旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

アンテナショップに寄り道2012/04/02 21:59

antenna

しばらく自転車を走らせていると、魅力的なお店を発見!
大崎上島のアンテナショップ、「antenna」というお店でした。

店内には大崎上島の特産品がズラリ!
その中で購入したものは、大崎上島の濃口醤油。
製造者として、「岡本醤油醸造場」と記載されていました。
正真正銘、ご当地の手造り醤油です。

私、意外と醤油フェチでして。
中でも広島の醤油って大好きです。

お気に入りは、音戸は田原の「重西醤油醸造元(オミヤ醤油)」。
広島以外では、山口県は萩市の「殿さましょうゆ」あたりがストライク。
遠く離れた九州では、宮崎県は「安藤商店」の
「飫肥のむらさき」という醤油が好きです。

どんだけ甘口な醤油が好きなのでしょう(笑)

前述した醤油は全て甘口です。
それでいて、まったりと濃厚でトロトロ。
まさに、刺し身にピッタリといった感じです。

これでブリやハマチ、カンパチを頂くと最高なんです♪
私、マグロにはあまり興味がありませんが、
上記魚の名前を聞くと、堪らなく刺し身を食べたくなります(笑)

それはそうと、今回購入した醤油はどんな味わいなのか?
綴っている現在でも未開封なので未知数ですが、
広島の醤油という事で期待度大!
この醤油は刺し身というより、
料理の味付けに使うと威力を発揮しそうだと思っています。

ちなみに、アンテナショップ「antenna」では大崎上島のバッジをゲット!
これも、「せとうちサイクルーズPASS」の特典です。
というか、お店の方はとても気さくな感じで、
話の流れから「大崎上島バッジ」をくださいました。

ありがとうございます!

美味しそうなご当地醤油を購入して、ご当地バッジを頂いて。
この後は、お楽しみの昼食です!

自転車、走らせよっと(笑)

2012/03/03 -結婚記念日は自転車旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

自転車旅と美味しいラーメン2012/04/04 08:00

徳森食堂のラーメン

事前に、「大崎上島」のパンフレットを「竹原港」で入手。
それなりに昼食スポットを絞っていたつもりでしたが、
いざ現地に到着してみると、「どこにしよう?」と優柔不断な私達。
島一番の繁華街を何度も自転車で往復しました。

しかしある意味、こういった往復が出来るのも自転車旅ならでは。

普段から軽キャンでそのフットワークの良さを活かした旅をしていますが、
自転車ならそのさらに上をいきます。

これこそ、「軽RV紀行」。
「小回りが利く」=「身軽さ」=「軽」が、
レクリエーショナル・ビークル「RV」による旅を
最大限に演出してくれます。

自転車なら、狭い路地裏も難なく走行可能。
お目当てのお店にもあっという間にたどり着けました。

そんな私達が辿り着いたお店は、「徳森食堂」。
徳森食堂

これクラスの路地裏ですと、自動車より自転車の方が有利。
あらためて、「大は小を兼ねない」という事を実感しました。

お店の横には専用の駐車場があるのですが・・・
徳森食堂の駐車場

あまり広くはありません。
それでも、自転車ならノープロブレム。
駐車場の自転車

どうです? この自転車の取り回しの良さ!
私、軽キャンの次は自転車でキャンプ旅を、などと考えております。
コンパクトさを重視した現在の装備なら、十分実現可能です。
しかし、カミさんがなかなか頭を縦に振ってくれません。
当たり前といえば当たり前ですが(笑)

おっと、話が大幅に脱線してしまいました。
本当は、「徳森食堂」の美味しい「ラーメン」と
「いなり寿司」について綴りたかったのです。

「大崎上島」で入手していたパンフレットを元に到着した「徳森食堂」。
外観を見るかぎり、かなり年季の入った感じで入店を躊躇いました。
しかし、こちらで頂いた「ラーメン(530円)」の美味しかったこと!

昔懐かしい中華そばといった感じでしょうか。
醤油ベースで優しくとも、しっかりとコク深い味わいがある逸品。
これは癖になる美味しさです!

セルフサービスで棚に並んでいる「いなり寿司(1個100円)」も絶品!
手作り感いっぱいで中身は具沢山。
おばあちゃんの家で食べたような、どこか懐かしい味わいです。
うん、これも美味しい!
徳森食堂の「いなり寿司」

実はこの「いなり寿司」、
最後の残り2個をギリギリセーフでゲットできたものなんです。
時間が少し遅かったとはいえ、「いなり寿司」は完売御礼!
すごい人気ぶりです。

そうなんです、こちらの「徳森食堂」。

後から知ったのですが、
地元では知らない人が居ない程の超有名店らしいです。
この日も地元の方々で大盛況。
部活帰りの高校生がラーメンを食べている姿がとても印象的でした。

また、あの美味しいラーメンといなり寿司を頂きたいな♪
今度は硬麺で注文してみよっと(^^

2012/03/03 -結婚記念日は自転車旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

峠越えと逆風はつらいよ2012/04/05 08:00

高台のホテル清風荘

お腹を満たしたら、温泉目指して移動。
時間的に余裕が無かったため、
大崎上島トンネルを抜けるショートカットルートを選択しました。

しかし、その峠越えが辛かった・・・

トンネルにたどり着くまではひたすら上り坂。
もちろん、安物の重い自転車では完全に役不足です(笑)
あと、運動不足の私達も(^^;
峠越え

カミさんは早々に戦線離脱。
私も最初は頑張っていたのですが、
どんどん遠ざかっていくカミさんの姿を見て戦線離脱を決意。
いや、ただ単にバテただけなんですけどね(笑)

この峠越えがなんとも長かったことか・・・
車の場合はあまり感じる事がない感覚ですが、
思わず「ゴールはどこ?」と音を上げそうになりました(^^;
大崎上島トンネル

それでも、頂上に上り詰めて降りる時の爽快感は最高!
これは、自分の足で登りつめたものにしかわからない感覚です。
さっそうと風をきって進む二台の自転車。
一号車が私で、二号車がかみさんです。
坂道を下るだけなら、カミさんも絶好調!

その時の無邪気な笑顔、なかなか良かったですよ(笑)

しかし、寒かった・・・
標高の高いところから一気に下るわけですから、
冷たい空気が私達を容赦無く襲ってきます。
しかも、今年は例年になく寒い年。
その寒さときたら、半端じゃなかったです。

それでも、峠越えを終えたら予定通り温泉を目指して移動。
これで「のんびりとサイクリングできるかな」と思っていたのもつかの間。
強烈な向かい風が私達を待ち受けていました。
漕いでも漕いでも前に進みません。
向かい風を進む

たった1kmを進むのに使った労力は5km分。
大袈裟と思うかもしれませんが、本当にそんな感じでした。
「何故向かい風なの!」「追い風吹いてよ!」と思ってみても、
そんな都合の良い願いは叶うわけもなく・・・
ただひたすら、向かい風に向かって突き進むのみでした。

っとその時! 眼の前に目的地の温泉ホテルの姿が!
これで、これまでの疲れが一気に吹き飛びました!

しかし、温泉ホテルの場所がなんだかとても高台なんですけど・・・

やはり、登らないといけませんよね?(苦笑)

2012/03/03 -結婚記念日は自転車旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

高台から望む絶景の露天風呂2012/04/06 08:06

きのえ温泉ホテル清風館

一瞬、目的地前に広がっていた急坂には拒否反応を起こしましたが、
せっかくここまで来た自転車旅。
旅の最後を締めくくる温泉に入りましょうよと、
その坂を登っていきました。

もちろん、自転車から降りて手で押しながら(笑)
目指すは、「きのえ温泉ホテル清風館」です。

パンフレットから想像するに、
このホテルがこんなに高台にあるとは思ってもいませんでした。
なにせ、パンフレットの露天風呂写真はいずれも海とツーショット。
勝手に「海沿いの露天風呂」と思い込んでいました。

しかし、そのホテルは高台にありました。

最初は狐につままれたような感覚でしたが、実際に入浴してみて納得。
なるほど、高台の露天風呂から海側を望むと、
露天風呂と海が良い感じにツーショットになるんですね。

しかも、これがかなりの絶景で大パノラマ!
瀬戸内の島々

写真は、「きのえ温泉ホテル清風館」に登る途中のもの。
実際はもっと開けた感じで、高い場所から瀬戸内海を見渡せます。

塩分が効いた温泉につかりながら瀬戸内の島々を眺めると、
なんとも言えない贅沢な気分!
自転車旅でこんな贅沢感を味わえるなんて、ちょっと感動です。

いや~いいお湯でした♪

因みにこちらの「きのえ温泉ホテル清風館」の日帰り入浴。
通常は大人一人あたり700円の入浴料金が必要ですが、
せとうちサイクルーズPASS」を利用すると500円に割引されます。
(要割引券)

2012/03/03 -結婚記念日は自転車旅-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

直管蛍光灯(8W)のLED化2012/04/07 08:00

ネオンとLED型蛍光灯

KONGのギャレー(通称:デラックスキッチン)の後方には
8Wの蛍光灯が付いているのですが、意外と電気を喰うのです。

一泊二泊程度ならあまり気になりません。
しかし、それ以上の連泊となると使いたくない訳です。
電気を喰う照明を。

そこで今回、この蛍光灯をLED化しました。
使用したLED型蛍光灯は「8Wタイプ蛍光管15LED ウォームホワイト」。
かなり前に購入していたものです。
(現在では品切れになっている模様)

説明では、現行の蛍光管と取り替えるだけで
低消費電力化を実現できるのだとか。
「本当?」と思いながら蛍光管を取り外してLED型蛍光灯をセット。
LED型蛍光管の消費電流

おお~! ちゃんと灯っているではないですか!

電球色のため、蛍光灯に比べて若干暗いのですが、
雰囲気的には悪くありません。

そこで、どれだけ低消費電力化できたのかを調べてみるが如く、
直流電流が測れるクランプメーターをセットして測定してみました。

元々付いていた蛍光灯の消費電流は0.51A。
蛍光灯の消費電流

ん? 8Wの蛍光灯なのに値が思ったより低いですね。
バッテリー電圧13Vで計算しても、6.63Wになります。
インバーターを介して効率が落ちている筈なのに、意外と好成績な数字。
もしかしたら、省エネな蛍光灯だった?
いやいや、まさか(笑)
蛍光灯のベースも蛍光灯もかなり安物な感じです。

残された仮説は・・・

蛍光灯ベースの効率がすこぶる悪いという事。
例えば、8Wの蛍光灯でも6Wしか点灯できないといった感じに。
本当ならもっと明るかったのかもしれません。

まあ、無名メーカーの安物ですから仕方ありませんね。

それにしても、今回新たに設置したLED型蛍光灯はかなりの低消費電力!
元々付いていた蛍光灯の0.51Aに対し、LED型蛍光灯は驚きの0.13A!
LED型蛍光管の消費電流

約1/5になっていますね!
これこそ、私が狙っていた照明の低消費電力化。

キャンカーで電気を一番多く使うのは夜なんです。
すなわち、夜の電力を抑える事ができれば電気を制したも同じ。
これを克服できれば、冒頭の写真にあるように、
遊び心でブルーのネオン管を点灯させることだってできちゃいます。

なかなかいい雰囲気でしょ^^
「節約、節約」では楽しくないですからね♪

先に制作して取り付けていたDC12VのLED電球クリップライトと
組み合わせると、明るさも実用的でバッチリ!
(製作過程は「LED電球DC12Vでクリップライト」にて)
DC12VのLED電球クリップライト

これで、KONGの室内照明のほぼ全てがLED化されました。
過去のLED化は「低消費電力化」や「快適化は試行錯誤」、
USBハブで電源を」等で綴っています。
(最後のやつはもっと効率の良いものに、つい先日交換しました)

残すはポップアップルーフの蛍光灯のみ。
これは本体ごと取り替えるしかなさそうですね。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator