旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

車中泊は宿に泊まる旅でも有効な手段2013/04/19 18:33

阿蘇鶴温泉ロッジ村の客室露天風呂_1_20130302

色々と遠回りして寄り道を楽しんだ後、
最終的に辿り着いた目的地は、「阿蘇鶴温泉ロッジ村」。

以前の記事でも綴っています通り、
こちらは露天風呂付き客室なのに、一泊一食で驚きの一人7千円台前半!
(夕食付き、朝食はサービスのパンとコーヒー)

これ程お得な露天風呂付き客室は、探してもなかなか無いと思います。
それでいて、お湯が良くて夕食が美味しいんですよね。
これは前回、久々に宿泊した時に再認識。
阿蘇鶴温泉ロッジ村からの景色_20130302

その時からなんとなく、
「結婚記念日にも来てみたいな」と思っておりました。
そして今回、その思いがこの旅で実現しました。

宿に到着してチェックインを済ませたらまず、
部屋に備わる専用の露天風呂にお湯を注ぎます。
阿蘇鶴温泉ロッジ村の客室露天風呂_2_20130302

完全にセルフで源泉かけ流しのそのお湯は、
かなりの高温で温泉のアロマがたっぷり。
加水すれば、手っ取り早く湯温を下げて入浴が可能になりますが、
そこはじっと我慢。温泉成分を満喫したいのなら、
加水せずに時間で調節するのがベストでしょう。

それにしても、何度入っても独り占めの露天風呂って最高ですね。
それがお部屋の真横にあるんです。
宿泊している間、何度でも入り放題。
こんな贅沢な気分は、なかなか味わう事はできません。
阿蘇鶴温泉ロッジ村の客室露天風呂_3_20130302

そして夕食は、管理棟横のウッドデッキテラスで「すきやき」を。
前回はBBQにしましたので、今回は3月末までの冬季限定メニュー、
「すきやき」を頂く事にしました。
すき焼き_1_20130302

このお肉がとろけるように美味しくて。。。
阿蘇あか牛の上質で柔らかいお肉です。
これだけでも十分、この宿に泊まった価値があるというものです。
すき焼き_2_20130302

そんなこんなで、大満足だった露天風呂付きロッジでの宿泊。

でも実は、それを支えてくれた影の立役者は、
「前のり車中泊」の一泊だったりします。
もしこれがなかったら、たった二日間の休みだけで、
この距離を疲れ知らずで旅する事は、まずできなかったでしょう。

車中泊って実は、宿に泊まる旅でも有効な手段になり得るんですね。

2013/03/02 -結婚記念日は露天風呂付きロッジ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator