にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

無料キャンプ場は感謝の気持ちで2012/06/27 22:10

ゴミステーション

今回、車中泊キャンプで利用した「三堰キャンプ場」。
トイレはもちろんの事、炊事棟も完備。

なんと! ゴミステーションまでありました。

これで無料とは驚きです。
しかも、各施設はしっかりと手入れされ、
新しくはないものの、清潔さが保たれていました。

おそらく、地元の方が手入れされているのだと思います。

これは、利用させて頂く側のモラルが非常に大切ですね。
来た時より綺麗を心がけて、感謝する気持ちを忘れずに。

ちなみに、目の前は四万十川です。
四万十川

こんなロケーション、なかなかありません。
夏場は、川遊びやBBQ等でも賑わいそうですネ。
三堰キャンプ場

2012/05/04 -GW・高知と愛媛の4泊旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

炉ばた大将DX、旧型ですけど何か?2012/06/27 08:00

長太郎貝の網焼き

サイドオーニングの下で楽しむ夕食は、
炉ばた大将 炙家」の前モデル(笑)、「炉ばた大将 DX」による
「長太郎貝(ひおうぎ貝)」の網焼きです。

ちなみに、二代目となる「炉ばた大将 DX」は、
初代の「炉ばた大将」から数年前に買い替えたもの。
初代は知人に譲りました。

となると、最新モデルの「炙家」にいよいよ買い替えか~?
と想像できますが、「DX」ならではのコンパクトさが意外とお気に入り。
「炙家」になると、CB缶カバーの部分だけ大きくなりますからね。
圧電点火は魅力的なんですけど。
炉ばた大将DXスタンバイ

とりあえず、便利さよりコンパクトさを重視して
「DX」の方を使い続ける事にします。

と、自分なりに言い聞かせているつもりですが・・

やっぱり・・・

炙家」が欲しいなあ(笑)

さて、炉端焼き以外では、カミさんが切り分けてくれた鰹のタタキや、
道中で購入していた惣菜類をつつきながらの夕食。
全てが高知産、土佐三昧です。
こりゃー、堪りませんね~。
サイドメニューは土佐ずくし

特に、メインの「長太郎貝」は最高!

ホタテの食感に牡蠣の味。
一度食べると、ヤミツキになる美味しさです。
食べごろの長太郎貝

また来年も、同じ記事かな?(笑)

この後は、KONGに戻って軽く二次会です。
KONGで二次会

2012/05/03 -GW・高知と愛媛の4泊旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

LED照明と汎用オーニングフック2012/06/26 20:09

LED照明とKONGとサイドオーニング

夕食時の照明は、LED電球の「イカ釣り漁船一号」(写真左)と、
サンジェルマンの電池式LEDランタン(写真中央)、
エクスプローラーEX-777XP」の二本立てです。

たったこれだけで、最強クラスに明るいサイトを構築する事ができます。
特に、600ルーメン以上あるLED電球の明るさは強烈。
LEDランタンの「EX-777XP」とセッティング場所を変えて組み合わせる事で、
LED特有の直線的な光を軽減でき、
さらに体感的な明るさをアップさせる事が可能です。

LED系の照明を使う場合は、出来れば単体ではなく、
2個、3個と併用する事をオススメします。
ホント、驚くほど明るくなりますよ。

ちなみに、「EX-777XP」は、
フィアマの「汎用オーニングフック」に吊るしての使用。
このオーニングフックは、サイドオーニングのスリットに
スライドインさせるだけの簡単装着です。

私のサイドオーニングはオムニスター製ですが、
他社のフィアマ製でも問題なく取り付け可能です。

サイドオーニングを装着されているのなら、
何個か持っていても決して損はしない便利なグッズ。

例えば、コールマンの食器乾燥用ドライネット、
ハンギングドライネット」を吊るすのにも重宝しますよ^^

2012/05/03 -GW・高知と愛媛の4泊旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

軽キャンのリアゲートキッチン2012/06/26 08:00

リアゲートキッチン 2
無料の「三堰(さんせき)キャンプ場」に到着したら、
方角を確認してKONGを停車。(なるべく長時間日陰ができるように)
サイドオーニングを展開してプチキャンプ体制に突入しました。

この手軽さが、サイドオーニングの良いところです。
移動型の車中泊キャンプで、いちいちタープを設営するのは面倒ですからね。
イカ釣り漁船一号セッティング

LED電球の「イカ釣り漁船一号」も、サイドオーニングのアームに
クリップで挟んでワンタッチで設営完了。
電源はもちろん、ポータブル電源の「PG-421SP」から供給です。
リキュールとポータブル電源

あっ、高知ならではのリキュール類が写り込んでいますね。
これ、ソーダで割ってロックを入れて頂くと、最高に美味です!

そんなリキュールを嗜みながら、夕食の準備を開始。
カミさんは、KONGお得意のリアゲートキッチンで
鰹のタタキを切り分けてくれました。
鰹のタタキ

リアゲートキッチンの頭上には、今回から「ほおずき」をセッティング。
デッドスペースに100均のフックを取り付け、
小型ランタンをぶら下げ可能にしたDIYが功を奏しました。

この状態でもバックドアを閉める事ができ、
車内に居てもLEDランタンは全く邪魔になりません。
簡単なDIYですが、我ながらナイスアイデアだと自画自賛しております。

それにしても、長いギャレーに取り付けられたスライドテーブル。
このテーブルが抜群に使い勝手良好でして。
ある時は車内の中央にスライドさせて二人が寛げるちゃぶ台に。
そしてある時は、後方にスライドさせてリアゲートキッチンに。
リアゲートキッチン 1

まさに、車旅とアウトドアの両方を知り尽くした方による設計。

決して派手さはありませんが、痒いところに手が届くKONGは、
ミニマムキャンプを愛する私達にとって、
これ以上ない最高の相棒、そして軽キャンカーです。

2012/05/03 -GW・高知と愛媛の4泊旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

高知で車中泊するなら無料キャンプ場2012/06/25 20:41

三堰キャンプ場のKONG

のんびりとお風呂に浸かった後は、車中泊地に移動。
この日の車中泊地は、「三堰(さんせき)キャンプ場」です。
予約不要(というか、できない)でイン・アウトフリー、
利用料金が無料という、車中泊キャンプには持って来いの場所です。

いいですね~、高知県。
こういった無料のキャンプ場が至る所に存在します。
場所の選択は、その日の旅程次第。
(事前に、それなりの情報収集は必要ですけど)

まさに、車旅パラダイスと言った感じで、
アウトドア好きなら、敢えて車中泊地として
道の駅等を選択する必要は無いとさえ言えます。
アスファルトの上で一晩過ごすのと、土の上で一晩過ごすのとでは、
快適度は格段に違いますからね。

高知県に行ったら、P泊よりキャンプ場泊。

私の勝手な思い込みもあるかもしれませんが、
少しでもアウトドアが好きな方なら、車中泊地として
無料(もしくは格安)のキャンプ場利用を強くオススメします。

2012/05/03 -GW・高知と愛媛の4泊旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator