にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

セットも充実!「うぐいす茶屋」の出雲そば2016/12/22 07:32

茶屋セット_850円_20161113

長々と綴ってきた「紅葉の足立美術館&カニ買って車旅」も今回で最終回。帰路編です。

国道184号線を通るルートを選んだ私達は、昼食を頂くために三瓶山近くにある「うぐいす茶屋」へ。

こちらで、美味しい手打ちそばを頂く事にしました。

うぐいす茶屋_20161113

他にも色々とメニューはありますが、やはり何と言っても外せないのは、朝一番に打つコシの強い蕎麦。

出雲から離れたこの地でも出雲そばを頂くことが可能で、個人的には、出雲大社周辺にあるお蕎麦屋さんよりも美味しいのでは?と思っています。

割子そば_20161113

黒っぽい蕎麦はしっかりとコシがあって、風味よし。前日にお蕎麦屋さんではない所で蕎麦を頂きましたが、それとは比べるまでもありません。

比較的リーズナブルで、セットものが充実しているという点も、特筆すべきポイントでしょう。

この日私が選んだ「茶屋セット」は、「割子そば」2段に「ミニ天丼」、「おからサラダ」と「漬け物」が付いて850円。

天丼_20161113

天丼はミニと言えど、天ぷらのボリュームは申し分ありません。ご飯が少なめなので、個人的にはこれくらいのバランスの方が食べやすいくらいです。

この天丼がまた美味しくて。つゆだくな感じも好きです。

そして主役の「割子そば」は、一般的な3段ではなくて2段。ですが、「ミニ天丼」もあるので「物足らない」という事は無いと思います。

一方のカミさんは、「天ぷら割子そば(1,300円)」をチョイス。

天ぷら割子そば_1300円_20161113

こちらは1,300円と少し高くなりますが、「割子そば」はしっかりと三段ありますからね。

一般的なお蕎麦屋さんの「天ぷら割子」よりは安いと思います。

揚げたての天ぷらはサクサク。天つゆで頂くか、テーブルに置いてある塩で頂くか。気分によって選べるのも嬉しいところでしょう。

天ぷら_20161113

「割子そば」は、最初は何も付けずに蕎麦のまま頂いて。食感と風味を楽しんだ後、薬味や「つゆ」をかけながら頂いていきます。

割子そば_2_20161113

薬味の種類や「つゆ」の量など、調整しながら頂けるのが出雲そばの魅力ですね。
甘辛いつゆは、コシの強い蕎麦と相性抜群。

一段目で余ったつゆは、二段目、そして三段目と移していき。最後はそれを、蕎麦湯に入れて頂きます。(蕎麦湯は言ったら頂けます)

ごちそうさまでした(^^

紅葉_20161113

美味しい出雲そばを頂いた「うぐいす茶屋」の周辺は、紅葉がまさに見頃を迎えていて。

食後に、少しだけ散策をして景色を満喫。

キャンピングカーと紅葉_20161113

帰路の途中、お腹も心も満たされた、食事&休憩タイムでした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅 帰路編-

牧場のパン屋さんで米粉パンとソフトクリーム2016/12/21 07:21

カウベルの石窯_20161113

温泉に入ってスッキリした後は。米粉を使ったもっちりパンが美味しい、「牧場のパン屋さん カウベル」へ。

2年前くらいから好んで訪れるようになったパン屋さんですが、それより以前、出雲市にお住まいの方から当ブログのコメント欄で、こちらをご紹介頂いていました。

地元の方オススメのお店というのは、やはり間違いがありません。

伊藤牧場 カウベル_20161113

自然豊かな立地にお洒落な建物が建っていて、空気も綺麗。ここに来るだけで、どこか心が優しくなれるような気がします。

もちろん、そこで作られるパンは美味。

購入して持ち帰れるのは当たり前として、店内やテラス席で頂く事も可能になっています。

パンを購入してイートイン_20161113

その際はパンを温め直して下さるので、美味しさもひとしお。コーヒーも一緒に注文すれば、まるでカフェのように寛ぐ事ができます。

そしてこちらでパンと同じくらいに気に入っているのが、敷地内の「伊藤牧場」の生乳から作られる、ソフトクリーム。

これが柔らかくて、ミルクの風味が芳醇で、すごく美味!

ソフトクリーム_20161113

個人的に、一番好きなソフトクリームかな?と思えるくらいに美味しい。

パンを買って、ソフトクリームを買って、ここで頂くのが至福のひととき。

前述のように自然豊かで緑も綺麗なので、尚更癒されるような気がします。

持ち帰りパンも購入_20161113

持ち帰り用のパンも購入して、すっかり上機嫌。

これから先もずっと訪れたい、素敵なパン屋さんです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅-

泉質良くて景色良し!立久恵峡温泉 御所覧場2016/12/20 07:15

立久恵峡_20161113

24時間営業のコインレストラン(懐かしの自販機)で追加の朝食を済ませた後は、朝風呂目的で「立久恵峡温泉 御所覧場」へ。

立久恵峡の絶景を望みながら露天風呂に浸かれるのと、日帰り入浴でも早朝の6:00から利用できる事から、好んで利用させて頂いています。

メイン道路沿いではなく、少し山側に入った細い道沿いにあるので、利用者はあまり多くないようですけど。それだけに、雰囲気は抜群。

御所覧場_20161113

道路脇の小さな駐車場に車を駐め、入浴の受付をする為に旅館の館内へ。

入浴料は以前より少し値上がりしていて、大人700円、小人(小学生以下)300円となっています。

昔は確か、JAF割引も使えていたと思いますが、現在はそれも無し。

少し割高感は否めないものの、この雰囲気と絶景は何事にも代えられないでしょう。

露天風呂は旅館の前の道を渡った川沿いの渓谷を望める場所にあって。道路から少し下った建物(脱衣所)を経由して入って行くようになっています。

露天風呂へ_20161113

先にトイレを済ませておきたい場合、旅館内はもちろん、この脱衣所の隣にもトイレがあるので安心。

手作り感が漂う脱衣所は味がありますが、補修もされていて清潔感があります。

その脱衣所に服を置き、露天風呂へ。

コインロッカー等はありませんので、貴重品等は車に置いておき、必要最小限のお金のみ持参すると良いでしょう。悪い人はいないと思いますが、その方がのんびりと温泉に浸かる事ができます。

立久恵峡温泉御所覧場_20161113

肝心の温泉の方はと言いますと、掛け流し・循環式併用で硫酸塩泉。山沿いの温泉にしては珍しく、塩味を感じる泉質となっています。

比較的ぬるめの温度設定で、長く浸かっているには最高の温泉!

洗い場が4箇所程度と少なく野外の為、(囲いはあります)冬場に体を洗ったりするには最適とは言えませんけどね。

何より、トップの写真よりさらに下からの迫力アングルで立久恵峡を望めるというのが、一番の魅力ではないでしょうか。

泉質良くて景色良し!

島根県でオススメの温泉施設です。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅-

懐かしの自販機 コインレストラン コウラン2016/12/18 07:15

コインレストランコウラン_2_20161113

懐かしの自販機(レトロ自販機)が大好きな私。

朝食を少なめにしてまで向かった先とは?

そう、懐かしの自販機の中でも、絶滅危惧種が並ぶ24時間営業のコインレストラン「コウラン」。島根県は出雲市、メイン道路の国道9号線沿いにあります。

かれこれ20年以上前から気になっていたのですけどね。昔はそれ程「懐かしの自販機」に思い入れが無く。みすみす通り過ぎていたのでした。

コインレストランコウラン_1_20161113

しかし最近になって、無性にコインレストラン「コウラン」が気になり始めて。今回の旅の2日目、メインイベントとして計画したのが、こちらでの朝食でした。

24時間営業。コインさえあれば、いつでも出来たての麺類等を食べる事ができる。

はやる気持ちを抑え、早速横長に広がる店内に入ってみると。

コインレストランコウランのレトロ自販機_1_20161113

おお! これぞ懐かしの自販機!

いつも良く通っていた場所、こんな所にこれ程素晴らしい自販機が並んでいたとは!

お馴染みの麺類の自販機の他、そこらの食堂顔負けのメニューが揃う、一品料理の自販機も鎮座していました。

コインレストランコウランのレトロ自販機_2_20161113

「焼そば(250円)」に、「チキンライス(300円)」等など。

在庫は、ガラス越しの回転トレーを見て知るレガシーシステムです(笑)

お金を投入して、好みの商品棚の横のボタンを押す。すると、その商品のトレーが回転して蓋が開き、取り出せるという仕組みです。

素晴らしい!

エビピラフ_200円_20161113

まさに先人の知恵。

この日はこの自販機で、「エビピラフ(200円)」と「スタミナいため(150円)」を購入。

スタミナいため_150円_20161113

安さもそうですが、この哀愁をそそるパッケージが堪りません。

これこれ! これを食べたくて、朝食はそこそこ、キャンプ場を早めに出発したのです!

購入した料理は、備え付けの電子レンジで温める事が可能。

電子レンジ_20161113

いつでもアツアツを頂けます。

エビピラフ_2_20161113

スタミナいため_2_20161113

ただ、この日一番楽しみにしていた麺類の自販機は、全て売り切れ。

たまたま居合わせたお店の方にお聞きしたところ、只今仕込み中で早くても30分はかかるとの事。(隣にある調理場で調理&仕込みされています)

せっかくでしたが、この後の予定もあるのでレトロ自販機の麺類は諦め、カップ麺の自販機でカップラーメンを購入し、汁物の一品として加える事にしました。

カップ麺の自販機_20161113

カップ麺_20161113

この自販機もある意味、レトロ自販機なのですけどね。自動調理の麺類自販機には敵いません。

今度から売り切れになる朝は避け、お昼などに訪れた方が良いのかもしれません。

因みに、日本で唯一現存している「川鉄カレーライス自販機」。

カレーは故障中_20161113

こちらは現在、故障中との事でした。(今年故障した模様)

ああ、もっと早くこちらに訪れるべきでした・・・

自販機のカレーライスを食べてみたかったな。

とは言え、この自販機を見る事が出来ただけでもラッキーな事。カレーライスが食べたければ、対面販売で購入可能だそうです。(8:00~17:00)

カップ麺を購入して_20161113

24時間営業であっても、実際に仕込まれたり、調理が開始されるのは午前8:00以降。

昼食目当てで訪れた方が、コインレストラン感を満喫できるかもしれません。

コインレストラン「コウラン」は、今となっては貴重な存在。いつまでも営業を続けていて欲しいと、強く思った私でした。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅-

キャンカーのコタツ。寝る時の置き場所は?2016/12/17 06:40

出発時の車内_20161113

キャンピングカー「Walk2 Type-C」の場合、幅155cm×長さ195cmのベッドスペースの他に、ギャレー前には、身長160cm以下のカミさんであれば十分に立てるだけのスペースも備わっています。

寝る時はここが、コタツを立て掛けておく場所として最適。

セラミックファンヒーターを置くにも適しているこの場所は、60cm角の正方形の小型コタツであれば難なく横にして置くことが可能。

コタツを立て掛けていても、スライドドアから出入りする際の邪魔にはなりません。

キャンピングカーにセラミックファンヒーター_20161113

ベッドにコタツを置いたまま寝れなくもないですけどね。

うたた寝感がハンパない(笑)

何度か試しましたが、寝る時はやはり、素のベッドの方が快適です。

ということで、この日もコタツを床に下ろして車中泊。翌朝起きたら再び、コタツをベッドの上へと移動しました。

キャンピングカーの車内で朝食_20161113

横にしていたコタツを丸ごと持ち上げ、ベッドの上に倒して乗せるだけの簡単作業。あっという間に居間の完成です。

この日の朝も寒かったので、野外での活動は無くて、朝食会場はココ。

サラダと納豆、唐揚げやミートショップきたがきの手造りコロッケなど、簡単な食材で軽く朝食としました。

納豆と鶏もも唐揚げ_20161113

ミートショップきたがきの手造りビーフコロッケ_20161113

いつもの朝に比べたら少食ですけど。

実はこの後、行ってみたい場所があって。そこで食事をとりたかった為、キャンプ場での朝食は少なめにしたのです。

その為には、早めの出発が必須。

キャンピングカーとキャンプサイト_20161113

午後1時までゆっくりできるキャンプ場でしたが、午前7:30という早めの時間にはキャンプ場をチェックアウトしました。

この早い時間帯でも、管理棟は開いており。

お世話になった事に感謝し、許可証を返却です。

松江市宍道ふるさと森林公園_20161113

この、高台にある管理棟から望む景色も個人的にはお気に入り。

眼下に広がる公園と、遠くに見える宍道湖の景色に癒されます。

さあ! 今日も気持ちよく出発です!


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator