にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

牡蠣祭りは先手必勝!軽キャンは最高の控室2017/04/11 07:15

殻付き牡蠣5個500円_20170226

この日のメインイベントは、「グリーンピアせとうち」で開催された「安浦かき祭り」。(約2ヶ月前の事を書いた記事です)

その為には宿を早めに出発する必要があって、午前8:30頃にはチェックアウトして現地へと向かいました。

宿から現地までは車で30分くらい。「かき祭り」は10:00からとなっていますが、入場するまでの混雑を避けたり、駐車場をスムーズに確保するには1時間前の到着が吉です。

この日は目論見通り、開催の1時間前に到着。比較的会場に近い場所に、車を駐める事ができました。

意外と早くから来られているお客さんが結構いて、皆さん会場へと向かわれていたみたいですけど。(理由は後で分かります) 私達は開催時間の少し前まで、軽キャンKONGの車内で過ごす事にしました。

軽キャンKONGで待機_20170226

まだまだ寒い時期だったけど、FFヒーターが備わっているので大丈夫。外で開催を待っているより、暖かい車内で寛いでいる方が遥かに快適です。

車内にはポータブルながら、テレビもありますからね。軽キャンなので当たり前ですが、サブバッテリーも備わっているので、これらの機器をエンジン停止の状態で使えます。

車内はまるで動く小部屋。毎度のことながら、車中泊以外でも頼りになるのは、軽自動車といえど、キャンピングカーとして作られているからではないでしょうか。

このあたりが、車中泊カーとは異なる点だと思います。

そして車内で時間を潰したら、頃合いを見て会場へ。

安浦かき祭り_20160226

まだまだお客さんは疎らでしたが、既に行列ができ始めている人気コーナーもありました。

この「安浦かき祭り」は、殻付き牡蠣を会場で買ってそのままバーベキュー!っていうのが人気みたい。その殻付き牡蠣を購入しようと、早くから行列に並ばれていたようです。

購入する列に並ぶ方と、バーベキューコーナーの場所取りをされる方。なるほど、この為に皆さん、早くから会場に向かわれていたのですね。

囲炉裏コーナー_20170226

殻付き牡蠣の購入は有料ですけど、バーベキューコーナーは無料(炭代も無料)

炭の用意や火起こし等は全て主催者側任せで、買ったばかりの新鮮な牡蠣を焼き焼きできるのですから、そりゃあ人気があるって訳です。

一瞬、私もグラッときたけれど。前日の牡蠣小屋とかぶるので、ここは我慢。1個100円の焼き牡蠣を購入するのみに留めておきました。


安浦かき祭り_2_20160226

アツアツの焼き牡蠣は、会場内に設置されたテーブルスペースで頂く事が可能。

1個100円と安いですし、焼いて下さるのでお手軽。炭火で大量に焼かれていくので、待ち時間も思ったより短くてよかったです。

ちょっと焼き過ぎで残念な感じなものもあったけど。サービスで1個オマケしてもらえたりと、お得感もナカナカのものでした。(写真は400円分)

焼き牡蠣_20170226

そして、私達の一番のお目当て、殻付き牡蠣は1袋5個入りで500円。自宅で蒸し牡蠣にしようと、3袋ほど購入しておきました。

その他には、近海産のヒオウギ貝が1袋500円であったので購入。サイズは小さかったですが、かなりの数が入っていました。

これも牡蠣と一緒に、地獄蒸しで頂くのが良さそうですね。

※関連記事 お鍋にのせて簡単蒸しプレートde地獄蒸し!

という事で、買い回りも何かと楽しかった「安浦かき祭り」。

牡蠣の磯辺風天ぷら_20170226

6ケ入りで500円と安かった、「牡蠣の天ぷら磯辺風」も購入しておきました。

テーブルスペースで頂くも良し、持ち帰るも良し。

早く会場に到着した事もあり、何のストレスも無く牡蠣祭りを満喫する事ができました。

因みに・・・

私達が帰る頃、会場入り口は入場待ちの車で数キロメートルの大渋滞に。牡蠣祭り等のイベント事はやはり、先手必勝が必須ですね。

軽キャン(キャンカー)で行っていれば、待ち時間を持て余す事もありません。

※余談
この日、早くから並ぶお客さんが多かった為、10:00スタートを切り上げ、9:40スタートとなりました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/02/26-野呂高原ロッジで3980円プラン2017-

旅先の産直市等で見つけ車中食で頂く楽しみ2017/02/21 07:15

軽キャンKONGで朝食_20161224

夕食が車内でしたから、朝食ももちろん車内で(笑)

朝食用にと買っていた鯛飯や惣菜、そして夕食の残り物をテーブルに並べ、7時頃から朝食としました。

鯛飯は前日の夕方に買ったもので、300円が220円と割引されていたもの。夕方に訪れる産直市やスーパーの惣菜売り場、好きです(笑)

鯛めし等_20161224

この鯛飯、炊き込みご飯に鯛の身が散りばめられて、朝食の一品にもってこいの美味しさでした。

朝に限らず炊きたてのご飯が欲しくなるところですが、旅先ではこのように、ご当地食材を使った炊き込みご飯等を買って頂くのもまた、楽しみですよね。

キャンプではご飯を炊くけど、旅先では基本、ご飯は炊きません。(長期車旅になると変わってくるとは思うけど)

鯛めし_20161224

それに合わせるおかずは、朝食らしく「高菜の卵乗せ」。

惣菜売り場で見た瞬間、「なんじゃこりゃ~!」と思いましたけどね(笑)

よくよく考えてみると、組み合わせ的には悪くないんじゃないでしょうか。目玉焼も漬物も朝食では定番ですし。それがくっついているだけ(笑)

高菜の卵乗せ_20161224

何より、手作りで安いのでこれを選びました。

そして朝食と言えば、欲しくなるのが「みそ汁」。

前日訪れた産直市で購入していたフリーズドライのみそ汁をマグカップに開け、ジェットボイルで沸かしたお湯を注いで頂きました。

インスタント味噌汁_20161224

これ、初めて見るパッケージで値段も安かったけど、具沢山で本格的! とてもインスタントとは思えないくらい、味噌の風味と味も良かったです。

確か「周ちゃん広場」という産直市で買ったものだと思いますが、次回行った時もあったら間違いなく買い!ですね。

これだから産直市めぐりとか、ご当地スーパーめぐりとか、堪りませんよね。色々見て歩いて発掘するのも楽しいですし、それを実際に食べる時も満足度が違います。

ジェットボイル_20161224

極端な話、私達の旅は観光地を訪れなくても、これだけでも成り立つくらい(笑)

「ご当地の食」を求め、旅を楽しんでいるような気がします。

ま、人それぞれ旅のスタイルがありますからね。観光地をまわる旅も良いものですし、たまには訪れてみたいとは思います。

ということで、少し前の記事で綴った「電源コードを忘れたので、運転席の窓を少し開けて延長コードを車内へ」の写真で〆たいと思います(笑)

運転席窓から入線する軽キャンKONG_20161224

見るからに不細工なのですが、機能的には問題ありませんでした(笑)

電源コードを忘れないのが一番ですけど、忘れてもこれで何とかなりますね。(ただし、サブバッテリーの充電はできない)

雨天でもサイドバイザーがあるので、雨が侵入する事は無いでしょう。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/24-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

ご当地食材尽し!快適な軽キャンで車内晩餐2017/02/20 07:15

今治産黒毛和牛あぶりビーフ_2_20161223

AC電源完備のキャンプ場なのに、車に接続する為の外部電源コードを自宅に忘れるという失態を犯してしまいましたが(笑)

何とか別の方法でリカバリーして、車内でセラミックファンヒーターを稼働。FFヒーターが使えないという状況下でも、車内を暖めつつ、夕食をスタートさせる事ができました。

私達にとっての夕食は、夕食というよりは酒のツマミ(笑)
前回の記事でも触れた通り、刺し身や惣菜などの簡単なものです。

今治港産地だい刺し身_20161223

まずは、今治港産の「地だい」刺し身。

夕方に訪れた「周ちゃん広場」という産直市にて、480円が半額の240円!(笑)
これは誰が見ても、買い!でしょう。

愛媛と言えば鯛、鯛と言えば愛媛ですからね。

半額と言えど、私が住んでいる近所のスーパーで見るものよりも、遥かに鮮度が良さそうで美味しそうでした。

今治港産地だい刺し身_2_20161223

実際に食べてみると、これが実に美味い!

コリコリ食感でほのかに甘く、さすがは瀬戸内海の鯛だなあと思える美味しさでした。

旅先でご当地食材を安くゲットして味わうという、まさに至福のひととき。これだから、車中泊キャンプはやめられません。

そしてこの日の主役というか、奮発して買ったのがコチラ。

愛媛県産クエ刺し身_2_20161223

愛媛県産、「クエ」の刺し身です。

これは先程よりも少し早い時間帯に、別の産直市場である「JAおちいまばり さいさいきて屋」で購入したもの。

さすがにまだ割引シールは貼られてなく、高級魚らしく1,000円と高額でしたが、普段はお目にかかる事すらできない代物。思い切って購入しました。

これはもう、文句のつけようのない美味しさ。私、生まれて始めて「クエ」を頂きましたが、上質な脂身たっぷりな割にはタンパクで、フグをさらに濃厚にしたような味わいでした。

高かったけど、買って良かった~(^^
この時点で、旅先気分を大満喫している私達。

しまなみ鶏もも唐揚げ_2_20161223

他にも「しまなみ鶏もも唐揚げ」や、「今治産黒毛和牛あぶりビーフ」もテーブル上に並べ、さらに焼酎が進むのでありました。

軽キャンのテーブル上に並ぶ、ご当地食材の数々。夢に出てきそうなほど、素晴らしい光景です(笑)

今回は買ったものを調理する事なく、キャンプ場なのに車内に引きこもってただ食べたり飲んだりするだけでしたが、これだけでも十分に楽しめました。

狭い軽キャンでも、夫婦二人だけならまるで個室居酒屋。焼酎は飲み放題です(笑)

今治産黒毛和牛あぶりビーフ_20161223

ポップアップルーフを開けてそこを荷物置き場として使ったので、一階のフロアには丸々居住スペースに。

ただ単に寝るだけならポップアップルーフが無くても何とかなりますが、二人で飲食したりして寛ごうと思うと、あるとやっぱり便利です。

何より、頭上方向の圧迫感が無くなるのが良いですね。

荷物置き場のポップアップルーフ_20161223
※扇風機に掛けた濡れタオルは、乾燥対策用(笑)

軽自動車という空間が限られた車では、その恩恵は絶大。

小さな車ほど、ポップアップルーフを付けるメリットは大きいと言えるでしょう。

ちなみに、冬の時期にポップアップルーフを開けると、上空から寒気(笑)が降りてくるのですけど。

この日はセラミックファンヒーターが頑張ってくれて、(同じタイプを2台持参)車内温度は午後9時前の時点で26.7度と、なかなかの暖かさを保ってくれていました。

車内温度は26.7度_20161223

確かに、天井付近は低めの温度でスースーしますが、頭が暖かくなり過ぎないのでむしろ好都合。温度調節の意味で、ポップアップルーフを上げる事もあるくらいです(笑)

ということで、久々に楽しんだ軽キャンでの車内晩餐は相変わらず快適。改めてこの車の良さを実感した、車中泊キャンプでした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

久々の軽キャン車中食で外部電源コード忘れ2017/02/19 08:18

野菜サラダと納豆_20161223

久々の軽キャンでの車中泊。忘れ物は無いよね?と、十分に確認して自宅を出発したつもりでしたけど。肝心な物を忘れていました。

今回車中泊をするのは電源付きのキャンプ場。なので、外部電源を車に接続すると、車内でAC電源が使い放題になる!という恩恵を受けられるのです。

しかし、ナント!!! 

その外部電源を引き込む為の専用の電源コードを、自宅に置き忘れたまま来てしまったのでした(笑)

軽キャンKONGの後ろバンパー部分には外部電源引き込み用のソケットがついていて、それ専用の電源コードを接続する事で、車内でAC電源を使ったり、サブバッテリーを充電したりできるようになっています。

しかしその、大事な電源コードを忘れてしまったのです。(通常は、自宅での充電用に使っています)

まあ、サブバッテリーがありますし、暖房もFFヒーターを使えば良いわけで、AC電源が特別に必要という事は無いのですけど。

暖房はモバイルセラミックヒーター_20161223

前回の記事で書きました通り、この日は我々だけの貸し切り車中泊キャンプでは無く。あまり大きくないキャンプ場で、他にもテントキャンパーの方がいらっしゃったのです。

という事は? 車外で動作音が気になるFFヒーターは使う事ができない。となると、保険で持参してきたセラミックファンヒーターを使う事になるのですが、そうなるとAC電源が必要になってきます。

これは困ったなあと、色々と検討した結果。原始的な方法でリカバリー。

運転席ドアから入線_20161223

運転席の窓を少しだけ開け、そこから延長コードを引き込んだのでした(笑)

幸いにも、この延長コード(10m)は専用の電源コードとは別にいつも車に常備しており。延長は必要の無いこのシーンで、外部電源引き込み用のコードとして役立ってくれたのでした。

まあ、コード分の隙間が窓にできてしまいますけど。換気と思えば問題ないでしょう(笑)
マルチシェードをセットすると、あまり気になりませんしね。

という事で、車内でセラミックファンヒーターが使えるようになり、食事も安心してとれるようになりました。

軽キャンKONGで夕食_20161223

300Wの小さなセラミックファンヒーターでも、意外と馬鹿にならなくて。軽キャンの狭い空間であれば、結構車内を暖めてくれます。

この時点で、車内温度は20度程度。冷たい野菜サラダや納豆も、難なく頂く事ができる室温です。

他にチョイスした食材も、刺し身や惣菜など、冷たいものばかり。セラミックファンヒーター様様といった感じでした。

キャンプ場なので火を使った温かい料理(鍋等)も可能だったけど、後片付けを含めて面倒。手っ取り早く、刺し身や惣菜類を選択したのでした(笑)

しまなみ鶏もも唐揚げ_20161223

特にタープを張ったり椅子を出したりする事もなく、暖かい車内に引篭り(笑)
これは軽キャンでも、車内で過ごせるキャンピングカーだからこそ、出て来る発想かもしれませんね。

普通、キャンプ場に来てまで、車内で引き篭もったりなんかしません(笑)

でも私達は、これで十分なのです。キャンプ場とは思わず、電源の備わったRVパークと思えば良いだけの事。(電源込で2,000円と安いですし)

愛媛県産クエ刺し身_20161223

何も、野外活動をする必要は無し。(っていうか、寒いのでしたくない(笑))

この日は現地で調達した「しまなみ鶏もも唐揚げ」や、愛媛県産「クエ」の刺し身など 、美味しいご当地グルメも、しこたま(たくさん)ありましたからね。

これだけあれば、車内宴だけでも十分に楽しめるです。(私達の場合)

数々のご当地グルメを目の前にして、焼酎が進むヘタレ夫婦なのでした(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

キャンカーこそ利用価値大!な格安フェリー2017/02/16 07:15

軽キャンで待機_20161223

今回の旅先は、愛媛県。広島県から行く場合は瀬戸内海を渡る必要があり、車で渡る場合は「しまなみ海道」又は「瀬戸大橋」といった橋を利用する方法と、フェーリーを利用する方法の二通りがあります。

で、今回利用したのはフェリーの方。

前のりとかの深夜移動ではなく、フェリーが運行時間内だったのと、少しでも安く楽に移動したい!という事でこの選択となりました。

途中から「しまなみ海道」を一部利用するものの、愛媛県の大三島まで激安で渡れる「大三島フェリー」がありますからね。

広島県の忠海港(竹原)と愛媛県の盛港(大三島)を約30分で結ぶこのフェリーは、土日祝日であれば「休日料金」が適用され、全同乗者込みで片道僅か1,650円ポッキリと格安!

軽キャンもキャブコンも、そして同乗者数に関係なく、全長6m以内の普通車であれば、この料金で乗船できるのです。

何度も当ブログで書いているので、「もう分かったよ」と言われるかもしれませんけど(笑)

それくらい、個人的には凄く気に入っているフェリーです。

途中、「うさぎ島」として有名になった「大久野島」に寄港する便もある事から、最近では車以外の利用客も増え、時間帯によっては運行に遅れが出る事もありますけど。

そのお陰でフェリーも低料金が維持できているのでしょうから、車で利用する者にとっても有り難い限りですよね。

以前は掘っ立て小屋(失礼!)のようだった事務所も、最近では綺麗な事務所に建てかわり。

忠海港_20161223

まるでお洒落なカフェ風の雰囲気になっています。

台数は少なめながらも、フェリー待ち用の駐車場もあって。

この日は出港までに時間がありましたので、車内で寛げる「キャンピングカー」という特性を活かし、待ち時間はここで過ごす事にしました。(トップの写真)

FFヒーターをつけ、テレビをつければまるで自宅のよう。軽キャンなので狭いですが、普通に車内で待機しているよりは遥かに楽ちんです。

待ち時間さえも、寛ぎの空間に変えてくれる軽キャン。車中泊やキャンプだけではなく、こんな場面でも大活躍してくれています。

フェリーに乗船した後も、そのまま休憩室に。

軽キャンでテレビ_20161223

多くのフェリーは運行中、車内に留まる事が禁止されていますが、運行時間が短い「大三島フェリー」の場合、そのまま車内に留まる事が許されています。

この日は大丈夫でしたが、「うさぎ島」へと渡る観光客でごった返す船内にいるよりも、むしろ小じんまりとした軽キャンの車内に居る方が、プライベート感があって快適だったりします。

ただし、トイレは無いので、利用したかったら最初から客室に移動しておく方がベストでしょう。

このあたり、トイレが備わったキャブコン等であればそんな事を考えなくても良いので、さらに快適度は増すでしょうね。

全長6m未満であれば、大きなキャンピングカーほど利用するメリットのある「大三島フェリー」。

オススメです。

因みに、四国へと渡る残りのルート、大三島ICから今治ICまでは、ETC利用の休日料金で普通車は1,310円。大三島フェリー料金の1,650円と合算しても、トータルで2,960円と格安です。

広島港(又は呉港)と松山観光港を結ぶフェリーは休日割引を適用しても、普通車であれば最低でも8,900円(呉港なら7,800円)かかりますからね。かつ、同乗者運賃は別途必要。

いかに、「大三島フェリー」を利用したルートが安くて楽なのか、お分かり頂けると思います。

※関連記事
同乗者無料!休日は1650円の大三島フェリー


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator