当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

ご当地食材尽し!快適な軽キャンで車内晩餐2017/02/20 07:15

今治産黒毛和牛あぶりビーフ_2_20161223

AC電源完備のキャンプ場なのに、車に接続する為の外部電源コードを自宅に忘れるという失態を犯してしまいましたが(笑)

何とか別の方法でリカバリーして、車内でセラミックファンヒーターを稼働。FFヒーターが使えないという状況下でも、車内を暖めつつ、夕食をスタートさせる事ができました。

私達にとっての夕食は、夕食というよりは酒のツマミ(笑)
前回の記事でも触れた通り、刺し身や惣菜などの簡単なものです。

今治港産地だい刺し身_20161223

まずは、今治港産の「地だい」刺し身。

夕方に訪れた「周ちゃん広場」という産直市にて、480円が半額の240円!(笑)
これは誰が見ても、買い!でしょう。

愛媛と言えば鯛、鯛と言えば愛媛ですからね。

半額と言えど、私が住んでいる近所のスーパーで見るものよりも、遥かに鮮度が良さそうで美味しそうでした。

今治港産地だい刺し身_2_20161223

実際に食べてみると、これが実に美味い!

コリコリ食感でほのかに甘く、さすがは瀬戸内海の鯛だなあと思える美味しさでした。

旅先でご当地食材を安くゲットして味わうという、まさに至福のひととき。これだから、車中泊キャンプはやめられません。

そしてこの日の主役というか、奮発して買ったのがコチラ。

愛媛県産クエ刺し身_2_20161223

愛媛県産、「クエ」の刺し身です。

これは先程よりも少し早い時間帯に、別の産直市場である「JAおちいまばり さいさいきて屋」で購入したもの。

さすがにまだ割引シールは貼られてなく、高級魚らしく1,000円と高額でしたが、普段はお目にかかる事すらできない代物。思い切って購入しました。

これはもう、文句のつけようのない美味しさ。私、生まれて始めて「クエ」を頂きましたが、上質な脂身たっぷりな割にはタンパクで、フグをさらに濃厚にしたような味わいでした。

高かったけど、買って良かった~(^^
この時点で、旅先気分を大満喫している私達。

しまなみ鶏もも唐揚げ_2_20161223

他にも「しまなみ鶏もも唐揚げ」や、「今治産黒毛和牛あぶりビーフ」もテーブル上に並べ、さらに焼酎が進むのでありました。

軽キャンのテーブル上に並ぶ、ご当地食材の数々。夢に出てきそうなほど、素晴らしい光景です(笑)

今回は買ったものを調理する事なく、キャンプ場なのに車内に引きこもってただ食べたり飲んだりするだけでしたが、これだけでも十分に楽しめました。

狭い軽キャンでも、夫婦二人だけならまるで個室居酒屋。焼酎は飲み放題です(笑)

今治産黒毛和牛あぶりビーフ_20161223

ポップアップルーフを開けてそこを荷物置き場として使ったので、一階のフロアには丸々居住スペースに。

ただ単に寝るだけならポップアップルーフが無くても何とかなりますが、二人で飲食したりして寛ごうと思うと、あるとやっぱり便利です。

何より、頭上方向の圧迫感が無くなるのが良いですね。

荷物置き場のポップアップルーフ_20161223
※扇風機に掛けた濡れタオルは、乾燥対策用(笑)

軽自動車という空間が限られた車では、その恩恵は絶大。

小さな車ほど、ポップアップルーフを付けるメリットは大きいと言えるでしょう。

ちなみに、冬の時期にポップアップルーフを開けると、上空から寒気(笑)が降りてくるのですけど。

この日はセラミックファンヒーターが頑張ってくれて、(同じタイプを2台持参)車内温度は午後9時前の時点で26.7度と、なかなかの暖かさを保ってくれていました。

車内温度は26.7度_20161223

確かに、天井付近は低めの温度でスースーしますが、頭が暖かくなり過ぎないのでむしろ好都合。温度調節の意味で、ポップアップルーフを上げる事もあるくらいです(笑)

ということで、久々に楽しんだ軽キャンでの車内晩餐は相変わらず快適。改めてこの車の良さを実感した、車中泊キャンプでした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

久々の軽キャン車中食で外部電源コード忘れ2017/02/19 08:18

野菜サラダと納豆_20161223

久々の軽キャンでの車中泊。忘れ物は無いよね?と、十分に確認して自宅を出発したつもりでしたけど。肝心な物を忘れていました。

今回車中泊をするのは電源付きのキャンプ場。なので、外部電源を車に接続すると、車内でAC電源が使い放題になる!という恩恵を受けられるのです。

しかし、ナント!!! 

その外部電源を引き込む為の専用の電源コードを、自宅に置き忘れたまま来てしまったのでした(笑)

軽キャンKONGの後ろバンパー部分には外部電源引き込み用のソケットがついていて、それ専用の電源コードを接続する事で、車内でAC電源を使ったり、サブバッテリーを充電したりできるようになっています。

しかしその、大事な電源コードを忘れてしまったのです。(通常は、自宅での充電用に使っています)

まあ、サブバッテリーがありますし、暖房もFFヒーターを使えば良いわけで、AC電源が特別に必要という事は無いのですけど。

暖房はモバイルセラミックヒーター_20161223

前回の記事で書きました通り、この日は我々だけの貸し切り車中泊キャンプでは無く。あまり大きくないキャンプ場で、他にもテントキャンパーの方がいらっしゃったのです。

という事は? 車外で動作音が気になるFFヒーターは使う事ができない。となると、保険で持参してきたセラミックファンヒーターを使う事になるのですが、そうなるとAC電源が必要になってきます。

これは困ったなあと、色々と検討した結果。原始的な方法でリカバリー。

運転席ドアから入線_20161223

運転席の窓を少しだけ開け、そこから延長コードを引き込んだのでした(笑)

幸いにも、この延長コード(10m)は専用の電源コードとは別にいつも車に常備しており。延長は必要の無いこのシーンで、外部電源引き込み用のコードとして役立ってくれたのでした。

まあ、コード分の隙間が窓にできてしまいますけど。換気と思えば問題ないでしょう(笑)
マルチシェードをセットすると、あまり気になりませんしね。

という事で、車内でセラミックファンヒーターが使えるようになり、食事も安心してとれるようになりました。

軽キャンKONGで夕食_20161223

300Wの小さなセラミックファンヒーターでも、意外と馬鹿にならなくて。軽キャンの狭い空間であれば、結構車内を暖めてくれます。

この時点で、車内温度は20度程度。冷たい野菜サラダや納豆も、難なく頂く事ができる室温です。

他にチョイスした食材も、刺し身や惣菜など、冷たいものばかり。セラミックファンヒーター様様といった感じでした。

キャンプ場なので火を使った温かい料理(鍋等)も可能だったけど、後片付けを含めて面倒。手っ取り早く、刺し身や惣菜類を選択したのでした(笑)

しまなみ鶏もも唐揚げ_20161223

特にタープを張ったり椅子を出したりする事もなく、暖かい車内に引篭り(笑)
これは軽キャンでも、車内で過ごせるキャンピングカーだからこそ、出て来る発想かもしれませんね。

普通、キャンプ場に来てまで、車内で引き篭もったりなんかしません(笑)

でも私達は、これで十分なのです。キャンプ場とは思わず、電源の備わったRVパークと思えば良いだけの事。(電源込で2,000円と安いですし)

愛媛県産クエ刺し身_20161223

何も、野外活動をする必要は無し。(っていうか、寒いのでしたくない(笑))

この日は現地で調達した「しまなみ鶏もも唐揚げ」や、愛媛県産「クエ」の刺し身など 、美味しいご当地グルメも、しこたま(たくさん)ありましたからね。

これだけあれば、車内宴だけでも十分に楽しめるです。(私達の場合)

数々のご当地グルメを目の前にして、焼酎が進むヘタレ夫婦なのでした(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

キャンカーこそ利用価値大!な格安フェリー2017/02/16 07:15

軽キャンで待機_20161223

今回の旅先は、愛媛県。広島県から行く場合は瀬戸内海を渡る必要があり、車で渡る場合は「しまなみ海道」又は「瀬戸大橋」といった橋を利用する方法と、フェーリーを利用する方法の二通りがあります。

で、今回利用したのはフェリーの方。

前のりとかの深夜移動ではなく、フェリーが運行時間内だったのと、少しでも安く楽に移動したい!という事でこの選択となりました。

途中から「しまなみ海道」を一部利用するものの、愛媛県の大三島まで激安で渡れる「大三島フェリー」がありますからね。

広島県の忠海港(竹原)と愛媛県の盛港(大三島)を約30分で結ぶこのフェリーは、土日祝日であれば「休日料金」が適用され、全同乗者込みで片道僅か1,650円ポッキリと格安!

軽キャンもキャブコンも、そして同乗者数に関係なく、全長6m以内の普通車であれば、この料金で乗船できるのです。

何度も当ブログで書いているので、「もう分かったよ」と言われるかもしれませんけど(笑)

それくらい、個人的には凄く気に入っているフェリーです。

途中、「うさぎ島」として有名になった「大久野島」に寄港する便もある事から、最近では車以外の利用客も増え、時間帯によっては運行に遅れが出る事もありますけど。

そのお陰でフェリーも低料金が維持できているのでしょうから、車で利用する者にとっても有り難い限りですよね。

以前は掘っ立て小屋(失礼!)のようだった事務所も、最近では綺麗な事務所に建てかわり。

忠海港_20161223

まるでお洒落なカフェ風の雰囲気になっています。

台数は少なめながらも、フェリー待ち用の駐車場もあって。

この日は出港までに時間がありましたので、車内で寛げる「キャンピングカー」という特性を活かし、待ち時間はここで過ごす事にしました。(トップの写真)

FFヒーターをつけ、テレビをつければまるで自宅のよう。軽キャンなので狭いですが、普通に車内で待機しているよりは遥かに楽ちんです。

待ち時間さえも、寛ぎの空間に変えてくれる軽キャン。車中泊やキャンプだけではなく、こんな場面でも大活躍してくれています。

フェリーに乗船した後も、そのまま休憩室に。

軽キャンでテレビ_20161223

多くのフェリーは運行中、車内に留まる事が禁止されていますが、運行時間が短い「大三島フェリー」の場合、そのまま車内に留まる事が許されています。

この日は大丈夫でしたが、「うさぎ島」へと渡る観光客でごった返す船内にいるよりも、むしろ小じんまりとした軽キャンの車内に居る方が、プライベート感があって快適だったりします。

ただし、トイレは無いので、利用したかったら最初から客室に移動しておく方がベストでしょう。

このあたり、トイレが備わったキャブコン等であればそんな事を考えなくても良いので、さらに快適度は増すでしょうね。

全長6m未満であれば、大きなキャンピングカーほど利用するメリットのある「大三島フェリー」。

オススメです。

因みに、四国へと渡る残りのルート、大三島ICから今治ICまでは、ETC利用の休日料金で普通車は1,310円。大三島フェリー料金の1,650円と合算しても、トータルで2,960円と格安です。

広島港(又は呉港)と松山観光港を結ぶフェリーは休日割引を適用しても、普通車であれば最低でも8,900円(呉港なら7,800円)かかりますからね。かつ、同乗者運賃は別途必要。

いかに、「大三島フェリー」を利用したルートが安くて楽なのか、お分かり頂けると思います。

※関連記事
同乗者無料!休日は1650円の大三島フェリー


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

軽キャンで車中泊キャンプと松山旅 出発編2017/02/15 07:15

軽キャンKONGの車内で昼食_20161223

お待たせしました!

って、誰も待っちゃーいないか(笑)

本日からはいよいよ、車旅の記事です。
しかも! 当ブログの原点である、軽キャンでの車旅!

途中から、ホテル泊との合わせ技にはなるのですけどね(笑)

軽キャンのメリットを最大限に活かした旅の内容を綴っていこうと思います。

久々に掲載する、出発前の軽キャンのパッキングはこんな感じ。

軽キャンのパッキング_20161223

がっつりキャンプ!ではないので、ガラガラですね(笑)

小物整理用のソフトボックスも、空っぽです。

このソフトボックス、ある時はキャンプ道具入れに、そしてある時は買い物した物を入れたりと、車旅に限らず、何かと重宝している必需品。

昔はキャンプ用に専用ボックスを買ったりしていましたが、最終的にはこれに落ち着きました。

不要なら折り畳む事も可能。何より、このサイズ感が調度良いので気に入っており、軽キャンKONGはもとより、キャンカーのWalk2やフリードスパイクでも愛用しています。

自宅駐車場に3台駐車_20161223

生地がゴッツくなくて、場所を取らないのもGOOD!

自宅駐車場に3台全てを縦列駐車させると、長さ方向でギリギリ。バックドアを開けて荷物を積み下ろしする際には車を移動させたりと、何かと面倒なのですけど。

ソフトボックスを活用する事で、積み下ろしの煩雑さという点では軽減できています。(ホームセンターの工具売り場で入手可)

荷物の散らかりを防ぐだけでなく、運搬にも便利なのがソフトボックス。実は、自宅でのキャンプ道具整理にもこれを使っています(笑)

ということで、今回は愛車3台の中から軽キャンのKONGをセレクト。

道の駅たけはら_20161223

とある理由で、デルタリンク広島さんのサービス工場にピットインさせていたキャンカーのWalk2を午前中のうちに取りに行き、自宅に戻ってから再び、軽キャンKONGに乗り換えて出発しました。

一般道をコトコトと走った後に、「道の駅たけはら」に寄り道。

ここでの目的は、昼食です。

しかし、併設のレストランに私好みのメニューは無く、お値段も高かった事から、道の駅で弁当でも買って、軽キャンの車内で頂こう!という事になりました。

道の駅たけはらの弁当で昼食_20161223

買ったのは、「あなご天丼」と「牛めし」。

竹原特産の「峠下牛」が使われた「牛めし」はそれなりのお値段がしましたが、見るからに柔らかそうなお肉で食欲をそそそる一品。

「あなご天丼」の方は580円と、こちらはボリュームもあってお得感いっぱいの内容となっていました。

あなご天丼と牛めし_20161223

美味い!

ここに来る途中、コンビニ弁当も候補に挙げていましたが、それにしなくて良かった良かった(^^

「道の駅たけはら」特製のお弁当は、どちらも絶品の美味しさでした。

牛めし_20161223

私が知る限り、竹原特産の「峠下牛」を比較的リーズナブルに頂けるのは、確かこの道の駅くらい。

「道の駅たけはら」に立ち寄られましたら、「そういえばk-rvがあんな事を書いていたな?」と思い出して頂ければ幸いです。

「峠下牛」、美味いです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/23-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅 出発編-

ポップアップorハイルーフ?長所と短所は?2017/01/26 07:15

朝の軽キャンKONG_20161204

久しぶりに軽キャンでの車中泊でしたが、グッスリと眠る事ができました。

そりゃあ、ハイエースベースのバンコン、ウォーク2の方がベッド幅も広くて快適ですが、狭いキャンでも互い違いに寝れば、ベッド幅の狭いKONGでも2人は無理なく寝られます。(頭を同じ方向で寝るとキツイけど)

断熱材が入っておらず、この点でもウォーク2には一歩も二歩も及ばないけれど。セラミックファンヒーターをつけっぱなしにしていたので、朝起きた時の車内温度は28度程度ありました。

個人的に、冬場の快適温度は20度前後。なので、ちょっと暑いくらいでしたかね(^^;

とはいえ、寒いよりはマシです。

因みにこれは、二階のポップアップルーフと、一階のベッドスペースを付属の板マットを展開して間仕切り(遮断)した状態での温度。

ここを開け放っておくと、ポップアップルーフから冷気が下りてきて冷えます。つまり、先程の温度には到底、セラミックヒーターでは達しません。

あと、開け放っておくと、布地や天井の結露も半端ない。

それくらい、ポップアップルーフは全体的に断熱性に乏しいのです。(KONGの場合)

冬場はここを寝室として使うのは諦め、荷物置き場として割り切る方が懸命。夜間であれば、冷蔵庫代わりに使えるメリットもありす(笑)

因みに最近は、暖かい時期でもポップアップルーフは荷物置き場専用として使うようになりました。(もしくは、一階で食事をとったりする際の吹抜け空間)

歳を取ると共に、二階に上がるのが面倒になってきたようです(笑)

走行時は全高を抑え、いざ広げると車内は広々。立って着替えができたり、開放感も上々なポップアップルーフですが、以上のような欠点がある事もまた事実です。

このようなことから、新たなキャンピングカーはポップアップルーフではなく、ハイルーフという選択になりました。

ただ、これはこれで入れない駐車場があったりと、別の課題は出ています。

最近で言えば、久々に下関の「唐戸市場」に行ってみたいな~と思っているのですけど。ハイルーフのウォーク2で行くと、駐車場に困るんですよね。

近くにある駐車場は、高さ制限(2.1m)のある所ばかり。

少し離れると平面駐車場が無くは無いみたいですが、それも面倒くさい。

全高が2.0mを切るポップアップルーフ車の軽キャンKONGの場合、その辺りで悩んだ事はありませんでしたからね。街なかや観光地の駐車場でも、躊躇なく入っていける。

広さや利便性を得た代わりに、行き先が犠牲になったなあ、と思うのも正直なところです。

なお、ハイエースでも標準ルーフであればこの問題は克服可能ですが、さすがにそれでは圧迫感がありますし、収納スペースも激減します。(ハイルーフは高さの余裕だけではなく、常設できる収納庫も魅力)

ですので、私はハイルーフを選択しました。

キャンピングカーはこのように、それぞれに得意分野があって、大は小を兼ねないのが面白いところ。軽キャンとバンコンひとつをとっても、こんな感じですからね。

だから、どれを買おうかと迷うのだと思います。

因みに私は、軽キャンのコング(KONG)も、バンコンのウォーク2(Walk2 Type-C)も、買って良かった!と大満足しています。

高さ制限こそ異なるものの、両車に共通して言える事は、コンパクトで小回りがきく点 。(最小回転半径はKONGが4.1mで、Walk2が5.0m)

Walk2(ハイエースのナローベース)って実は、最小回転半径が5.2mのフリードスパイクよりも、ハンドルがよく切れるんですよ。

自分にとってこの「取り回しのし易さ」は、高さ以上に、キャンピングカーを選ぶ上での最重要ポイントとなっています。(以前乗っていた、最小回転半径5.7mのオデッセイで苦労したから)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/04-牡蠣買って車中泊キャンプin江田島-




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator