にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

温泉近くの無料キャンプ場で車中泊キャンプ2016/11/21 07:15

無料キャンプ場にキャンピングカー_2_20161008

温泉でリフレシュした後は、車中泊地に到着。高知県にある、無料キャンプ場です。

キャンプ場の名前と場所は公表する事ができませんが、徒歩圏内に泉質の素晴らしい温泉があってキャンプ場自体が無料なのですから、利用しない手はありません。

無料キャンプ場にキャンピングカー_1_20161008

ただ、少し寂しい場所にあって、この日の利用者は私達のみ。一人じゃなく、カミさんと一緒で本当に良かった(笑)

最初はビビリ気味だった私も、現地で調達した柚子入りのリキュールを開けると次第に気分が良くなってきて。

ギャレーに焼酎_20161008

予定通りサイドオーニングを開き、キャンピングカーの隣に二人だけの宴会場を設営し初めました。

このように、移動先でアッという間にキャンプ気分を楽しめるのがキャンピングカーの良いところ。キャンプ道具は全て収納力の優れた収納庫に収めているので、旅の途中でも邪魔になりません。

車中泊キャンプ_20161008

まさに、車中泊キャンプに適した車ですね。

もちろん、車内にはフルフラットで快適なベッドが備わっているので、テントを張る必要も無し。

前のリ車中泊も、キャンプ場での車中泊キャンプも、難なくこなせるのがキャンピングカーの良いところです。

この日は、「道の駅 かわうその里すさき」で購入していた藁焼き鰹のたたきと、スーパーで調達していた惣菜類で乾杯。

カツオのタタキ_20161008

焼き物などはしませんでしたが、外で食べるとやはり美味い。これだけでも、キャンプ場で車中泊キャンプをする甲斐があるっていうものです。

珍しくて思わず購入していた「イシモチ(ねぶと)」の唐揚げも美味。

イシモチ(ねぶと)_20161008

気分良く、旅先での晩餐を楽しむ事ができました。

翌日は早朝から出発する予定でしたので、食事の後はキャンプ道具を全て片付けて。車に戻って車中泊。

私達だけしかいないキャンプ場は、静寂に包まれていきました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/10/08-車中泊で四国旅。香川・高知・愛媛-

朝焼けの素晴らしい海岸を散歩して軽く朝食2015/11/18 07:00

朝日と軽キャンKONG_20150921

車中泊をした翌朝、キャンプ場前の海岸景色は見事なものでした。
昇ってくる朝日とともに、空は朝焼け。
生まれてこの方、ここまで美しい朝焼けは見たことがありません。

それを旅先のキャンプ場で見られるなんて。
早起きは三文の徳とは、この事でしょうか。

ただ単に、トイレに行くだけのつもりでしたが。
あまりにも景色が素晴らしかったので、カミさんを連れ出し。
紅く照らされた海岸沿いの道を散歩しました。
朝日_20150921
朝焼け_1_20150921
朝焼け_2_20150921

なんて幻想的な風景なのでしょう。

これだから車中泊キャンプはやめられません。
単なる車中泊ではなく、キャンプ=自然の中に身をおく事によって、
普段の生活では感じる事のできない、感動に巡りあう事ができます。

そして散歩から戻ったら、朝食の準備を開始。

実はこの後、是非とも行ってみたかった場所がありまして。
その為には、早い出発が必要不可欠。
そこで、調理&後片付けが簡単なカップ麺にしたのでした。
いつもの朝食_20150921
ジェットボイルで湯沸かし_20150921
きつねうどん_20150921

お湯はもちろん、アウトドアでの最速湯沸かしを誇る、
ジェットボイル PCS FLASH」にて。

3分もあれば十分、水から熱湯にする事ができます。
プチキャンプでの湯沸かしは、「ジェットボイル」一択でしょう。
時短の意味でも、その利用価値は高いです。

その一方では、パンや残り物の惣菜を「炉端大将DX」で温めて。
パンを温める_20150921
惣菜を温める_20150921

なんちゃってBBQのイメージが強い「炉端大将」ですが、
実はトースターとしての機能も秀逸。
パン焼きは勿論のこと、ちょっとした温め直しにも使えて便利です。

それはそうと、無料キャンプ場という立地にもかかわらず。
こちら、地デジの電波状況はなかなかの好条件でありました。

ワンセグだけではなく、フルセグでの視聴が可能。
テレビは良く映る_20150921

毎朝見ている「ZIP!」も、バッチリ映りましたしね(笑)

この時、「ああ、今日は祝日なんだ」と思うわけです。
「ZIP!」を見た後、出勤しなくても良い(笑)
これがどんなに幸せな瞬間かは、勤め人ならわかりますよね(笑)

ということで、軽く朝食をとったら片付けて。
この日一番の目的であった、ある場所へと向かいました。


※↓クリックが、更新の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2015/09/21 -九州一周シルバーウィーク旅 2015-

車中泊地の無料キャンプ場で海の幸に舌鼓2015/11/17 07:00

オニサザエの壺焼き_20150920

前もってピックアップしていた車中泊スポット。
それはとある、有料のキャンプ場でした。
ところが、何度電話しても電話中のコールで繋がらず。

フェリーで移動中、そして下船した先の道の駅、
スーパーで買物をする時など、合間を縫って電話するも、
相変わらずの「プーップーップーッ」。
実に4時間以上もずーっと、電話中なのでした。

これはどう考えても、受話器が上がっていますね(^^;

ということで、こちらのキャンプ場は諦める事に。
さらに数十km車を走らせ、バックアッププランで考えていた
無料のキャンプ場に行く事にしました。
軽キャンで車中泊キャンプ_20150920
焼酎BARと化したKONG_20150920

こちらのキャンプ場、ネット上での情報は殆ど無く。
行くまでは「どんな所だろ?」と不安で一杯だったのですけど。

現地に到着し、地元の方と挨拶&会話を交わして不安解消!

※関連記事
くるま旅4日目は無料キャンプ場で車中泊

気持よく、車中泊キャンプに取り掛かる事ができたのでした。

そこで楽しむのは、道中の道の駅等で調達していた海鮮たち。
ブロックで購入していたカンパチはこの後、
カミさんが綺麗にカットしてくれました。
カンパチ刺身_450円_20150920

するとここで、ワサビを買い忘れていた事が発覚!
「なーんだ、刺し身なのにワサビ抜きかよ・・・」
と、普通ならショックを受けるところですが。

そこは、粉末タイプの「わさびこがし醤油」があるので大丈夫。
刺し身にパパっと振りかけると、粉末が溶けて醤油味に。
同時に、ワサビのツーンとした風味が口の中で広がります。
粉末わさびこがし醤油_20150920

これ、常温保存がきくので「くるま旅」で超便利。
チューブ状のワサビや液体状の醤油とは違い、
粉末状なので品質悪化が比較的少なく、車内保管に耐えられます。

私はこれを、「わさび醤油」の代用品として車に常備。
今回もそうですが、くるま旅では何度となく助けられています。

そして刺し身以外では、「炉端大将DX」を使っての海鮮焼き。
ミニマムな宴会場_20150920
ヒオウギ貝_20150920

スーパーで安く販売されていた「ヒオウギ貝」や、
「道の駅 阿久根」でゲットした「オニサザエ」等など。
(トップの写真が「オニサザエ」です)

わたし、初めて「オニサザエ」を食しましたが、
見た目のグロテスクさに反し、これは美味いですね!
醤油をちょっと垂らし、壷焼きにすると最高の酒のアテに。

いずれも焼くだけ、味付けもせいぜい醤油くらいでしたが。
ここで頂くと、どんな料理よりも美味しいと思えるから不思議。

車中泊キャンプの魅力は、こんなところにもありますね。


※↓クリックが、更新の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ

2015/09/20 -九州一周シルバーウィーク旅 2015-

車中泊キャンプ。理想のタイムテーブル2015/06/26 22:52

夜はふけてゆく_20150504

徒歩圏内に温泉があるキャンプ場っていいですね。
車中泊キャンプの準備をしてから、温泉に行ける。

この時期(ゴールデンウィーク)、結構暑いですからね。
テーブル出したり、車内の荷物移動を行ったり。(軽キャンの宿命)
たったそれだけで汗をかいたりします。
ポータブルバッテリーの助けを借りる_20150504

そんな時、セッティングを終えてから入れる温泉って最高。

かいた汗は温泉でサッパリ洗い流して。
サイトに戻ったら既にセッティング済みなので、
あとは汗をかくことなく夕食タイムに入る事ができます。
ゲソ焼き_20150504

まさに、私が理想とする車中泊キャンプのタイムテーブル。

これがもし、温泉に入ってからキャンプ場だとすると?
もう、詳しい説明は不要ですよね。

さて、この日のメインは「長太郎貝」の網焼き。
毎年恒例、「久礼大正町市場」でゲットしたものを、
カセットガス式のグリルで網焼きしました。
長太郎貝_20150504

これ、何度食べてもホントに美味しい。
帆立の食感に牡蠣の旨み。
まさにそんな感じで、何も付けずに頂くのがベストです。

そして、気休め程度にお肉もちょっとだけ焼いて。
焼き肉_20150504

でも、主役はあくまでも海鮮ですからね。
BBQというより私は、カツオのタタキの方が気になります。

ということで、「長太郎貝」と同じく、
「久礼大正町市場(田中鮮魚店)」で購入していた1節。
カミさんが切り分け、盛り付けてくれました。
大正町市場で購入した鰹のタタキ_20150504

これが例年を上回る美味しさで!
藁焼きの風味がフワッと口の中いっぱいに広がり。
玉ねぎやニンニクと一緒に頂くと堪りません。

現地で調達したご当地食材を、現地で新鮮なうちに頂く。
これもまた、くるま旅の醍醐味ですよね。

自然いっぱいの場所で頂くと、その美味しさも格別です。


2015/05/04 -GW2015 四国を周って「くるま旅」-


ブログランキング・にほんブログ村へ

車中泊地は無料キャンプ場。温泉は徒歩5分2015/06/25 23:00

車中泊キャンプスタンバイ_20150504

昼食後は色々寄り道して、お目当ての車中泊地に到着。
こちらは無料のキャンプ場で、予約等は必要ありません。

やはりいいですよね、車中泊地にキャンプ場。
道の駅とかと違って、野外調理も楽しめるのですから。

しかもこちらの無料キャンプ場、
徒歩圏内に極上の温泉まであるのです。

整備された遊歩道を歩くこと、僅か5分。
アッという間に日帰り入浴できる温泉施設に辿り着きます。
温泉までの遊歩道_20150504

素晴らしいですよね。

入浴料は、大人一人あたり500円のところ、JAF割で450円。
これは本人のみの適用となります。

ちなみに、「龍馬パスポート」だと100円引き。
後から知ったんですけど、圧倒的にこちらの方がお得です。

気になる泉質の方は、ヌルツルで少し白濁。
男湯からの景色がとにかく素晴らしかったです。
温泉で入浴_20150504

そんな温泉と無料キャンプ場の名は?

ごめんなさい。今回ばかりは公表する事はできません。

無料キャンプ場で、徒歩5分のところに極上温泉。
しかも、ゴールデンウィークなのにほぼ貸切状態。(3組でした)
そんな素敵なキャンプ場をブログで大々的に公開するなんて、
ただのアホですよね。

今後も個人的に、静かに利用させて頂きたいので。
愛用されている方も皆、同じ思いでしょう。

ウグイスの鳴き声が心地良い、最高のキャンプ場でした。

これだから少しばかり手間がかかっても、
「車中泊地を探す」というプロセスは欠かせません。

道の駅に頼らなくとも、素敵な車中泊地は日本全国にあります。
それを見つけられるかどうかは、貴方次第です。


2015/05/04 -GW2015 四国を周って「くるま旅」-


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator