旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

キャンプで和食。土鍋で炊くとご飯が美味い2015/05/01 23:19

土鍋で炊飯_20150322

今までキャンプで色々とご飯を炊いてきましたけど、
一番簡単に、そして美味しく炊けるのは土鍋だと思います。

ハンゴウで炊くお焦げも美味いし、
バッテリーで炊く電気炊飯器の手軽さも良い。

高価なアウトドアセットに付くクッカーで炊くのも、
これまた雰囲気があって良いですよね。

でもやっぱり、土鍋を経験するとこれ一択になるというか。

早く炊けますし、ご飯の粒立ちが違います。
炊けた後に蓋を取るとわかりますけど、
まるで踊っていたかのようにご飯がイキイキと立っています。
土鍋で炊けたご飯_20150322

これは土鍋じゃないと、なかなか見られませんよね。

2合程度なら、約13分程度で炊飯可能。
炊飯後に蒸らし時間を10分程度加えれば、
さらに美味しく召し上がる事ができます。

キャンプでご飯を「美味しく」炊きたいのなら、
「土鍋」という選択肢は十分にアリです。
朝食風景_20150322
しらすご飯_20150322

で、この日はその美味しい御飯に合う食材を朝食に。
スーパーで調達していた生の塩サバを、
マルチプレート CB-P-JRM」で焼いてみました。
(蓋は、「ビー・フラット強化ガラス蓋 20cm」)
マルチプレートで塩サバを焼く_20150322
焼けた塩サバ_20150322

前日の揚げ物で大活躍だった「マルチプレート」。
実はこういった具合に、焼き物も大変得意であります。
フッ素加工されていますからね。
油無しでもある程度の焼き物調理は可能です。

そして、塩サバを焼いた後には目玉焼きも調理。
マルチなプレートは、この日も大活躍でした。
マルチプレートで目玉焼き_20150322
完成した目玉焼き_20150322

ちなみに、石油ストーブの天板ではお湯を沸かして。
(メーカー非推奨)
味噌汁(インスタント)を作れば、和定食の完成です。
お湯を沸かす_20150322
味噌汁_20150322


2015/03/22 -無料で快適!春の車中泊キャンプ-


ブログランキング・にほんブログ村へ

無料で快適!春の車中泊キャンプ 帰路編2015/05/02 23:59

ポータブルバッテリーでTV_20150322

今回はAC電源の無いキャンプ場でしたが、
持参した自作ポータブル電源のお陰でテレビ見放題。
PC用のブルーレイドライブも持参していましたので、
夜はライブディスクも思う存分に楽しむ事ができました。

昔は「キャンプに電気なんて」と思っていましたけど、
軽キャンに乗るようになってから、
その意識も変わったきたような気がします。
スクリーンタープとKONG_20150322

自然を楽しむのは当たり前として、
上手くテクノロジーを取り入れるのもまた、
自分のキャンプスタイルなのかな?と思ったりしています。
朝もストーブが活躍_20150322

さて、前夜のキャンプシーンでの炭火焼き。
懐かしいランタンが写っていたのはお気づきでしょうか?
そう、黄色いボディの可愛らしいやつ。

実はこれ、今から20年以上も前、
私が生まれて初めて買ったガスランタンなのです。
カセットフー CB-100_1_20150322

カセットガスを燃料に使えるという事と、
コンパクトにフォールディングできるという点が、
当時としては画期的で。マントルを必死に取り付けたのを、
昨日の事のように覚えています。

そのランタンをつい最近、倉庫で眠っているのを発見しまして。
なんとも懐かしい気分になり、
今回のキャンプに持ちだしたのでした。
カセットフー CB-100_2_20150322

気付けば、ポータブル電源を始めとする最新アイテムと、
キャンプを始めた頃の懐かしいアイテムが仲良く混在。
こんな楽しみ方が出来るのも、キャンプの良いところですね。

そして話は一気に飛んで、キャンプ後の温泉へ。
温泉博士に掲載されていた「ロハス島地温泉」で入浴を楽しみ、
お風呂あがりに併設されているお食事処で
「そばむすび定食(500円)」を頂きました。
そばむすび定食500円_20150322

これにて、「無料で快適!春の車中泊キャンプ」は終了。

明日からはもしかして、旅先からの更新があるかもしれません。
ま、気が向けばの話ですけど(笑)


2015/03/22 -無料で快適!春の車中泊キャンプ-


ブログランキング・にほんブログ村へ

GW車中泊旅。電源完備のRVパークで寛ぎ中2015/05/03 17:40

RVパーク_20150503

前乗り車中泊をして観光?をし、とあるRVパークに到着しています。
外は生憎の天気(雨)ですが、車内生活なので問題無し。
AC電源も備わっているので、まるで自宅の様に寛いでいます。

普通、午後4時前に到着して車中泊態勢だなんて、
道の駅などでは考えられませんよね。(マナー違反もいいところ)
でもここRVパークなら、それも全く問題ありません。

キャンプ場と違って車外調理等はできませんけど、
車内だけで完結できるキャンピングカーなら、
「くるま旅」の停泊地としてこれ程有り難い施設は無いでしょう。

もちろん、利用料金は無料ではなくて、相場で1泊1,000円程度。
電気を使う場合にはさらにプラスになる場合もありますが、
大手を振って寛げるメリットは何事にも代えられません。

また、道の駅やSA、PAとは違って、様々な騒音からも開放。
もしかしたら、オンシーズンのキャンプ場より静かかもしれません。

いくら無料でも、煩くて睡眠不足になるのなんて、
車中泊をする者にとって本末転倒ですからね。

ちなみに明日以降は、キャンプ場を点々として旅を楽しむ予定。
もちろん、全て軽キャンでの車中泊です。
天気、回復してくれるかなあ・・・・

それにしても今の天気。雨と風が凄いですね。
これがもしテント泊だったら? と思うと、ゾッとします。

その点でも、軽キャンによる車中泊旅は心強い。
天候にあまり左右される事なく、全国各地をまわる事ができます。

特に今回のようにRVパークなどの公認車中泊地を使えれば、
その快適度はさらにアップ。
私なんて今、家に居るのと勘違いするくらい寛いでいますから(笑)

さてと。そろそろ夕食の準備に取り掛かりますか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

徒歩圏内に温泉!無料キャンプ場で車中泊2015/05/05 06:49

夜の車中泊キャンプ_20150504_仮

これを書いている現在、モバイルルーターの電波状況は圏外。
回線は比較的サービスエリアの広い、ドコモなのですけどね。
私達の車中泊地は、そういった場所が少なくありません。

いったい、どんな山奥なんだ?という事になるのですけど。
車中泊地としての環境は抜群で。

利用料金無料でイン・アウトフリーのオートキャンプ場。
徒歩圏内には、泉質の素晴らしい温泉まであります。

しかも! ゴールデンウィークなのに、
利用者は私達を含めて僅か3組。(就寝後に1組増えていました)
超穴場のキャンプ場なのであります。

普通、徒歩圏内に温泉があるオートキャンプ場って、
数ヶ月前からでも予約が取れないくらいに人気ですよね。

でも、こちらのキャンプ場はほぼ貸切状態。
かなり静かな時を過ごす事ができました。

車中泊するなら、こんな静かな場所がいい。

さてさて。

睡眠もたっぷり取った事ですし。
今日も早めに出発するとしましょうか。

P.S.
この記事は、電波が届く場所まで移動してからアップしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

GW車中泊旅。4泊目は温泉併設で1泊千円2015/05/06 06:45

サイト風景_20150505_仮

ゴールデンウィークを利用した車中泊旅も、いよいよ終盤。
例年通り、カレンダー通りの休日は4連休と少なめでしたが、
旅の方はかなり充実したものとなりました。

とりわけ、車中泊地での快適さが最大のポイントで。
最後を飾りますのはやっぱり、キャンプ場での車中泊キャンプです。

いつもより早めにチェックインを済ませたら、
サイドオーニングを出して、延長タープを連結して。
真っ先に夕食会場のセッティングです。

そして、軽く一杯飲んだ(笑)後は、徒歩で温泉へ。
そう、最終日の車中泊地として選んだキャンプ場には、
敷地内(徒歩圏内)に温泉があるのです。

車中泊キャンプの場合はやはり、
セッティングを終えた後に温泉に入るのが理想ですからね。
徒歩圏内に温泉があるとホント、助かります。

しかもこちらのキャンプ場は、
1泊あたり1,000円ポッキリと超リーズナブル。

前日の無料には敵いませんが、快適度ではそれ以上。
温泉併設でこのお値段って、嬉しい限りですよね。

前乗りこそパーキングエリアでの車中泊でしたが、
2泊目のRVパーク、そして3、4泊目はキャンプ場での車中泊。

その甲斐あって、いずれも静かにゆっくり眠る事ができて。
寝不足とは無縁の、元気な連休を過ごす事ができました。

さあ、ゴールデンウィークの車中泊旅最終日。
引き続き安全運転を心がけ、徐々に自宅へと目指します。

玄関の、扉を開けるまでが、遠足ですよ(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator