にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

炭火の魅力は楽しみ方が無限に広がる創造性2017/07/05 07:15

朝の車中泊キャンプ風景_20170423

日中は車内でテレビを見て過ごしたり、寝る前に少しだけFFヒーターをつけたりしましたが、105Ahのツインサブバッテリーは翌朝も元気いっぱいでした。

キャンピングカーの強みはと言うと、フラットで快適なベッドと、この電気等に代表されるようなインフラですかね。

ミニバン等で車中泊をしていた頃に比べ、それを強く実感しています。

軽キャンのKONGもそうですけど、思い切って早めにキャンピングカーを買っておいて正解。キャンカーライフを満喫中です(^^

サブバッテリーは元気いっぱい_20170423

さて、朝起きると焚き火台に炭火を着火。

チェックアウトを急ぐキャンプ場ではないので(17:00までOK)、朝食はのんびりと、炭火を囲んでそこで調理をしながら頂こうという事にしました。

今回のキャンプで大活躍している焚き火台の「ヘキサステンレスファイアグリル M-6500」には専用の金網が付属していて、調理面積が非常に広いので、そういった使い方にうってつけです。(座って調理できるのもミソ)

焚き火台でピタパンとソーセージ_20170423

二人分それぞれの「ちびパン」で目玉焼きを作りながら、ピタパンをトーストしつつ横でウィンナーを焼くみたいな。

異なる調理を一つの熱源で同時進行できるのが、焚き火台というか、炭火の魅力と言えるでしょう。

ツーバーナーなどでスマートに楽しむのも良いけれど、置く場所によって火加減を調整しながらの調理は、炭火ならではの楽しさと言えるかもしれません。

ちびパンでベーコンエッグ_20170423

これは、前日の夕食ネタとも被る部分があるのですけどね。

とにかく、炭火は工夫次第で如何様にも楽しめるので、創造性が広がるといった意味でも大好きな調理法となっています。

ちょっと前に、「炭火より鋳鉄グリルの方が焼肉は美味しい」と書きましたが、それとこれとは話は別。炭火の魅力はやはり、雰囲気を含めたトータルでのものでしょう。

ピタグラハムサンド_20170423

焚き火台一つで、ピタグラハムサンドの完成。

これ、朝食にぴったりの一品。以前にも書きましたが、生地として使っている「ピタグラハム」は常温で日持ちがするので、キャンプ食材として向いています。

少し食感が硬いので、そこは好みの分かれるところかもしれませんけどね。

味噌汁_20170423

ジェットボイルで沸かしたお湯でインスタント味噌汁を作れば、ちょっとしたモーニングセット気分。(スープの方が良かったかな?(笑))

そうこうしている間に、目玉焼きも出来上がりました。

ちびパンで目玉焼き_2_20170423

前日のアヒージョで大活躍した「ちびパン」は、目玉焼き調理にもうってつけ。調理後にそのまま、食器として使えるのも嬉しいですね。

熱と汚れに強い焚き火テーブルとセットで使うと、熱々でも鍋敷きが不要というのも好都合です。

私にとってこの「ちびパン」は、キャンプにおける神アイテム。炭火との相性も抜群です。

アジの味醂干し_20170423

ということで、最後は夕食で余った「アジの味醂干し」を焼いて。

夕食に引き続き、朝食でも焚き火台と炭火は大車輪の活躍でした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/22 -春の車中泊キャンプin岩倉ファーム 最終回-

焚き火台とちびパンでアヒージョを愉しむ2017/07/03 07:15

焚き火とキャンカーWalk2_20170422

今回、車中泊キャンプをした場所は近場の「岩倉ファームパークキャンプ場 」。Joyfullで朝食をとって買い物をした後、午前中には到着しました。

こちらのキャンプ場は自宅から近いですし、二人で一泊しても合計1,600円と安いので気に入っています。

実は、大人気の宮島からも比較的近かったり。広島観光ついでに車中泊キャンプをするにもオススメです。

チェックイン時刻に間に合わなければ翌日支払う事も可能だったりと、意外と車旅との相性が良かったり。

この先に道の駅もありますが、個人的にオススメなのはこちらのキャンプ場ですね。

オーニング下の快適空間_20170422

ただし、夏場はかなり多いですけど。

さて、キャンプ場に到着したらサイドオーニングをセッティング。日陰空間を広げる意味で、小型タープの「ポンタAir」を接続しました。

※関連記事
小型タープ【ポンタAir】をオーニングに連結

Fiammaの「オーニングハンガー」を使うと簡単ですね。オーニングとの間に隙間ができてしまいますが、加工いらずで手軽な点がメリットでしょう。

3mのサイドオーニングには、横幅2.5mの「ポンタAir」がピッタリ。この後のGW車旅でも大活躍でした。

ランチセッティング_20170422

サイドオーニングだけの時と違い、居住空間が広がってプライベート感が確保される感じが良いですね。

風除けや横雨対策にも効果を発揮してくれます。

たった一枚の布切れですが、その効果は抜群。あまりにも便利なので、もう一つ「ポンタAir」を買っちゃいました(笑)

山岳向けで薄手の生地なので、日除け効果は厚手の生地に比べて劣りますけどね。その分収納時にスペースを取らないので、気に入っています。

この日の昼食はこの空間でアヒージョ。

ちびパンでアヒージョ_20170422

焚き火台に炭をつけ、「ちびパン」を乗せて調理しました。

「ちびパン」って、アヒージョにぴったりなんですよね。このサイズ感と深さは、二人で楽しむアヒージョにうってつけです。

以前、たこ焼きプレートでもアヒージョを楽しんだ事がありますけど。使いやすさでは断然、「ちびパン」の勝ち。

焚き火台の上では場所を移動し、火力を調節します。

オリーブオイルに唐辛子とニンニク、アンチョビをいれてグツグツ煮たシーフードや野菜は、絶品の美味しさ!

炭火でアヒージョ_20170422

手間もかかりませんしね。

今年の正月に某地ビールレストランで頂いてからハマっているのですが、キャンプとの相性も抜群です。

焚き火台の隅でパンを焼いて、それをちびパン内のアヒージョソースに漬けて食べると、これまた絶品。一度で二度美味しいとはこの事です。

炭火はこのように、一つの熱源を同時に色々と工夫して使えるのが良いですね。少しだけですが、横で牛肉も焼いちゃいました(笑)

百均グッズと焚き火テーブル_20170422

「焚き火テーブル」の下には、100円ショップで買ったホルダーと共にティッシュボックスをくっつけているので、手が汚れても安心。

マグネットでくっつけるだけの簡単設置なので、大変重宝しています。

「焚き火テーブル」の下だと邪魔になりませんしね。この百均グッズはオススメです。

因みに、「ちびパン」のハンドルに付けているカバーは、300円ショップの「3COINS」で購入したもの。スキレット用に作られた汎用品ですが、これも良いですね。

焚き火_1_20170422

という事で、昼食の後は残った焚き火台の炭に薪を投入して、大人の火遊びタイム(笑)

ゆらゆらと揺れる炎を見ていると、何だか癒やされます。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/22 -春の車中泊キャンプin岩倉ファーム-

炭火より美味い?鋳鉄グリルで焼肉のススメ2017/06/27 07:15

鋳鉄グリルで焼肉_2_20170528

先月、お気に入りの鋳鉄グリルを使い、自宅のガーデンルームで焼肉を楽しみました。

この鋳鉄グリルは当ブログでも度々登場していますけど、ある意味、炭火よりもお肉が美味しく焼けるので特に自宅では出番が多くなっています。

野菜なんかは絶対、炭火で焼くよりもこっちで焼いた方が美味しいですね。

何故なら、野菜の水分を飛ばさずにしっとりと焼く事ができるから。炭火と並べて使った事も何度かありますが、美味しさの差は歴然です。

ま、これはある程度予想がつきますよね。

ピカピカの鋳鉄グリル_20170528

でも何故、お肉もこの鋳鉄グリルで焼いた方が炭火よりも美味しいのかといいますと?

その理由は自分でもよくわかっていないのですが、単なる平らな鉄板ではなく、並状に加工がしてあって、お肉に面ではなく線で熱が伝わるから美味しいのでは?と思っています。

この線で当たっている部分だけジュッと焦げ目が付く感じに焼かれ、そこが香ばしくて美味しいんですよね。

これはある意味、焼き網で焼く炭火焼きにも似ている感じがしますが、肉の脂がジワッと流れる分、ジューシーで美味しいのです。

鋳鉄グリルで焼肉_20170528

ま、これは好みもあると思いますけど、カミさんなんかは炭火よりもこの鋳鉄グリルで焼いた方が好きならしい。

因みに、自宅にはアルミがマーブルコートされたホットプレートもありますが、美味しさでは鋳鉄グリルの圧勝ですね。

鉄の風味や成分が、お肉の味をより一層引き立ててくれるのかもしれません。

ガーデンルームで焼肉_20170528

もちろん、鋳鉄なので扱いはマーブルコートされたホットプレートほど簡単ではないのですけどね。

鋳鉄のダッチオーブンと同じです。

油が染み込んでいないと焦げ付きやすいですし、使った後のメンテナンスを怠れば錆びたりもします。

実際、この鋳鉄グリルを購入した20年前くらいは、鋳鉄の扱いも知らない若造でしたので、何度も焦げ付かしたり、錆びさせたりしたものです(^^;

焼酎とロックアイス_20140528

でもその後、改めてメンテナンスし直してシーズニング。今では油がしっかりと染み込んで、最高のグリルへと成長を遂げました。

だから余計に、この鋳鉄グリルで焼肉をすると美味しく感じられるのかもしれませんね。

お肉だけではなくて、イカなどの海鮮を焼くのもお手の物。

さすがにタレを付けて焼くと焦げの塊ができたりしますけど。鉄に長年の油が染み込んでいるので、洗えば意外と簡単に落ちてくれます。

イカの照り焼きもOK_20170528

使えば使うほど成長し、扱いを間違わなければ一生ものとして使える鋳鉄製品。やはり素晴らしいですね。

炭火に勝る唯一の焼肉アイテムとして、我が家では長年重宝しています。

この製品は既に廃盤となっていて入手不可ですが、イワタニやイオンブランド等でも似たような製品が出ていますので、鋳鉄グリルでの美味しさを体験してみたい方には、購入をオススメします。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

20%オフでユニセラTG-IIIロングをゲット!2017/06/07 07:15

ユニセラTG-IIIロング_6_20170606

スポーツオーソリティの会員を対象とした、年に数回ある「会員様セール」。店内商品が15%オフになるのはあまりにも有名です。(現在も6月12日まで開催中)

私はよくこのタイミングで、ユニフレームやスノーピークの製品を購入。かなりお世話になっています。

が、世の中にはそれに勝るとも劣らない割引セールを実施しているスポーツショップがあるのをご存知でしょうか?

そう、あの「ヒマラヤ」です。

私、無料会員登録できる「ヒマラヤメンバーズ」に登録しているのですが、ナント! 年に1度、店内ほぼ全ての商品が20%オフになるクーポンをメールで発行しているのです!

今年は5/12~5/28がその対象期間(現在は終了)。特にこれといって欲しい物は無かったけど、「何か掘り出し物は無いかな?」と行ってきました。

すると?

以前からずーっと欲しかったけど、製造終了などで入手困難。入手する事自体を諦めていた、限定商品の「ユニセラTG-IIIロング」が店頭に陳列されているではないですか!

しかも残り一台!

ユニセラTG-IIIロング_1_20170606

すぐさま手に取り、レジへと並びました(笑)

もちろん、メールのクーポンを提示して20%オフに。

この限定商品を20%オフで手に入れる事ができるなんて、ある意味素晴らし過ぎますよね。(ロングは今年から再販されているみたい)

ヒマラヤは意外と穴場で、スポーツオーソリティでは会員様セールが開催されるとオンラインショップでも人気の「焚き火テーブル」等は在庫切れという事が良くありますが、ヒマラヤだと普通に何台も在庫があったりします。

しかも、15%オフを上回る20%オフ!

年に1回というのがあれですが、逆に言うと、年に1回もあれば十分ではないでしょうか。散財しなくて済みます(笑)

既に「ユニセラTG」の古いモデルを持っているので、さらにロングを買うのはある意味散財とも取られかねませんが、「標準サイズでは小さいな」と思うことがままあったのですね。

二人で使う分には良いけれど、両親を招待してBBQしたりする時には特にそう。その度に、「ロングが欲しいなあ」と思っていたのです。

ユニセラTG-IIIロング_2_20170606

その憧れだったロングを、お得に入手。先日、早速開梱してみました。

全てのパーツを取り出し、そして並べて。嬉しそうに、写真をパシャリ!(笑)

ユニセラTG-IIIロング_3_20170606

新しいから当たり前ですが、綺麗でピカピカ!気持ち良いですね。

BBQグリルなのですぐに汚れが付くだろうけど、これも既に持っている標準サイズ同様、アルミ箔でカバーして使うと汚れにくく、長持ちするかもしれませんね。

ユニセラTG-IIIロング_4_20170606

旧タイプではできなかった丸洗いも可能との事ですが、アルミ箔でカバーして使う方が、汚れが付着しにくく洗いやすいのは容易に想像がつきます。

なお、旧タイプは両サイドにもセラミックが付いていましたが、TG-IIIになってそこはステンレスのみになっていました。

これは賛否の分かれるところだと思いますが、「丸洗い」を考えるとこうなるのでしょうね。(本体側のセラミックは、丸洗いした後早く乾くのかな?)

あと、旧タイプ同様、専用の収納袋が付属していたのは嬉しいポイント。

ユニセラTG-IIIロング_7_20170606

分解するとコンパクトに収まり、バッグ状になっているので持ち運びも簡単です。(重量はそこそこあるけれれど)

これを書いている現在、開梱して組み立てただけでまだ実戦投入はしていませんが、今から使うのが非常に楽しみ。

焼き面積が標準サイズに比べて1,5倍になるので、網の片隅に小さな鉄板を置いて鉄板焼きコーナーを作ったりなど、色々と妄想が膨らみます。

カタクチイワシを焼く_20160811

※(標準サイズに鉄板を置いて使用した写真。鉄板は、「SOTO レギュレーターストーブ対応グリルプレート(遮熱板付き)板厚4.5mm」がピッタリです)

もちろん、両親等を招待してのBBQでも大活躍でしょうね。

焼き面積が広くなるので、冬場は殻付き牡蠣を焼いたりするのにもうってつけ。

ユニセラTG-IIIロング_5_20170606

贅沢に、ロングと標準を並べて使うのも面白そうですね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

小型タープ【ポンタAir】をオーニングに連結2017/04/23 07:15

サイドオーニングとタープを連結__8_20170422n

キャンピングカーWalk2納車後、始めてとなるゴールデンウィーク。そこでのキャンプ旅に備え、予行練習を兼ねて車中泊キャンプに来ています。

今回先ず試したかったのは、小型のタープとサイドオーニングとの連結。

ちょっとした目隠しや風除けとして使えるのではないかと、とあるタープを入手していました。

その、とあるタープとは、スノーピークの「ポンタAir」。山岳での利用に適した、小型のタープです。

もちろん、私は山岳で使うわけじゃないけど、そのコンパクトさは車旅で常備させておくのにも最適と考えたわけ。

サイドオーニングとタープを連結__6_20170422n

在庫処分か何かでかなり安くなっていたので、お得に入手する事ができました。

収納時のサイズ、11×21cmというのは、車に常備させておくのにももってこい。これくらいコンパクトであると、収納庫でも邪魔になりません。

そのコンパクトなタープと、サイドオーニングを連結させようという事です。

ただし、サイドオーニングもタープも、何も加工を施さないのが条件。手元にあるアイテムだけで、簡単に連結させる事にしました。

そこで登場するのが、Fiammaの「オーニングハンガー」。

サイドオーニングとタープを連結__2_20170422n

サイドオーニングのスリットに取り付けてハンガーとして使える純正アイテムで、軽キャンのKONGでも重宝している一品です。

これをサイドオーニングに取り付ければ、タープの固定金具としても使えるのでは?と思った次第。

案の定、セッティングも超簡単で、サイドオーニングとタープをジャストフィットさせる事ができました。

この手軽さなら、車旅での旅先でも十分使えますね。

ポールを立てるわけではなく、タープの端に100円ショップのゴムフックを引っ掛けてペグダウンするだけなので、一人作業でも簡単です。

サイドオーニングとタープを連結__3_20170422n

このタープを取り付ける事によって、風でタープが煽られ難くなるのもメリット。簡易的なタイダウンとしても機能しそうです。

実際にセッティングしてみると、日陰スペースが手軽に拡張できるのに大満足。思った通り、目隠しや風除けとしても有効でした。

サイドオーニングとタープの間に隙間ができる取り付けなので、雨天時には向きませんけどね。無加工の簡易取り付けなので、これは仕方無いでしょう。

サイドオーニングとタープを連結__4_20170422n

それよりも、こんな簡単な方法でサイドオーニングが拡張できる事に大満足。軽キャンのサイドオーニングよりはデフォルトでも広いのですが、さらに広くなって快適指数アップも間違いなしです。

実際、ゴールデンウィークでのキャンプ旅で出番があるかどうかは分からないけれど。事前に試せたのは、大きな収穫と言えるでしょう。

サイドオーニングとタープを連結__5_20170422n

ゴールデンウィークまで、あともう少し。

まだザックリとした行き先しか決めていませんが、今からとても楽しみです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator