にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

激安!1泊2食アルコール飲み放題バイキング2017/02/26 07:25

ホテルサンルート松山ですき焼き_20161224

今回の車旅。初日こそは軽キャンでの車中泊でしたが、次の日はホテル泊。しかも、そのホテル泊自体が旅の本当の目的でした。

では何故、ホテル泊が目的だったのかと言うと?

グルーポンでお得なプランが出ていたから(笑)

今までにも何度かそういったクーポンを購入し、今回は実は昨年のリピート。味をしめての利用となります。

だって、一泊二食付きが5,980円(土曜日はプラス1,000円)、しかも、夕食はすき焼き食べ放題にオーダーバイキング付き、アルコールも飲み放題!とくるのですから、思わず利用したくなるってものです。

朝食バイキングまで付いているのですからね。

2食分を単純計算しても、宿泊費分は微々たるもの。タダとは言いませんが、それに近い感覚があります。

何より、アルコール類が飲み放題というのが嬉しいところ。私達は終始、焼酎のロックでよろしくやりました(笑)

焼酎のロック_20161224

時間制限は2時間で、ラストオーダーは20分前。ですが、これだけあれば十分。むしろそれ以上あると、飲み過ぎ(又は食べ過ぎ)になる恐れがあります(笑)

焼酎以外にもビールやカクテルも揃っていて、飲み放題としたら申し分無し。オーダーしてから出てくるまでの時間も、遅くはなかったと思います。

飲み放題で重要なのは、オーダーしてから出て来るまでの時間。これが遅いと、話になりません。

ただ、私達はお代わりするペースが早いので、少し店員さんに申し訳なかったかな(^^; 最後頃はさすがに、ペースは落ちましたけど。

それにしてもこの、すき焼きのお肉の量の多いこと!

食べ放題のすき焼き_20161224

これ、既にいくらか食べて途中で撮った写真なのですが、それでもこんな感じにボリュームがありました。

この皿は初回分で、食べ放題なので何皿でもお代わりOK。若い頃ならもっといけていたと思うけど、さすがにお代わりは無理でした。

私達以外にももちろん、お客さんはいらっしゃって、何皿かお代わりされていたみたいですけど。よくもまあ、あんなに食べられるなあと、感心する事しきりでした(笑)

国産牛肉ではないと思うけど、値段の割には旨みがあって柔らかく、美味しい牛肉。割下の味も良く、十分満足して頂く事はできました。

しかし最後頃になると、「残してはいけない!」と、そればっかり気にして食べていたような気がします(笑)

とは言え、せっかくのオーダーバイキング付き。

オーダーバイキングの鰹のタタキ_20161224

悔いの残らない(どういう意味だ(笑))ようにと、ちゃっかり「鰹のタタキ」は注文しました。

これは別腹という事で(笑)

同じ味が続くとさすがに飽きてきますが、味が変わるとまた食べられるようになるので不思議。以前こちらで頂いた「鰹のタタキ」よりは、美味しかったような気がします。

という事で、〆に大好物のジントニックを頂き、2時間たっぷり楽しんでお開きに。ホテル内にあるレストランでの食事でしたので、後はエレベーターを使って部屋に戻るだけと、超楽ちんでした。

飲んだ後すぐに部屋に戻れるのが、宿でとる食事の良いところ。宿泊抜きのプランもありますが、面倒臭がりな私は宿泊付きの方が有り難いです。

ちなみに、翌朝の朝食バイキングはこんな感じ。

朝食バイキング_2_20161225

特別に豪華っていう訳では無く、品数もそこそこといった感じでしたが、欲しいものは生卵を除き一通り揃っていたので、満足でした。

何より、これだけの内容で5,980円(土曜日は1,000円プラス)って凄すぎますよね。

公式プランの方ですと、宿泊も朝食バイキングも無い、「アルコール飲み放題付きのすき焼き食べ放題&オーダーバイキング」のみで3.980円ですから。

現在は販売終了していますが、次回もグルーポンやポンパレ等、クーポンサイトをチェックしておきたいと思います(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/24-軽キャンで車中泊キャンプと松山旅-

ホテル法華クラブ広島で朝食バイキング♪2016/12/09 07:20

ホテル法華クラブ広島の朝食バイキング_20161030

この日宿泊した宿は、「ホテル法華クラブ広島」。

寝具等が快適。部屋が上質な割にはリーズナブルなので、広島市内で泊まる時には好んで利用させて頂いています。

なかでも、特に気に入っているのは朝食バイキング。
(夜は16:00から25:00まで、朝は06:00から09:00まで利用できる大浴場も気に入っているけど)
ホテル法華クラブ広島の朝食バイキング_2_20161030

和食から洋食まで、温泉ホテルと比べても勝るとも劣らないメニューがズラリと並びます。

毎回、この朝食バイキングが楽しみ。朝から好きな料理をお腹いっぱい頂けるのは、この上なく幸せなのであります(笑)

この日も、名物の肉じゃがは忘れずにチョイス。

ホテル法華クラブ広島の肉じゃが_20161030

お肉たっぷり、絶妙な味付けは、何度頂いてもほっぺが落っこちる美味しさです。

これ、朝食バイキングで頂ける肉じゃがのレベルを超えてるのでは?と思えるくらい。多分、手作りではないかと思われます。

そして、デザートが充実しているのもこちらの朝食バイキングの特徴。

ヨーグルト_20161030

ヨーグルトは好きな量を取る事ができ、上にかけるソースも好みのものを3種類くらいから選べるようになっています。

女子はもちろん、私のようなオヤジにも嬉しいサービス。

そしてさらに、パイナップルやメロンなど、果物まで食べ放題なのが嬉しいところ。(季節によって内容は変わります)

デザートのパイナップルとメロン_20161030

珈琲やソフトドリンクが飲み放題というのも、朝食バイキングならではの醍醐味でしょう。

これだけ頂けて、実質1,296円(税込)はお値打ち。(年末年始は料金が変更になります)

素泊まりも良いですが、時にはプチ贅沢を楽しんでみるのも良いですね。

因みに、朝食バイキングが頂ける時間帯は06:30~10:00(入店は9:30まで)となっていますが、早ければ早いほど空いています。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/10/18-ひろしまフードフェスティバル2016-

旅の中止を決定して朝風呂と朝食バイキング2016/10/31 07:15

朝食バイキング_1_20160919

祝日に有給休暇を絡め、今年最大の6連休にして臨んだ九州へのくるま旅。

前のり車中泊を除く最初の2泊こそ、「九州ふっこう割」を使って宿に泊まるプランを練っていましたが、その後の3泊は特に行き先を決めず、車中泊で回る予定でした。

ところが。そのプランを邪魔するかの如く迫ってきたのが台風。

何とか前半は大丈夫だったものの、中盤以降は「直撃するんじゃない?」といったルートで北上してきました。

九州を直撃する台風の怖さは、TV等で見て嫌というほど知っていますからね。無理をして旅を続けるのは得策では無い。

「逸れてくれ!」と連日のように願っていたけど。直前の予想進路を見る限り、誤差の範囲内で直撃も有りそう。

残念ではありますが、2泊目の朝。カミさんと協議した結果、旅の中止を決定しました。

自分達が元気であれば、またいつでも行く事ができますからね。今無理をして、「大丈夫か?」とドキドキしながら旅を続けるは、精神的にも健全ではない。

中止と決めてからは、不思議と気持ちが楽になりました。

ということで、最初で最後になるかもしれない、特別室の特別感を満喫。朝風呂は部屋に備わる、展望風呂に入る事にしました。(カミさんは大露天風呂へ)

朝風呂_20160919

別府最大級の大露天風呂があるけど、朝は入れ替わって女性用。屋上にある露天風呂、「空の湯」も夕食後に入っていましたからね。せっかくなので、特別室ならではの雰囲気を楽しむことに。

髭剃りなどもあるので、洗い場を独占できるこちらの方がむしろ好都合。温泉は前日に満喫していたので、これはこれでアリでした。

写真では分かり難いけど、徐々に灯りが点り始める朝の景色もなかなか。静かに湯船に浸かっていると、極楽気分に浸れます。

そんな感じで、朝風呂を満喫。身支度を整えたら、早めに朝食会場へと向かいました。

朝食バイキング_2_20160919

朝食会場でのメニューは、バイキング。

満室で会場の混雑が予想されるとの事でしたので、それを見越して食事が可能となる7時には到着。読み通り、この時間帯であれば好きな席に座る事ができました。

好きな席に座れるという事は、比較的混雑せずに好きな料理を取れるという事。思わず、取り過ぎそうになります(笑)

朝食バイキング_3_20160919

が、最近ではこの、朝食バイキングにも慣れてきていて。

バランス良く、色々な料理を取れたと思います。

前日の豪華な料理に比べればいたって普通。味的にも特にどうこう言うものではないですけど、朝のバイキングって個人的には好きです。

カミさんと、「どのルートで帰るかね~」と会話をしながらの朝食。

予定より早く終る旅の思い出を振り返りながら、ホテルでのひとときを味わいました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/09/20 -納車後初くるま旅は九州も台風が..-

超豪華グルメ!関アジと地獄蒸しを部屋食で2016/10/30 07:35

関アジの姿造り_2_20160918

大分県と言ったらブランド鯵の「関アジ」。そしてここ、鉄輪名物と言えばやはり「地獄蒸し」。

今回はナント! その両方を頂けるプランで予約していたのでした。

しかも! 食事を頂くのは自分達の部屋。部屋食です。

最上階の特別室っていうだけでも自分達にとってはあり得ないのに、夕食まで部屋食で豪華なのですから、まさに夢見心地のような気分でした。

関アジはもちろん、まるまる一匹を姿造り(活き造り)で頂いて。

関アジの姿造り_3_20160918

以前にも大分の居酒屋で姿造りを頂いた事がありますが、それを上回る美味しさでした!

厚切りの刺し身は身がコリッコリ。鯵自体の甘みもあって、食感と共に何とも言えない旨み。関アジ以外にも刺し身が盛合せてあったのも、ポイントが高かったです。

憧れのご当地グルメを現地の宿で頂けて大満足!

そしてこの間にもう一つのメイン、「地獄蒸し」が蒸されていきます。

地獄蒸し_1_20160918

おそらく、蒸しカゴの底に入っているのは鉄輪温泉の湯。ときおり、蒸気が香ってきます。

もちろん、「関アジ」や「地獄蒸し」以外にも料理は充実。

「地獄蒸し会席」なのですから、普通に会席料理のメニューも並びます。

部屋食_20160918

先ずは鮮度の落ちぬうちに「関アジ」を頂いて。そして、会席料理にも箸を伸ばす。

上品な鴨肉やアジの南蛮漬けなどは、酒のアテにもうってつけの一品でした。

鴨肉_20160918

アジの南蛮漬け_20160918

絶対にお酒が進むだろうからと、焼酎は丸々一本をボトルでオーダー。(大分と言えば麦焼酎)

25度の五合瓶(900ml)なので、夫婦2人だと余るだろう?と思われるかもしれませんけど。食事が終わる頃には、しっかりと空になりました(笑)

大分むぎ焼酎をボトルで_20160918

やはり、ボトルでオーダーしておいて正解。グラスだと、毎回お呼びするようにもなるので、飲むペースの早い私達には向きません(^^;

そしてこの頃になると、「関アジ」を完食。あまりにも美味しかったので、まだ生きているかのようなお頭を写真に収めました。

関アジのお頭_20160918

さすがは活き造り。目がまだ活きています。

この日は時期的に「関アジ」でしたが、涼しくなってきたら是非、「関サバ」も頂きたいですね。

仲居さんも、「関サバ」を食べたらその美味しさに驚くでしょう、とおっしゃっていました。

そして、温かいものは温かいうちに。茶碗蒸しが運ばれてきました。

茶碗蒸し_20160918

これも美味い!

座っているだけで、温かいものが運ばれてくるのって極楽。

目の前ではタイミングを見計らって、陶板焼きのコンロに火を付けました。

豊後牛の陶板焼き_20160918

陶板焼きの食材は、これまたご当地食材の「豊後牛」。

適度な赤身と脂身で、美味くないわけがありません。量的にも十分過ぎる以上あって、この時点で結構お腹はパンパンに。

豪華な食材の数々に思わず忘れかけていましたが、この後にはもう一つのメイン、「地獄蒸し」が待っているのです!

地獄蒸し_2_20160918

仲居さんが来られて頃合いを見て、蒸しカゴの蓋をオープン!

中には、これでもか!っていう量の食材が所狭しと並んでいました。

カニや豚肉、サザエや温泉たまごを始めとして、今回は特別に奮発した、伊勢海老も鎮座しているではありませんか。

地獄蒸し_3_20160918

これ、マジで食べ切れる?(^^;

今から食べ始めるくらいの量があるんですけど・・・(^^;

な~んて怯んでいると、会席料理の最後を飾るご飯類が目の前に。

ちりめん_20160918

思わす、「降参しました!」と言いそうでした(笑)

ボリュームがあるのはある程度予想していましたが、まさかこれ程の量とは。

いやあ、「おにやまホテル」。凄すぎます。

お吸い物_20160918

残念ながら完食とはいかなかったのですけど(私が残すのは珍しい。それくらいに凄いボリューム)、名物の「地獄蒸し」はやはり美味。

今度は欲張らずに、メインは1つにしておいた方が良いと思った、旅先での晩餐でした。

布団を敷いて_20160918

この後、カミさんはもう一度露天風呂に行って、私はお腹をパンパンに膨らませたままバタンキュー(笑)

翌月は健康診断だというのに・・・どうするの?(笑)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/09/19 -納車後初くるま旅は九州も台風が..-

温泉宿最上階の特別室は贅を尽くした空間!2016/10/29 07:45

おにやまホテル最上階_5_20160918

今回の旅の目的は、「九州ふっこう割」でお得に宿泊をする事。最大2万円の割引がありましたので、せっかくなので思い切って贅沢をしてみよう!という事になりました。

選んだホテルは、以前にも何回か泊まった事のある別府鉄輪温泉「おにやまホテル」。

ホテル自体は決して、高級なホテルではないのですけどね。このホテルで一番贅沢であろうと思われる、客室も料理も全てにおいて最上級のプランをチョイスしてみました。

おにやまホテル最上階_4_20160918

最上階に6室しかない特別室は、13.5畳+4.5畳と超広々。

基本、和室となっていますが、窓際にある洋室も4人が椅子に座って寛げるくらいの広さ。私達のように夫婦二人だと、持て余すほど広いです。

そして広いだけでなくて、全てが上質。

おにやまホテル最上階_6_20160918

床の間なんて今まで泊まったホテルの中で一番でしたし、まず、生けてある花が違いました。

床の間の生花_20160918

ここ、私達には不釣り合いだよなあ、と思えるくらい、とにかく贅を尽くした空間。

食事の時(部屋食でした!)仲居さんに聞いたのですけど、床の間にあるクッションソファーは、特別室の中でも数室にしか置いていない、高価なものとの事でした。

部屋の入り口からして既に違っていて、私ならここでも寛げそうだなあ、といった感じ(笑)

上り口_20160918

そして、さすがは最上階。湯けむりの上る別府鉄輪の町並みを一望する事ができました。

この景色には、カミさんと二人で感動。しばらく窓際で見とれていました。

ちなみに、真下に見えるのは別府地獄めぐりの一つ、「白池地獄」です。

部屋から見る湯けむりの景色_20160918

今回はしませんでしたが、「地獄めぐり」の拠点など、観光にも便利な立地なのであります。

それから驚いたのは、脱衣所というか、洗面ルームの広さ。二人同時に使えるように蛇口が二箇所備わっていて、鏡も一面に広々。

広い洗面&脱衣ルーム_20160918

とても部屋に備わっている洗面所とは思えない程、広々とした空間でした。

その空間を抜けて扉を開けると、これまた別府の町並みを一望できる浴室。

贅沢過ぎますよね。こちらは温泉ではありませんが、夜景を見ながら入浴なんていうのも最高だと思います。

部屋の展望風呂_20160918

ちなみに、トイレの写真は撮っていませんが、こちらもビックリでした。

ナント! トイレの扉を開けると男性用の便器があって、その先にさらに個室のトイレがあったのです。そう、共用のトイレのような感じで。

トータル床面積で言えば、下手なマンションより広かったのではないでしょうか。このような部屋に泊まらせて頂いて、本当に幸せ。

コーヒーとお茶請け_20160918

お茶請けだって、いつもの私達からしたらかなり高級。

洋室の椅子で寛ぎながら珈琲と共に頂いた後、ホテル自慢の源泉掛け流し温泉、大露天風呂へと向かいました。(大露天風呂の広さは別府最大級!)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/09/19 -納車後初くるま旅は九州も台風が..-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator