にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

ポップアップorハイルーフ?長所と短所は?2017/01/26 07:15

朝の軽キャンKONG_20161204

久しぶりに軽キャンでの車中泊でしたが、グッスリと眠る事ができました。

そりゃあ、ハイエースベースのバンコン、ウォーク2の方がベッド幅も広くて快適ですが、狭いキャンでも互い違いに寝れば、ベッド幅の狭いKONGでも2人は無理なく寝られます。(頭を同じ方向で寝るとキツイけど)

断熱材が入っておらず、この点でもウォーク2には一歩も二歩も及ばないけれど。セラミックファンヒーターをつけっぱなしにしていたので、朝起きた時の車内温度は28度程度ありました。

個人的に、冬場の快適温度は20度前後。なので、ちょっと暑いくらいでしたかね(^^;

とはいえ、寒いよりはマシです。

因みにこれは、二階のポップアップルーフと、一階のベッドスペースを付属の板マットを展開して間仕切り(遮断)した状態での温度。

ここを開け放っておくと、ポップアップルーフから冷気が下りてきて冷えます。つまり、先程の温度には到底、セラミックヒーターでは達しません。

あと、開け放っておくと、布地や天井の結露も半端ない。

それくらい、ポップアップルーフは全体的に断熱性に乏しいのです。(KONGの場合)

冬場はここを寝室として使うのは諦め、荷物置き場として割り切る方が懸命。夜間であれば、冷蔵庫代わりに使えるメリットもありす(笑)

因みに最近は、暖かい時期でもポップアップルーフは荷物置き場専用として使うようになりました。(もしくは、一階で食事をとったりする際の吹抜け空間)

歳を取ると共に、二階に上がるのが面倒になってきたようです(笑)

走行時は全高を抑え、いざ広げると車内は広々。立って着替えができたり、開放感も上々なポップアップルーフですが、以上のような欠点がある事もまた事実です。

このようなことから、新たなキャンピングカーはポップアップルーフではなく、ハイルーフという選択になりました。

ただ、これはこれで入れない駐車場があったりと、別の課題は出ています。

最近で言えば、久々に下関の「唐戸市場」に行ってみたいな~と思っているのですけど。ハイルーフのウォーク2で行くと、駐車場に困るんですよね。

近くにある駐車場は、高さ制限(2.1m)のある所ばかり。

少し離れると平面駐車場が無くは無いみたいですが、それも面倒くさい。

全高が2.0mを切るポップアップルーフ車の軽キャンKONGの場合、その辺りで悩んだ事はありませんでしたからね。街なかや観光地の駐車場でも、躊躇なく入っていける。

広さや利便性を得た代わりに、行き先が犠牲になったなあ、と思うのも正直なところです。

なお、ハイエースでも標準ルーフであればこの問題は克服可能ですが、さすがにそれでは圧迫感がありますし、収納スペースも激減します。(ハイルーフは高さの余裕だけではなく、常設できる収納庫も魅力)

ですので、私はハイルーフを選択しました。

キャンピングカーはこのように、それぞれに得意分野があって、大は小を兼ねないのが面白いところ。軽キャンとバンコンひとつをとっても、こんな感じですからね。

だから、どれを買おうかと迷うのだと思います。

因みに私は、軽キャンのコング(KONG)も、バンコンのウォーク2(Walk2 Type-C)も、買って良かった!と大満足しています。

高さ制限こそ異なるものの、両車に共通して言える事は、コンパクトで小回りがきく点 。(最小回転半径はKONGが4.1mで、Walk2が5.0m)

Walk2(ハイエースのナローベース)って実は、最小回転半径が5.2mのフリードスパイクよりも、ハンドルがよく切れるんですよ。

自分にとってこの「取り回しのし易さ」は、高さ以上に、キャンピングカーを選ぶ上での最重要ポイントとなっています。(以前乗っていた、最小回転半径5.7mのオデッセイで苦労したから)


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/04-牡蠣買って車中泊キャンプin江田島-

午後のひとときをキャンピングカーで過ごす2017/01/04 07:17

雑誌を読みながら寛ぐ_20161120

温泉に入って、三次唐麺焼を食べて。お気に入りのスーパー(フードオアシス三次)で買い物を済ませたら、夕方前にはキャンプ場(備北オートビレッジ)に戻りました。

翌日が平日だった事もあり、この日連泊だったのは私達だけ。
前日いらしたキャンパーの方は、皆撤収を終えた後でした。

キャンピングカーとタープテント_20161120

その変わりと言った表現は適切ではありませんが、新たにチェックインされたキャンパー(キャンピングカー)の方も。

意外と、平日に泊まりで利用される方もいらっしゃるのですね。
私達だけになるかと思っていたので、寂しくなくて良かったです(^^

わかたの酒で乾杯_20161120

で、夕食までにはまだまだたっぷりと時間があったので、出かけた際に道の駅で購入した地酒(にごり酒)を開けてチビチビと。

酒のアテにうってつけかな?と思い、購入していた「クリームチーズ生ハム包み」をつつきながら、時間を潰しました。

おつまみはクリームチーズ生ハム包み_20161120

チーズにはワインが合いそうだけど、そうで無いところが私達っぽい(笑)
スッキリ甘い「にごり酒」。コレはコレで、ちょい飲みに良かったです。

そして、持参した雑誌に目を通しながら、午後のひとときをのんびりと過ごして。

整備されたキャンプ場とは言え、窓越しに見える景色にも不思議と癒やされました。

夕方のキャンカー車内を外から見て_20161120

キャンピングカーは、駐めた場所が特等席。

この何とも言えない感覚が、好きだったりします。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/20-2連泊イルミネーションキャンプ2016-

キャンカーにニトリの省スペースこたつ布団2016/12/30 07:15

キャンカーの中のコタツで夕食_20161119

防寒の為のシェルターを建てはしたけど。
これは主に、翌日予定していた炭火焼き会場。
手軽なおでんを主食にしたこの日は、キャンピングカーWalk2の車内で夕食をとる事にしました。

ここならテレビはあるし、コタツはあるしで快適。
シェルターの中も快適ですが、2連泊なので違った雰囲気を楽しむのも良いかな?という事でこうしました。

野菜サラダと納豆_20161119

ここまでの記事ですっかり報告し忘れていましたけど、今回の車中泊キャンプから使用しているこたつ布団は以前の寝袋での代用ではなく、れっきとしたこたつ布団。

ネットで探したところ、お値段以上のニトリ(笑)が一番安くてデザインが気に入ったので、キャンプ直前に近所のニトリにて購入したものです。

「パーソナル用 こたつ掛ふとん 長方形(ブラウニー6 チョウ)」というもので、対応する天板のサイズは60cm。(正方形)

お値段もニトリらしく税抜で2,990円とお手頃でしたので、これに決めました。

完璧な炊飯_20161119

四隅に独自の加工が施された省スペース設計なので、スペース効率を活かしたいキャンピングカーの車内にはピッタリ。

寝袋で代用いていた時より、随分とスッキリしました。

やはり、専用品は良いですね。
厚さはそれ程ありませんが、柔らかいので座っていて気持ち良いです。

って、文章の内容とは全く異なる写真ばかりですけど(笑)

鶏鍋おでん_20161119

これはこの日の、メインメニュー。

夕食の前には必ず食べている野菜サラダと納豆、土鍋で炊いたご飯、そして、ちょっと高級なレトルトおでんです。

自分で言うのもあれですけど、ご飯の炊き具合なんて完璧。
電気釜より粒が立っており、ホクホクしていて美味かったです。

鶏鍋おでんパッケージ_20161119

レトルトおでんの方も、手羽元入りで鶏ガラ出汁。手羽元以外は7種類の具材がそれぞれ2つずつ入っていて、二人で食べる分にはピッタリ。

肝心の、どこで購入したかは忘れてしまいましたけど。
パッケージには、「丸善 東京」と書かれてありました。

境港直送甘エビ南蛮漬け_298円_20161119

そして、さすがにおでんだけでは飽きてくるので、「境港直送甘エビ南蛮漬け」もおかずの一品に加えて。

酒のアテとしました。

炊いたご飯をシェラカップにつぎ、モバイルふりかけの「ゆかりペンスタイル」を振りかければ、酒の〆にも最高。

シェラカップにご飯_20161119

キャンピングカーの車内、コタツに入ってテレビを見ながらの夫婦晩餐となりました。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/19-2連泊イルミネーションキャンプ2016-

2連泊イルミネーションキャンプ2016 出発編2016/12/26 07:15

久地パーキングで久地野菜ラーメン_720円_20161119

先月、11月の事になりますが、今年も「備北丘陵公園」で開催される、「備北イルミ - ウィンターイルミネーション2016-2017」に2連泊キャンプを兼ね、行ってきました。

例年は祭日を絡めた12月の連休で行っていたけど。今年はそれよりも早く、有給休暇を取得して連休に。

5連休にして前半の三日間を連泊キャンプにあてました。

その時のパッキングが、下の写真。2連泊のキャンプにしては全くと言っていいほど、キャンプ道具が見当たりませんよね(笑)

出発前のキャンカー車内_20161119

あるのはコタツと、腰当てのクッションくらい。

主なキャンプ道具は全て広大な収納庫に常備しているので、別途用意したのはシェルターとして使うワンタッチタープと、お米を炊く土鍋くらいです。

そのワンタッチタープですらベッド下に収納できるので、ご覧の通りのスッキリ感。

ホント、キャンピングカー「Walk2 Type-C」の収納力は使えば使うほど、素晴らしいなあと実感しています。

キャンピングカーで寝泊まりできるので、テント類が不要というのも大きなアドバンテージかもしれませんね。

久地パーキングでごぼう天肉玉うどん_670円_20161119

で、出発編の記事という事で、毎度お決まりの外食シーン(笑)

別に載せるほどのネタではありませんが、一応、個人的な備忘録という事で。

この日も早めに自宅を出発し、朝食は高速道路に乗ってすぐの所にあります、「久地パーキングエリア(上り線)」で朝食にしました。

私がトップの写真にあります「久地野菜ラーメン(720円)」で、カミさんが上の写真の「ごぼう天肉玉うどん(670円)」。

いつもながら、こちらのパーキングエリアのメニューはクオリティが高いです。

野菜と豚肉たっぷり_20161119

「久地野菜ラーメン」なんて、野菜と豚肉がたっぷりで、スープもそんじょそこらのラーメン店顔負けの美味しさ。

このお値段で半熟卵まで乗っているのも嬉しいところではないでしょうか。

途中からグシュっと崩し、麺に絡めて頂くと一層旨みが増します。

半熟卵を崩す_20161119

もう少し先に進めばサービスエリアもあるけど、食事をするならやはりこちらのパーキングエリアが良いですね。

カミさんが選んだ「ごぼう天肉玉うどん」も、シャキッと食感の「ごぼう天」と、コシのある「うどん」との調和がお見事でした。

これは美味い!

モテナスポイントカード」を作っていれば500円の飲食ごとに1ポイント貯まり、20ポイント貯まれば好きなメニューが1品、無料で頂けるという事も付け加えておきます。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/19-2連泊イルミネーションキャンプ2016 出発編-

キャンカーのコタツ。寝る時の置き場所は?2016/12/17 06:40

出発時の車内_20161113

キャンピングカー「Walk2 Type-C」の場合、幅155cm×長さ195cmのベッドスペースの他に、ギャレー前には、身長160cm以下のカミさんであれば十分に立てるだけのスペースも備わっています。

寝る時はここが、コタツを立て掛けておく場所として最適。

セラミックファンヒーターを置くにも適しているこの場所は、60cm角の正方形の小型コタツであれば難なく横にして置くことが可能。

コタツを立て掛けていても、スライドドアから出入りする際の邪魔にはなりません。

キャンピングカーにセラミックファンヒーター_20161113

ベッドにコタツを置いたまま寝れなくもないですけどね。

うたた寝感がハンパない(笑)

何度か試しましたが、寝る時はやはり、素のベッドの方が快適です。

ということで、この日もコタツを床に下ろして車中泊。翌朝起きたら再び、コタツをベッドの上へと移動しました。

キャンピングカーの車内で朝食_20161113

横にしていたコタツを丸ごと持ち上げ、ベッドの上に倒して乗せるだけの簡単作業。あっという間に居間の完成です。

この日の朝も寒かったので、野外での活動は無くて、朝食会場はココ。

サラダと納豆、唐揚げやミートショップきたがきの手造りコロッケなど、簡単な食材で軽く朝食としました。

納豆と鶏もも唐揚げ_20161113

ミートショップきたがきの手造りビーフコロッケ_20161113

いつもの朝に比べたら少食ですけど。

実はこの後、行ってみたい場所があって。そこで食事をとりたかった為、キャンプ場での朝食は少なめにしたのです。

その為には、早めの出発が必須。

キャンピングカーとキャンプサイト_20161113

午後1時までゆっくりできるキャンプ場でしたが、午前7:30という早めの時間にはキャンプ場をチェックアウトしました。

この早い時間帯でも、管理棟は開いており。

お世話になった事に感謝し、許可証を返却です。

松江市宍道ふるさと森林公園_20161113

この、高台にある管理棟から望む景色も個人的にはお気に入り。

眼下に広がる公園と、遠くに見える宍道湖の景色に癒されます。

さあ! 今日も気持ちよく出発です!


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/13-紅葉の足立美術館&カニ買って車旅-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator