旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

キャンプ場での駐車場泊2010/09/13 22:11

ゆとりパークたまがわ
「道の駅おふく(於福温泉)」を出発した後は、萩方面へと向かいました。
道中は、いつものように寄り道小道。
ここからは少々早足にダイジェスト版で。

藤光海風堂
創業120年のかまぼこ屋さんで、本社工場に併設されたお店では、
ショッピングや試食を楽しむ事ができます。

海鮮村北長門
海産物を中心に、数多くのお土産品が揃っています。
店内では、お魚を骨ごとプレス焼きした「お魚せんべい」の実演販売も。

道の駅 さんさん三見
最近できた道の駅のようです。
メイン道路から中に入った場所に位置し、まだ認知度が低いせいか、
お客さんは少なめでした。でも、海を望む事ができる静かな環境は最高!

萩しーまーと
車中泊でも利用させて頂いたことがある道の駅です。
名前の通り、店内には地元の新鮮な海産物が並んでいます。

明神池
一見、普通の池のように思われますが、よく見てみると・・・
水の中にはマダイやエイの姿も!
外海に通じている汽水湖で、国の天然記念物です。

道の駅阿武町
日本最初の道の駅です。
お魚を丸ごと一匹安く手に入れたい場合には、こちらがオススメ!

そして正午前に、道の駅「ゆとりパークたまがわ」に到着しました。
こちらも私のお気に入りの道の駅。
新鮮な魚介類はもちろんの事、オリジナルの加工品も揃っています。

さらに、ここから車で3分程度の場所には「田万川キャンプ場」があります。
オートではありませんが、
テント1張り1,000でキャンプを満喫する事ができます。
(代金は「ゆとりパークたまがわ」で支払います)

去年の夏、こちらの駐車場で車中泊を楽しみました。
車中泊なのでテントは張りませんが、
施設を利用する限り、「テント一張り」と考えるのが妥当です。

夕食は、キャンプ場内にあるテーブルスペースでのんびりと。
綺麗な芝生が敷き詰められたキャンプ場は、本当に快適でした。
田万川キャンプ場で夕食
キャンプ場から徒歩1分の場所には、
日帰り温泉の「田万川温泉「憩いの湯」」もあります。
駐車場も、テントスペースから近い場所にあって便利。

最初、「キャンプ場の駐車場で車中泊をすると目立つのでは?」
と思っていましたが、こんな私達を気にする人はいませんでした(笑)
田万川キャンプ場の駐車場
野外のテーブルで食事が楽しめて、温泉も楽しめる「田万川キャンプ場」。
私達のお気に入りスポットです。

-2010/08/22- ~山口ぐるりん車中泊旅~


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator