂がオススメ。茶褐色で塩分濃度の濃い泉質は、市街地にある温泉とは思えない程の良質泉です。

「ココス 井口店」で朝食バイキングを食べて、「塩屋天然温泉 ほの湯 楽々園」で朝風呂を楽しんで。充実した、車中泊明けの朝でした。

ちなみに、どちらの駐車場もキャンピングカー(キャブコン)OKです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/07/23 -広島みなと夢花火大会2017と車中泊 帰路編-

キャンプ場で手続きをしてから道の駅の温泉2017/09/01 07:15

サイドオーニングを広げて_20170617

福岡でIKEAと美味しいラーメンに満足した私達は、とんぼ返りのごとく山口へ。休憩で立ち寄ったパーキングエリアから、車中泊キャンプで都合の良さそうなキャンプ場を電話予約しておきました。

過去に何度か利用した事がある、「豊田湖畔公園キャンプ場」です。

オートサイトには十分空きがあるとの事なので、電源無しで3,200円のサイトを予約。サイトの指定は予約時、もしくは実際に現地で見てから可能になっています。

ただし、チェックインは17:00までと忙しめ。でもまあ、これは仕方ありませんよね。

キャンプ場に向かう途中、「道の駅 蛍街道西ノ市」に「西ノ市温泉 蛍の湯」という温泉があるけれど、取り敢えずそれは後回しにしてチェックインを優先(笑)

キャンプ場で車中泊準備OK_20170617

温泉に入ってからでも間に合いそうでしたが、急ぐのも嫌なので先にチェックインを済ませておきました。

なお、先にチェックインをした方が良い理由はもう一つあって。キャンプ場のチェックイン時に、「西ノ市温泉 蛍の湯」の割引券が人数分頂けるのです。(650円→500円)

つまり、先にチェックインを済ませてから温泉に行った方がお得というわけ。その為には、多少のUターン(車で片道15分くらい)は苦になりません(笑)

ちなみに、JAF会員証の提示でも割引になりますが、こちらは530円まで。なので、キャンプ場の割引券を使った方が良いでしょう。

と、ここまでは「俺ナイスじゃん!」といい気(笑)になっていたのですが、チェックイン後に「西ノ市温泉 蛍の湯」まで戻ってみて唖然。

露天風呂のご利用中止_20170617

なんと、男性の露天風呂が改修中で使えず、そのお詫びとして男性の入浴料金は一律500円に値下げされているではないですか!

つまり、この日は割引券が無くても男性は誰でも500円(笑) せっかく頂いた割引券でしたが、使えず紙屑になってしまいました(^^;

でもまあ、女湯のカミさんは650円から500円になりましたからね。一応、先にチェックインしておいて良かったという事になるのかな(笑)

肝心の温泉の方はというと、道の駅の温泉と侮ることなかれ。これがかなり良い泉質なんですよね。

ヌルツルのお湯はいつ入っても気持ちよくて最高。水風呂の方にも珍しく、源泉が注がれています。(という事は、源泉はかなり冷たいのかな?)

西ノ市温泉「蛍の湯」_20170617

少しだけサウナと水風呂も楽しんで、車中泊前の入浴はバッチリ。露天風呂に入れないという残念な点はあったけど、トータルで言えば十分満足のできるものでした。

ただ、脱衣所のエアコンがあまり効いておらず、かなり暑い思いをしたのももう一つの残念なポイントかな。

大浴場の出入り口のドアをきちんと閉めない人が多く、(最近、この基本が出来ない大人が意外と多い)大浴場の熱気が脱衣所に入って一層エアコンの効きが悪くなっているような気がしました。

ある意味、利用する客の自業自得の感も否めないんですけど。

開けたドアはしっかり閉める。これ、基本というか最低限のマナーですよね。(体を拭かないままベチョベチョで脱衣所に上がる大人も最近、あちこちで見かける)

ということで、温泉で入浴を済ませたら再びキャンプ場へ。(17:30頃)

調味料の一時置き場_20170617

サイドオーニングを広げ、車中泊キャンプの準備に取り掛かりました。

先程までいた道の駅の駐車場よりも遥かに涼しくて快適。キャンプ場を利用するメリットは、こういったところにもありますね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/06/17 -IKEAでモーニング&車中泊&ジブリ-

照葉スパリゾートで朝風呂。6~9時は600円2017/08/29 07:15

朝のキャンカーの車内_20170617

前乗り車中泊をした「古賀サービスエリア」では、午前5時頃に起床。それからトイレ等を済ませ、最初の目的地である「照葉(てりは)スパリゾート」を目指しました。

サービスエリアの次のインターチェンジ、「古賀IC」で高速道路を下りて。国道3号線を走行。

サービスエリアからの距離は、車で約30分程度です。

こちらの「照葉スパリゾート」は今年の2月に出来たばかりらしく、日帰り入浴はもとより簡易宿泊も可能。朝風呂(6:00~9:00)も600円で実施されているとの事なので、最初の目的地として決めていました。

実は、ここに来るのは今回で2回目。前回も「IKEA」を訪れた時に朝風呂で利用です。

施設が充実していて通常の入浴料金は結構するみたいですけど、前述の朝風呂タイム(6:00~9:00)は600円とリーズナブル。これを利用しない手はありません。

照葉スパリゾート_1_20170617

受付でリストバンドを受け取って、脱衣ルームへ。

ここで気をつけないといけないのは、「リストバンド」=「ロッカーキー」ではないという事。つまり、ロッカーは好きな場所を使っても良いという事です。

この日は生憎、露天風呂が改修中で使えなかったのが残念でしたけどね。(5/31~6/21)

それ以外の設備は、前回行った時と同じ充実ぶり。

全部ではありませんが、間仕切りされた洗い場があったり。アメニティー類も、シャンプー、コンディショナーが別々と充実。(ボディソープあり)

泡立ちが良くて上質な香り、高級感があるのも良いですね。これ、日帰り入浴施設を利用する上ではかなりポイントが高いです。

照葉スパリゾート_2_20170617

それから、比較的ゆったりとしているサウナルームと、「ぬるめ」と「冷え冷え」の2タイプが選べる水風呂も特徴の一つ。近くに住んでいれば、これを目的に訪れたいくらいです。

脱衣ルームに冷水機があって、エアコンがガンガンに効いていたのも湯上がりに気持ち良かったですね。

朝の6:00から利用できて、設備や備品も充実していて快適。何より、施設が新しくて清潔感に溢れているのが利用する上で嬉しいところでしょう。

極上の朝風呂タイムでリラックスする事ができました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/06/17 -IKEAでモーニング&車中泊&ジブリ-

旅の〆は筑豊ラーメン山小屋とホットかも!2017/08/09 07:15

よくばりラーメン_780円_20170507

愛媛県の大三島からは、「大三島フェリー」を利用して一気に広島県の竹原までワープ。その後は下道を通りながら、自宅を目指しました。

この時ちょうどお昼くらいで、どこかで昼食でも食べたいと思っていた所。竹原市街まで行くとある程度お店がある事から、そこを期待して車を走らせていました。

すると? あの「筑豊ラーメン山小屋」の、「パルティフジ竹原店」があるではないですか!

「筑豊ラーメン山小屋」は個人的に結構好きなのですが、広島には店舗が少なくてなかなか行けていません。その山小屋が、こんな身近な場所にあったなんて驚き。

もちろん、この日の昼食はここに決定。

ラーメン_630円_20170507

私が「よくばりラーメン(780円)」(トップの写真です)を注文し、カミさんがノーマルの「ラーメン(630円)」(上の写真です)を注文しました。

「よくばりラーメン」には煮玉子とモヤシがプラス。それ以外は「ラーメン」と変わらなかったかな?

約三ヶ月以上前の事で、メモも取っていなかったのでちょっと記憶が曖昧になっております(^^;

味の方もよく覚えていませんが、美味しかった事だけは確か。

ギョウザ_360円_20170507

「ギョウザ(360円)」の方も単品で美味しく頂きました。

とんこつラーメンの本場、筑豊ラーメンの味を広島に居ながらして味わえるのは嬉しい限り。

今調べてみたのですが、広島にある「筑豊ラーメン山小屋」は此処、「パルティフジ竹原店」のみみたいですね。

今度から山小屋の味を味わいたくなったら、ここに来よう。

替え玉_20170507

広島には他にもとんこつラーメンのチェーン店は多いけど、この山小屋の味は個人的に好きな部類に入ります。

最初の麺が無くなる前に「替え玉」を注文して、紅しょうが等を加えて完食。大好きなとんこつラーメンを頂く事ができ、大満足の私達でした。

そしてお腹を満たしたら、さらに車を走らせて東広島の「ホットかも」へ。

ホットかも_20170507

いわゆる、スーパー銭湯やアミューズメント施設が一緒になった、複合施設です。

お目当てはもちろん、スーパー銭湯の方。自宅に着く前にスッキリしておこうという事で、立ち寄りました。

10年以上ぶりくらいになるのかな?

泉質は至って普通。施設の方も特筆するものは無いのですけど、リフレッシュするには必要にして十分でした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/07 -GW2017 四国放浪 車中泊キャンプ旅 帰路編-

1泊2,000円!【しまなみ海道】のキャンプ場2017/08/04 07:15

南浦キャンプ場にwalk2_1_20170506

四国をぐるーっと5泊5日の車旅。今回は行き当たりばったりの旅にしたので、初日以外は行く所を全く決めていませんでした。

当然、車中泊地も未定だった訳で。

まあ、四国は何度も訪れているので、その辺は何とかなると思っていました。昔と違い、今は道の駅などもありますからね。

でもできれば、車中泊地でプチキャンプも楽しみたい。となれば当然、候補はキャンプ場となってくる訳です。

という事で、ルート上にあるキャンプ場をピックアップ。早速、以前にもお世話になった事があるキャンプ場に電話で確認してみると?

空きがあるとの事でしたので、当日の予約をお願いしておきました。

これで宿泊先の問題はOK。後はそこに行くまでに温泉があるか?です。

キスケのゆ 今治駅前店_20170506

幸いにも、しまなみ海道に乗る手前、今治駅前に「キスケのゆ 今治駅前店」がありました。

気になる駐車場の方も、平面駐車場だったのでキャンピングカーでもOK。ここで温泉に入っておくと、しまなみ海道を渡る途中でキャンプをする上で、何かと都合が良いです。

早めに温泉に浸かって、後はキャンプ場に向かうのみ。ここで温泉に入れたのは、本当にラッキーでした。

そして、しまなみ海道に乗って大島へ。予約していた「南浦キャンプ場」には、16時30分頃に到着する事ができました。

キャンプ場前の海_20170506

チェックインはなるべく、17:00までにして下さいとの事でしたからね。あの場所で温泉に入る事ができたのが、ここでも活きてきます。

キャンプ場の目の前には綺麗な海が広がっていて、ロケーション抜群。約5年前にここで、夏キャンプをしたのを思い出しました。

さすがにあの時は暑かったけど。ゴールデンウィークの時期であれば、気候的にも過ごしやすい。

あと、この日は私達以外にはもう一組と、夏場よりも利用客が少ないのも良かったですね。意外と、ゴールデンウィークは狙いかもしれません。(最終日だったからかな?)

入り口は直角_20170506

ただ、入り口の道路は狭くてキャンプ場の入り口もこのように直角に曲がっているので、長さと幅のあるキャンピングカーだと少し厳しいかもしれません。

ハイエースのナローボディ、ロングなら全く問題はありませんでしたけど。

トレーラーだとまず、入場不可だと思われます。

あと、サイトが砂地なので風が強いと厳しいかな。とは言え、地盤がゆるいといった事はありません。

キャンプ場でセッティング_20170506

と、色々と気を付ける点を述べましたけど、ここのキャンプ場の魅力は何と言っても、利用料金が安いという事でしょうか。

入場料は大人700円(宿泊の場合)。車の乗り入れが、一台600円となっています。

つまり、夫婦でオートキャンプを一泊した場合は、700円×2+600円で2,000円。

たった2,000円で、一泊のオートキャンプが楽しめるのです。(オープン期間:5月~10月)

海近くのサイト_20170506

有り難いですよね~。

以前に比べて入場料も車の乗り入れも100円ずつ値上がりしていましたが、それでも安いと言えるでしょう。

5泊5日のゴールデンウィーク車旅。

最終日の5泊目は、海沿いにあるとっておきのキャンプ場で車中泊キャンプです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/05/06 -GW2017 四国放浪 車中泊キャンプ旅-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator