にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

チェックアウト優先なら紙製もアリ?(笑)2016/07/17 06:15

朝のFIELDOORタープ_20160522

私と両親は二階のロフト部分に、カミさん家族は一階に寝ました。このように、2家族で楽しめるのが「漁火の宿 海宴坊」における、ハリセンボン部屋の良いところ。まるで自分達の別荘のように、寛ぐことができます。

ここまでの記事では綴っていませんが、客室にはキッチンがあって、一般家庭と同様のIHクッキングコンロ、電子レンジ、電気炊飯器などを全て完備。自炊するには申し分無い環境が整っています。

それでいて、これまでの記事でも綴っています通り、BBQデッキが備わっているのが嬉しいポイント。キャンプ場に行かなくとも、エアコンが効いた空間を横にBBQが楽しめるのです。

朝食_1_20160522

この日はその、BBQデッキで朝食。持参したワンタッチタープを張っていたので、朝から照りつける強い日差しをカットしながら食事を楽しむ事ができました。

まだ5月といえど、海沿いの日差しはハンパないですからね。タープを張っていなかったら、まずここで朝食を食べようとは考えなかったと思います。

強風の為に低くセッティングするなど、肝を冷やした海沿いのタープ設営でしたが。結論で言えば張って良かったと思います。タープを張ることで、日除けはもとより、何となく落ち着ける空間の確保に成功。屋根があるとやはり、安心感が違います。

そのタープ下で楽しむ朝食は、フリーズドライのインスタント味噌汁など。

朝食_2_20160522

何故、素人チックに器が紙コップなのかというと? この後、チャックアウトをできるだけ早める必要があったから。使った後に捨てるだけ、洗わないで済む紙コップは好都合だったという事です。

久しぶりに、紙皿も使いました(笑)自炊で一番面倒なのがが、食後の片付けてですからね。それだけでも結構な時間を要します。人数が増えれば増えるほど、その傾向は顕著に。そういう時は、臨機応変に「使い捨て」もアリかな?とは思います。

個人的にはあまり好きでは無いですけどね。何より、カッコ悪い(笑)しかしその甲斐あって、早めにチェックアウトでき、後々の予定も余裕で回る事ができました。

朝食_3_20160522

時短という意味では、炊きたてのご飯ではなく、前日の夜のうちに炊いてから作った「おむすび」をご飯物に。「おむすび」にしておけば、少々冷たくなっても美味しく頂けますからね。何より、朝の段階で炊飯釜等の片付けが済んでいるので楽です。

というわけで、「海宴坊」に泊まったにしては、珍しく午前8時にチェックアウト。前もってプランとして考えていた「あの場所」に朝イチから入館する為、車を走らせました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/22 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2016-

LEDランタンの提灯灯して炭火焼き&鋳鉄焼き2016/07/16 06:15

ウッドテラス上の宴会会場_20160521

男性陣は露天風呂へ、女性陣は内風呂へ。順番に入ってスッキリした後は、いよいよお待ちかねのBBQタイム!炭火を熾して火が落ち着くまでの間、道の駅で買ってきたノドクロ数匹を、カミさんの父親が刺し身に捌いてくれました。

前菜とというにはあまりにも豪華な一品!刺し身というだけでもテンションが上がってくるわけですが、それが「ノドクロ」というのですから堪りません。小サイズの干物を炙って食べた事はあっても、刺し身で頂くのは初めてです。

ノドグロの刺し身_20160521

それもこれも、現地で入手して新鮮でかつ、大きめのサイズだったからこそできた事。あと、カミさんの父親が頼りになる存在という事も、忘れてはなりません(笑)私達だけであれば、捌くのが面倒で買わなかった、という確率の方が高かったですからね。

手先が器用で何事にも頼れるカミさんの父親には、いつも助けられています。

そして、皆で豪華な前菜を頂いた後は、本日のメインとなるBBQ。焼き係(笑)をつくる事なく、全員で椅子に座って食べるのが私達のスタイルですので、今回もテーブルトップグリルの「SOTO デュアルグリル」を持参し、それを囲むように食材を焼いていきました。

デュアルグリルで焼肉_20160521
デュアルグリルで焼肉_2_20160521
炭火焼提灯_2_20160521

炭火で焼くと、やはり美味しいですね。その気分をさらに盛り上げてくれるのが、自宅から持ってきた「炭火焼」と書かれた提灯(笑)

この中には既に販売終了品となっている、ジェントスのリモコン付きLEDランタン「EX-700RC」を逆さに仕込んであって、中にセットした後もリモコンでON/OFFできるようにしています。まさに、提灯にピッタリなランタン!(笑)カミさんの実家にプレゼントしたところ、祭りの提灯としても毎年活躍するようになりました。

以前は電球を入れて100V配線をしていたので、それに比べてかなり楽になったとの事。コードレス&リモコンでON/OFFできるというのがポイントみたいですね。

鋳鉄グリルで焼肉_20160521

ちなみに先程、BBQのグリルは「デュアルグリルを使用」と書きましたけど。もちろん、それ1台だけでは大人6人をカバーできないので、カセットガスコンロの上に鋳鉄プレートを乗せ、それもBBQグリルとして使用しました。

水をひいて使用するからか、野菜はこちらの方が炭火より美味しく焼けます。カミさん曰く、肉もこっちで焼いた方が好きだそうです。炭火とガス火(+鋳鉄)、両方をセットして、好みに合わせて焼くっていうのも良いのかもしれませんね。

実はもう1台、テーブルトップグリルとしては「ユニセラTG」も愛用しているのですけど。上記の理由から敢えてダブル炭火焼きではなく、今回のような組み合わせにしました。

デュアルグリルで鬼海老_20160521

BBQの〆には、道の駅で入手した「鬼海老」を焼いて。

何だかんだ言ってもやはり、串焼きは炭火の方がサマになります。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2016-

BBQデッキに露天風呂!勿論エアコン完備!2016/07/15 06:15

タープから海を臨む_20160521

これまた予定通り、チェックイン可能となる15:00ジャストに、「敬老会」会場となる「漁火の宿 海宴坊」に到着。昼食の時もそうですが、長距離であんなに寄り道をして、何故こんなに時間通りに目的地に到着できるのかというと?

独自に作っている、「タイムテーブル」を活用しているから。

※関連記事
Google スプレッドシートとマップで旅計画

行き先が特に決まっていない旅ならともかく、前もって行きたい所が決まっている旅の場合は、これがあると便利。大幅にずれる事なく、ほぼ時間通りに到着する事ができます。

この日もそのお陰で早めにチェックインできたので、部屋先に備わるウッドデッキにタープを設営しました。

低く張ったタープFIELDOOR_1_20160521

この日の為に購入していた、「FIELDOOR タープテント 3.0m」です。重いのは嫌なので、軽さを重視してアルミ製を選択。風で飛ばされないように、脚元には「ウェイト」をセットしました。

注水式のウェイトは、容量10Lで未使用時は折り畳み収納可能。今回のように、ペグが打てない場所で重宝しています。



4個セットとはいえ、結構なお値段ですけどね。風で飛ばされてワンタッチタープが壊れるよりはマシでしょう。

因みに、この日は風が強めだったので、タープは低めにセッティング。前述のタープは、高さを3段階で調節できるようになっています。

そして、タープを設営したら露天風呂にザブーン!

海宴坊の露天風呂_20160521

そう、こちらの宿(海宴坊)のお部屋、「ハリセンボン」(定員7名)には露天風呂があるのです!

入浴剤を入れて、日本海を眺めながらの入浴は最高!BBQの前、波の音をBGMに汗を流す事ができます。

そうこうしていたら、風が収まってきたのでタープを少し高めに。

普通に張ったタープFIELDOOR_1_20160521

やはり、BBQをするなら最低でもこれくらいの高さはないとね。風が収まらなかったら最悪、タープは片付けようと思っていたので、収まってくれて本当に良かったです。

徐々に日が暮れてくれば、目の前には綺麗な夕日が。

海宴坊から見る夕日_20160521

海沿いならでは、こんな贅沢な景色を独り占めできます。

いやあ、何度来ても此処、「漁火の宿 海宴坊」は良いですね。海沿いなので錆などの老朽化が目立つ部分はありますが、そのあたりが気にならないなら、パラダイスではないでしょうか。

エアコン完備の宿なのに、BBQが楽しめるというのも魅力です。

デュアルグリルでBBQ_20160521
タープ天井のLED電球_20160521
炭火焼提灯_20160521

この日も、炭火を熾して卓上に「デュアルグリル」をセッティング。日暮れに備え、タープの天井にはLED電球をセットしました。

これで、「敬老会」の準備はOK。この後いよいよ、最大イベントのBBQが始まります!


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2016-

有名店で牛骨ラーメンを食して道の駅巡り2016/07/14 07:38

香味徳の牛骨ラーメン(並)550円_20160521

PAで朝食をとった後は、スーパーや道の駅に寄り道しながら、正午ピッタリに鳥取県の「香味徳 赤崎店」に到着。こちらでは予定通り、皆で牛骨ラーメンを頂きました。(並で550円)

食べログでも常に高評価を得ている通り、美味しい牛骨ラーメンを頂ける事で有名なお店。是非とも両親にも食べて貰いたくて、訪れました。

私達が前回訪問したのは、昨年の秋頃。それより前、2011年には「倉吉店」の方にも訪れています。それくらいに、個人的には気に入っているお店。

うん、牛テールの旨みと程よい塩分、そしてスパイスの効いたスープが絶妙ですね。ガツンとくる派手さとか濃さといったものはないけど、美味いです。

中太麺には適度なコシがあって、上品なスープと相性抜群。ラーメンにうるさいカミさんの父親も、満足そうに食べていました。最終的には全員、スープを飲み干すほどの勢いで完食(笑) ここに連れてきて、やはり良かったです。

そして、お店を出たら車を東の方に走らせて。4分ほどで到着した、「道の駅 ポート赤碕」で買い物を楽しみました。

道の駅ポート赤碕_20160521

こちらの道の駅には、「赤碕町漁協鮮魚直売センター」があって。売り場面積はそこそこながら、地物の鮮魚を安く買う事ができます。

例えば、最近は高値が付きがちな山陰名物の大型なノドグロも、こちらでは「えっ?こんなに安いの?」っていうお値段。もちろん、何匹かゲットしたのは言うまでもありません。

その他には、同じく山陰名物の鬼海老など。山陰に来ると、瀬戸内では見られない鮮魚が普通に並んでいるので、自然とテンションが上がってきます。

そんなこんなで、道の駅で極上の食材をゲットした後は。またまた車を東に走らせて、「道の駅 大栄」に到着。

道の駅大栄_20160521

なんだか、道の駅巡りみたいになっていますけど(笑) このあたりは数kmおきに道の駅が点在しているので、思わず立ち寄りたくなります。

先ほどの道の駅では鮮魚でしたが、こちらの道の駅では鳥取県の名産品、長芋を購入しました。この長芋は、鳥取砂丘生まれで「ねばりっこ」という新品種。一般的な長芋よりさらに粘りが強くなっているのが特徴です。

そして、さらにスーパーなどに立ち寄った後、「東伯ミート直営店」に寄り道。

東伯ミート直営店_20160521

こちらでは自家製の焼豚や、豚の角煮などを購入しました。

直営店というだけあって、比較的安価に販売。試食が充実しており、味を確認してから買えるのが嬉しいですね。作っている工場は、お店のすぐ裏に建っています。

さあて、観光もせずに(笑)買物ばかり楽しんでいたら、そろそろチェックイン可能時刻の15:00が近づいて参りました。たんまりと食材も調達した事ですし、宿に向かうとしますか。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/05/21 -ハリセンボンで両親達とBBQ 2016-

手作りパンとジャム&たっぷりフルーツ朝食2016/05/19 07:35

ペンションの朝食_1_20160403

翌朝起きたら、まずはお風呂に入りました。
こちらのペンションには貸し切りで使える露天風呂の他に、
家族風呂として使える2つの内湯もあるのです。
(オーナーの手作り!)

これは、予約せずとも空いていれば利用可能。
まだ早朝という事もあり、2つとも空いていましたので、
その一つをカミさんと二人で利用させて頂きました。
朝風呂_20160403

二人には広すぎる空間と、大きな湯船。
徐々に明るくなってくる中での入浴は、何とも言えない至福感です。
宿での宿泊は、この朝風呂もまた、一つの楽しみですね。

そして、楽しみと言えば朝食。
くるま旅だと簡単にカップ麺という事も少なくありませんが、
宿であれば、栄養バランス的にも優れた食事が用意されます。

特にこちらのペンションは、パンもジャムも手作り!
安心・安全な食材しか使われていないとの事です。
ペンションの朝食_2_20160403
ペンションの朝食_3_20160403
ペンションの朝食_4_20160403

ダイニングルームの一角に手作りジャムが数種類、
お洒落にディスプレイされている事からも分かるように、
とにかくこのジャムが美味しい!

この日出されたジャムは3種類ありましたが、どれも美味しくて
どれを付けて食べようかなと迷うほど。

もちろん、それに負けないくらいに手作りパンも美味しいのです。
あまりにも美味しかったので、「食べるのが勿体無い」と、
カミさんなんか言っていましたから(笑)
ダイニング_20160403

パン以外にも、たっぷりと盛り付けられたフルーツなど。
目で見ても楽しめる鮮やかな料理は、
地元の食材が主に使われているとの事でした。

ホテルでのバイキングも楽しくて良いけど、
ペンションでの心が豊かになるような食事もまた、良いですね。
たまにはこうやって、本物に触れる事も大切だなあ、と思いました。
ペンション暖暖と軽キャンKONG_20160403

さて、この後はちょっと行ってみたいところがあります。
いつまでもゆっくりとしていたかったのですが、
後の予定を優先させる為、早めに宿をチェックアウトしました。


※↓クリックが、更新を続ける励みになっています
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016/04/03 -雲南市桜まつりと地ビール飲み放題-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator