旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

車中泊には無い魅力!腰を据えて地獄へ2013/01/09 12:48

コバルトブルーのかまど地獄

早めにホテルにチェックインした後は、
再び外出して「地獄めぐり」の続きを開始。
ホテルでオススメルートの地図を頂いていましたので、
スムーズに周る事ができました。(徒歩で周れます)

あっ、何処のホテルに泊まったのか書いていませんでしたね。
今回利用させて頂いたホテルは、「別府鉄輪温泉 おにやまホテル」。
別府鉄輪温泉に位置し、地獄巡りにはもってこいのロケーションです。

早めにチェックインしたのはそれが理由。
腰を落ち着けて観光できるといいますか。
これは車中泊には無い魅力ですよね。
たまにはホテル泊も良いですよ^^

さて、地獄めぐりを再開して最初に訪れた地獄は「鬼石坊主地獄」。
鬼石坊主地獄

地中からボコボコと湧き上がる灰色の熱泥は、まさに坊主頭のよう。
カマキリさんも不思議そうに眺めていました(笑)
坊主地獄のカマキリ

そして次なる地獄は「海地獄」。
海地獄

コバルトブルーに見える温泉は一見涼しそうなのですが、
温度はなんと! 98度もあるそうです!
決して触らないように(笑)

さらに地獄めぐりは続き、今度は「山地獄」へ。
温泉熱を利用して、色々な動物が飼育されていました。
カバさんも気持ちよさそうです!(笑)
山地獄のカバ

私もカバになりたい。なんちゃって(笑)

そして、この日の地獄めぐり最後を飾りますのは「かまど地獄」。
なかでも、5丁目の池は湯の色がグリーンやブルーに変化するそうで、
この時は偶然にも綺麗なコバルトブルーになっていました!
(トップの写真)

この色になるのは、年間を通しても2、3回くらいだそうです。
たまたまとはいえ、本当に運が良かったです。

これにて、「血の池地獄」「龍巻地獄」「鬼石坊主地獄」「海地獄」
「山地獄」「かまど地獄」といった、6カ所の地獄めぐりを完了。

残る2箇所は明日の楽しみに取っておくとして、
〆はいつものお肉屋さん、「とり若」にレッツゴー!
とり若の唐揚げ

お目当てはもちろん、唐揚げです(笑)
ここの唐揚げはホント、何度食べても最高に美味しいです♪
500g購入したのですが、思わず全部ペロッと食べちゃいそうでした(笑)
でもそこはグッと我慢。

お楽しみの夕食の為にも、胃袋はしっかりと空けておかないとね!

2012/11/09 -両親を連れて久々のホテル泊-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

ホテルは極楽。でも、寝心地はKONG2013/01/09 23:13

おにやまホテルの地獄蒸し_1

地獄めぐりを終えてホテルに戻り、
夕食までのちょっとした時間は温泉を満喫!

これです! これです! ホテル泊の良い所は!
チェックインした後は、いつでも自由気ままに入浴が可能。
車中泊だと自ずと入浴時間が限られますが、
ホテル泊だと時間が許す限り、いつでも入浴可能です。

やはり、それなりにお金を払うと違いますね。

ちなみに、この日の夕食は鉄輪名物の地獄蒸しがメイン。
蟹を初め、サザエや玉子、手羽先や海老など、
温泉の蒸気で地獄蒸しされた料理が用意されていました。
おにやまホテルの地獄蒸し_2

これが恐るべきボリュームでして。。。
この他、普通の料理(茶碗蒸し等)もあるものですから、
それはそれは、食べるのが大変でした(笑)

しかも、今回の夕食は特別に大分名物の「とり天」もサービス。
とどめは、一人ひとりに用意される「すき焼き」。
おにやまホテルのすき焼き

さすがに、ここまでくると食べきれません(笑)

何年ぶりでしょうか。
宿の夕食で食べきれないと思ったのは。
係のお姉さんにそんな事をお話したところ、
「いつもそう言われます」とおっしゃっていました。

恐るべし! 「別府鉄輪温泉 おにやまホテル」。
これで一人あたり9,000円(直前割、得日限定)というのですから、
今後もリピート確実です。(飲み物代は別)

そして、食事を終えて部屋に戻った頃には、
綺麗に布団が敷かれていました。
布団を敷いた客室

今回はあえて部屋食にしませんでしたが、
部屋食以外のメリットはこんなところにあります。
部屋食だと、食後のベットメイクが煩雑になりますからね。

さてさて。。。この後はもうひと風呂浴びて寝るとしますか!
西日本最大級の露天風呂はもちろんの事、
屋上にある「空の湯」も極楽の極み。
鉄輪の夜景を一望する事ができました。

それにしても、寝る寸前まで温泉に浸かれるのって、本当に幸せですネ。
これぞ、宿で泊まる醍醐味!
しかも温泉は、「鬼山地獄」から引いた良質な源泉を掛け流し。
茶色く変色したお湯が、温泉情緒をかきたてます。

最高!

と、ここまでは極楽気分の私でしたが・・・

この日の夜、父親のイビキが地鳴りのように煩くて・・・
朝方近くまで、殆ど眠れませんでした^^;

2012/11/09 -両親を連れて久々のホテル泊-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator