にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

品数多く美味!法華クラブの朝食バイキング2017/06/30 07:15

ホテル法華クラブ広島の朝食バイキング_20170416

私、夕食よりも朝食の方がどちらかというと、多く食べます。

ま、夕食は食べるよりも呑む方がメインというのもあるのですけどね(笑)

それよりも、夕食だとその後寝るだけなので無駄にエネルギーをとりたくないのに比べ、朝食は一日のスタートなのでなるべくエネルギーをとっておきたいというのも、朝食の方が多い理由かもしれません。

あと、夕食で食べ過ぎると太りやすいけれど、朝食だと少々食べすぎても太りにくいんですよよね。

ということで、「ホテル法華クラブ広島」に宿泊する時はいつも、朝食バイキングを楽しみにしています。

朝食バイキング_20170416

6:30の開場と同時に、朝食バイキングの会場へ。トップの写真が、この日一人で食べた朝食の量です。

いつもこの時間帯は空いているけど、珍しく団体の入店とぶつかって人は多め。バイキングに並ぶ人が多くてゆっくりと選べませんでしたが、食べたい物は何とか全て取る事ができました。

こちらのホテルの朝食バイキングは、そんじょそこらの温泉ホテルの朝食バイキングよりも豪華で品数が多いのが特徴。

それでいて、味付けも美味しいんですよね。

いつも忘れずに取っている「肉じゃが」なんかは、甘くてまるで家庭の味。

肉じゃが_20170416

これを食べられるだけでも、このホテルで朝食バイキングを頂く価値があるってものです。

他にも、プレートに取った「棒々鶏の観音青ネギソース」も絶品。地元の名産品、「観音青ネギ」がソースに使われているのもポイント高し!です。

小鰯の南蛮漬けや広島菜漬など、広島ならではの一品を頂けるのもこちらのホテルの特徴の一つ。地産地消にも抜かりはありません。

あと、ホテル法華クラブグループの、他の拠点の名物料理が頂けるというのも嬉しい企画かな。(郷土の味めぐり)

つくね汁_20170416

この日は福岡の、「博多水炊き風つくね汁」でした。

これ、あっさりかつ上品な鶏出汁で、メチャ旨し! いつもは具沢山の豚汁にする私ですが、他の味を楽しむ意味でもこれにして正解でした。

ホント、こちらのホテルの朝食バイキングは飽きが来ずに楽しめ、美味しくて最高です。

最後はちゃっかりと、デザートとコーヒーで〆ました。

デザートとコーヒー_20170416

これももちろん、バイキングに含まれるもの。

メロンや広島県産のみかんゼリーなど、デザートの質にも抜かりはありません。

次回もやっぱり、宿泊する時は朝食付きのプランにしたいですね。

ということで、お腹を満たしたら8:00頃から大浴場へ。ちょっと前の記事でも書きました通り、この時間帯の大浴場は空いていました。(利用は9:00まで)

そして、9:45頃にチェックアウト。

再び地ビールフェスタへ_3_20170416

そごうのLoftで買い物をしてから、再び「地ビールフェスタ in ひろしま2017」の会場へと向かいました。(11:15頃到着)

目的はもちろん、前日余ったチケット(4杯分)で地ビールを飲むため。

前売り券を買う際にお金は払っているのですが、会場ではチケットとビールを交換するだけなので、まるでタダ呑みのように楽しむ事ができました(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/16 -地ビールフェスタ in ひろしま2017-

ホテルの朝食バイキングと大浴場の順番は?2017/06/25 07:15

朝食バイキング_20170408

少々お値段が張っても「アーバイン広島セントラル」ではいつも高層階を予約するようにしているので、街中のホテルでも市電の音等に悩まされる事なく、熟睡する事ができました。

そして目覚めたらまず、朝食会場へ。

できれば最初にお風呂に入り、その後朝食にする方が都合が良いのですけどね。多分みんな、考えている事は一緒。逆のパターンにする方が空いているのは、今までの経験から立証済みです。

この日も案の定、6:40に朝食会場に行ってみるとまだガラガラ。ゆっくりと料理を取り、好きな席に座る事ができました。

カレーライス_20170408

ちなみに、大浴場に入れるのは6:00からで、朝食がとれるのは5:00から。仮に6:00すぐになってからお風呂に1時間ちょっと入り、それから朝食にしたとすると?

一番混み合う時間帯での朝食になるのは容易に想像がつきますよね。

朝食バイキングがあるホテルは何処もそうですが、早い時間帯に利用するほど空いています。

逆に、お風呂の方は早い時間帯ほど混雑する傾向に。多分、朝起きてすぐにお風呂に入るのは気持ちが良いけれど、すぐに食事をとる気にはなれないという事でしょう。

焼きそばお代わり_20170408

そういった意味からも、食事を早めに、お風呂は後からゆっくりと、がベスト。

ただし、バイキングではない温泉旅館等の場合にはこれに当てはまりません。そもそも食事を争う必要がありませんし、温泉旅館での醍醐味といったらやはり、朝起きてすぐの温泉ですからね。

さて、無料サービスの朝食は品数こそ多くありませんが、無料なのですから有り難い。カレーはお子様味ながら、焼きそばが意外と美味しかったのでお代わりさせて頂きました。

そしてカレーライスを食べ終わった後に、パンをプラス。フリードリンクでデザートまであるのですから、私のような朝食好きには堪りませんね。

コーヒーとヨーグルト_20170408

まだ早い時間で空いていた事もあり、ゆっくりと朝食を頂く事ができました。

そして食後は、楽しみにしていた朝風呂。メンバーシップに登録しているので、会員専用の大浴場を利用できます。

誰でも利用できるのではないので比較的空いていますし、ましてや時間をずらした8:00頃からの利用でしたので、大浴場に入った時は私一人のみでした。

その後、3名くらい入ってこられましたけどね。やっぱり、食事とお風呂の時間を逆にして正解。

Backerei Back_20170408

ということで、お風呂から上がって身支度を整え、時間を調整したらチェックアウト。(あまり早い時間にチェックアウトしても、お店が開いていない)

途中、初めて入るパン屋さんで美味しそうなパンを購入した後、「福屋 広島駅前店」へとやって来ました。

何故ここに来たのかというと、「第13回 RCCラジオ番組おすすめ 全国グルメフェスティバル」というのをやっていたから。

私もカミさんも、デパートで開催される食のイベントには目がないのです(笑)

太宰府八ちゃん味玉とんこつラーメン_800円_20170408

この日は福岡県の太宰府から「八ちゃんラーメン」が出店されていて、私達のお目当ては勿論それ。

10:30開始まで少し待ってから、一番乗りで「味玉とんこつラーメン(税込800円)」を頂く事ができました。

膜を張る感じのドロっとしたスープは獣臭く無く、それでいて深い味わい。細い麺はコシも上々で、今までイベント会場で食べたラーメンの中では一番美味しいような気がしました。

税込800円というお値段はおそらくイベント会場価格だとは思いますが、ずーっと食べたかった「八ちゃんラーメン」を食べる事ができて大満足。

紅しょうがをトッピング_20170408

やはり、本場のとんこつラーメンは美味しいですね。

まだまだお昼には早い時間でしたが、ペロッとお腹の中に入っていきました。

ちなみにこの時、私達の目の前ではRCCラジオの生中継が行われており。

テレビじゃなくて、ラジオで良かった良かった(笑)
(テレビだと男前が映ってしまいますからね)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/08 -Suchmosライブで広島せんべろ物語-

ホテルにチェックインしてSuchmosライブへ2017/06/23 07:15

宿にチェックイン_20170407

昼呑みを楽しんだ後はショッピング。そして16:00過ぎに予約していたホテル、「アーバイン広島セントラル」に到着しました。

こちらのホテルではメンバーシップに登録しているので、いつでも最安値で泊まる事が可能。いつも大体、一人4,000円ちょっとくらいで泊まれています。

夕食は付きませんが、朝食バイキングが無料である事を考えるとリーズナブル。メンバーシップであれば、大浴場が使えるのも嬉しいポイントですね。

また、24時間フリードリンクになっていて、ジュースやコーヒー等が好きな時に飲めるのも嬉しいサービス。ただし、飲むのは共用スペースのみで、部屋に持ち帰る事はできません。

この日もチェックインを済ませたら、先ずはそのスペースでなんちゃってウェルカムドリンクを。

ウェルカムドリンク_20170407

ここは朝、朝食会場としても使われ、新聞やテレビも見る事ができます。

なお、チェックイン時には冷水の入ったポットが何個か用意されており、これは部屋に自由に持ち帰る事が可能。

コンビニ等であらかじめ水のペットボトル等を買う必要がないのは有り難いですね。

さて、チェックインを済ませてフリードリンクを飲み、荷物を部屋まで運んで一息ついたら外出。

Suchmosのライブが行われる広島クラブクアトロ(広島パルコ)まで、徒歩で向かいました。

手元にあるチケットの整理番号は、600。(オールスタンディング)

つまり?

入場するまでには600番目の列に並ぶ必要があるという事です。

会場のキャパが700人くらいですから、チケットがSOLD OUTという事を考えると、ほぼ最後のあたりといった感じでしょうか(笑)

でもまあ、チケットが入手できただけでもラッキーだったと思います。

昼呑みで訪れたアイニティの方に聞くと、チケットが買えなかった知人の方も結構おられたみたいですからね。

今や「日本で一番ライブが観られないバンド」との声も挙がっているらしく。

CDに封入されていた先行抽選の特典を使い、当選できてラッキーでした。(1月に申し込んで、2月に当選発表)

来年も広島でライブがあるなら是非とも観に行きたいけれど、その頃になったらもっとチケットが入手困難になっているんだろうなあ・・・

因みにライブの方はというと・・・

すごい盛り上がりで最高でした!

クールな演奏だけど、音楽に対する姿勢が凄く熱くて。

とにかくカッコイイ。

CDとは一味違う、グルーヴィーなサウンドも良かったです。

年甲斐もなく、おじさんは弾けてしまいましたヨ(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/07-Suchmosライブで広島せんべろ物語

大山を眺めながら朝風呂。手作り朝食も絶品2017/06/17 08:05

朝食_1_20170402

共有スペースに薪ストーブがあったりなど、とにかく居心地の良かった「ペンション暖暖」。

地ビールレストランから戻って寛いでいると、オーナーの方がさりげなく薪を追加で入れて下さいました。

色々な宿に泊まってきたけれど、こんなにホッコリできる宿はなかなかありません。まるで自宅か別荘に居るかのようにのんびりとする事ができました。

そして部屋に戻るといつの間にか寝ていて、翌日は朝5時に起床。

自宅でもそうですが、旅先では特に楽しみにしている朝風呂に入る事にしました。

朝のお風呂_20170402

ちょっと前の記事で書きました通り、露天風呂の他にも2つの家族風呂(内湯)があって、空いていれば24時間入浴可能。

そのうちの一つはナント!

窓をのぞけば、大山を見る事もできるのです。

なんとも贅沢な入浴タイムですよね。(洗い場は2つ、浴槽は4人くらい入れる広さ)

徐々に明るくなってくる景色を眺めながら、至福のリラックスタイム。いつもの朝風呂よりも数倍心地の良い時を過ごす事ができました。

そしてお風呂から上がって出発の準備を整えたら、ダイニングにて朝食。7:30、8:00、8:30と開始時間を選べたので、出発を優先して7:30からにして頂きました。

朝食_2_20170402

3種類のパンはアツアツで、自家製のジャムは「りんご」「トマト」「ゆず」の3種類。(季節によって内容は変わります)

どれも手作り感いっぱいで、とても美味しいんですよね。ほんと、今度は朝食だけではなくて夕食付きプランでも泊まってみたいと思えるくらい。

玉子とベーコンをオーブンで焼いた感じのが料理が特に絶品で、あまりにも美味しくて食べ進めるのが勿体無いくらいでした。

朝食_3_20170402

※これは後から運ばれてきたスープ

正真正銘、洋食の朝食。

この内容なら、朝食は和食派の人でも十分満足できると思います。(私がまさにそう)

そして、美味しい朝食を頂いた後は8:40前にチェックアウト。

朝食時に宿泊者カードを渡し、チェックアウト時に支払いを済ませるようになっています。

さあ出発だ!_20170402

このあたりもペンションならではといった感じかもしれませんね。

さて、お世話になったペンションは早めに出発。

今回の旅の相棒は、フリードスパイクです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/02-春の大山Gビール飲み放題&観光'17

リゾート気分を満喫できる大山のペンション2017/06/15 07:15

宿に到着_20170401

観光や寄り道を楽しみながら、16時過ぎには予約していた宿「ペンション暖暖」に到着。例によって自作のタイムテーブルを活用した為、定刻通りの到着です。

タイムテーブルは車中泊キャンプの時間管理でも威力を発揮するけど、宿に泊まる旅でも効果絶大ですね。チェックイン可能となる時刻直後に到着でき、時間を有意義に使う事ができます。

なお、こちらのペンションを予約していたのは単なる宿泊手段ではなくて、「大山Gビール」での飲み放題を楽しむ為の拠点としたかったから。

ビールを飲むなら車は邪魔になりますし、その後宿泊する事を考えるとなるべく宿は近い場所にある方がベストですからね。

そういった意味でも「ペンション暖暖」などがある大山ペンション村はベストポジション。少し時間はかかりますが、「大山Gビール」までは徒歩圏内です。(25分くらい)

大山が見える客室_20170401

こちらの宿は昨年もお世話になっていて、居心地の良さとリゾート気分を満喫できる点が大のお気にい入り。今年も迷わず、ネットからポチッとこちらを予約しました。

今年は特に部屋の向きが良くて、窓の外を見るとそこには大山が!

電線がちょっぴり残念ですが、こういった環境の中で宿泊できるって最高ではないでしょうか。

オーナー手作りの客室はウッディで、まるで自分の別荘に居るのかと錯覚するほどの居心地の良さ。

ウッディな客室_20170401

オーナー夫婦の笑顔もまた、素敵で温かいです。

客室の冷蔵庫の中には無料で飲める水も用意されていたりして、その心づかいも嬉しかったり。

二重サッシになっていて外気が伝わりにくく、床暖房があるのも居心地の良さに一役かっていますかね。(別途冷暖房もあり)

トイレなんか全自動で、水回りも綺麗で凄く気持ちが良いんです。

内風呂とは別に、貸し切りで利用できる露天風呂があるのもこちらのペンションの特徴。

貸し切り露天風呂_20170401

30分単位と短いながらも、空いている時なら予約してから利用可能。お風呂の前にボードが用意されているので、そこに名前を記入して利用するようになっています。

この日は宿に到着した直後の16:30から利用。地ビールをたらふく飲む前に、体を綺麗に洗い流しておきました。

やはりどうしても、30分というのは少し忙しかったですけどね。(体を拭いたり服を着たりしているとあっという間)

ペンションに露天風呂があるというだけでも素晴らしい事ではないでしょうか。

因みに、内風呂の方は二箇所あって、こちらの方は空いていればいつでも利用可能。時間制限も特にありません。

薪ストーブのある共有スペース_20170401

ということで、お風呂から上がったら共有のスペースでホッと一息。

ウッディな客室のみならず、こういったスペースも雰囲気が良くて凄く居心地が良いんですよね。

まだまだ寒い季節でしたが、薪ストーブもあってホッコリと暖かく。

思わず、地ビールを飲みに行く事を忘れて根が生えてしまいそうになります(笑)

それくらいに快適で、気持ちまで暖かくなる「ペンション暖暖」。

以前にも書いたような気がしますが、いつかはこちらに泊まる事自体を目的に、二食付きのプランで訪れてみたいですね。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2017/04/01-春の大山Gビール飲み放題&観光'17

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator