旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

シーズンオフにお得な快適キャンプ2014/04/24 06:56

ベドメイクしたKONG_20140315

今年の正月明けにも行った「野呂山キャンプ場」。
12月~3月の期間中、冬季特別料金で一泊2,000円となっております。
(通常は3,500円)

20AのAC電源が二個備わってこの料金ですからね。
お得と言わずして何というのでしょう。
ということで、今回も行ってまいりました。

チェックイン時刻は午後1時からなので、
それまでは「野呂山ビジターセンター」の駐車場でお弁当を食べたり。
すぐ近くにある「氷池」なども散策しました。
カモのお食事_20140315

カモの御一行様が可愛かったな(笑)
グワッグワッって鳴きながら岸に上がってきて、
木の実を食べたかと思えば、池に戻ってみんな仲良くクルージング。
こんな愛らしい姿、見ているだけで心和みます。

そして、午後1時を回ったところでキャンプ場にチェックイン。
早速、今年から仲間入りした安物のスクリーンタープを張りました。
アルパインデザイン スクリーンタープ 300
KONGとスクリーンタープ_20140315

これは、フルクローズしてシェルターとして活用。
夜の寒さに備え、各種ストーブも配置します。

温暖な瀬戸内なので、これくらいの装備があれば万全かな。
季節も既に、3月を迎えていましたしね。
(それにしても、今年の3月は寒かった!)
シェルターセッティング_20140315

夜に備えてと言えば、ランタンも例にもれず。
ま、我が家でランタンと言えば、LED電球の事なんですけどね(笑)
クリップ付きの作業灯は、キャンプランタンにもってこい。
これを活用しない手は無いってものでしょう。(800ルーメン以上)
LED電球のランタン_20140315

ちなみにこの頃、軽キャンのKONGはベッドメイクを施し、
車中泊態勢はバッチリな感じで。
国内最小サイズのセラミックファンヒーター、
TEKNOS モバイルセラミックヒーター300W」を二箇所に置けば、
寒さ対策も万全!といったところです。
モバイルセラミックヒーター_20140315

我が軽キャンにはFFヒーターが備わっていますが、
キャンプ場で近くに他のお客さんがいらっしゃる場合、
騒音の関係で安易にそれは稼働できないのです。

そんなとき、セラミックファンヒーターは心強い存在。
AC電源が備わるキャンプ場なら、問題なく使用できますしね。
キャンプ場のタイプによって、持参する道具を決めています。


2014/03/15 -シーズンオフにお得な快適キャンプ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

野呂山名物!猪料理に舌鼓2014/03/16 22:19

猪ハンバーグ定食_20140105

この週末、今綴っているキャンプ場に再び行ってきました。
温かくなってきたので、流石に貸し切りとはいきませんでしたけど。
それでも利用組数は私達を含めて6組と、
このシーズンならでは、ゆったりと過ごす事ができました。

やはり、キャンプは寒い時期のモンですね。
暖かい時期に有りがちな各種問題(マナー等)は皆無。
キャンパー同士の挨拶も、とても気持ち良かったです。

さてさて、話は約2ヶ月前に戻りまして。
キャンプ場をチェックアウトした私達は、
前日もお風呂でお世話になった「野呂高原ロッジ」で、
昼食を頂く事にしました。

私が選んだメニューは「猪ラーメン(750円)」。
事前情報によると、こちらの名物が猪料理との事でしたので、
ラーメン好きな私はこれに決めたのでした。
猪ラーメン_20140105

その特徴は何と言っても、チャーシューの代わりに入る猪肉!
これが臭みもなく柔らかくて、絶品なんですよね。
スープも結構、こだわって作っている感じで。
美味しく頂く事ができました。

一方のカミさんは、「猪ハンバーグ定食(1,050円)」を。
ハンバーグのミンチに猪肉が使われている一品です。
これも美味い!

どちらのメニューもそうですけど、
猪肉にしてはリーズナブルなのもGOOD!です。

そして昼食後は再び、「野呂の湯」で入浴を。
温泉ではありませんが、315円で入浴できるので、
「ちょっとお風呂」と、気軽に利用できるのが良いですね。

いや~、いいお湯でした(^^


2014/01/05 -2014年初キャンプはおNEWのタープ 帰路編-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

IHがあってもやはり、石油ストーブが便利2014/03/14 23:26

ストーブでおでんを温める_20140105

夜眠っていると、チリチリチリチリという音が聞こえました。
一体何なんだろう?と気になっていたんですけど、そのまま就寝。
翌朝目覚めると、その正体がハッキリしました。

雪という程でもないのですけど、サイトはほんのり雪化粧。
気温も氷点下と、外に出ると寒かったです。
あの音は、雪というか霜が降る音だったのですね。
朝のKONGとスクリーンタープ_20140105

でも、FFヒーターが効いた軽キャンの車内は暖か空間。
温度設定は極々低温にしていましたけど、
それでもちょっと動けば汗がでる程の暖かさでした。

ただ、これは軽キャンの車内限定の事。
一旦外に出て、シェルターに行くと寒い訳で。
朝一ともなれば、外気温とあまり違いはありません。

そこで、石油ストーブに火を入れ、シェルター内を温めます。
これで、暫く経つと朝食会場の準備はOK。
軽キャンの車内からゴソゴソとインスタントラーメンを持ち出し、
この日の朝食としました。
ラ王を並べる_20140105

そのインスタントラーメンは、袋麺の「日清ラ王」。
最近ハマってまして。
「生麺系」のインスタント麺の中では、一番美味しいですね。
特に「豚骨極細ストレート麺」。
これはもはや、袋麺の域を超えています。
完成したラ王豚骨_20140104

マジで美味い!

チャーシューや紅生姜など、トッピングを加えると、
さらに本格的な味へと変化します。
いやいや、これは素晴らしいですね。

この後、同シリーズの「塩」バージョンを調理したのですけど、
個人的には「豚骨」の方が好みでした。
完成したラ王塩_20140105

「ラ王」の豚骨味。これは侮れませんね。

ちなみに、石油ストーブ(トヨトミ RB-25C)の上では、
昨夜の残り物である「おでん」を温め。

暖房と調理を同時にこなす石油ストーブは、
キャンプは勿論の事、日常の生活でもとても役立っています。
オール電化な我が家でも、石油ストーブは手放せません。


2014/01/05 -2014年初キャンプはおNEWのタープ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

シェルターとIHヒーターでレトルトおでん2014/03/13 22:00

ストーブで暖かシェルター空間_20140104

サイトのセッティングを終えた後は、
隣接する国民宿舎、「野呂高原ロッジ」で入浴。

キャンプ場からは車で1~2分程度でしょうか。
歩いて行く事も可能ですけど、それなりに距離があるので、
移動はやはり、車がオススメです。(入浴料315円)

こちらでは、通称「野呂の湯」でまったりと。
まだ夕方4時前後だった事もあり、
ほぼ貸切状態でお風呂を満喫させて頂く事ができました。

そして、サイトに戻るとKONGをベッドメイク。
ポップアップルーフを上げ、1階を広々としました。
ベットメイクしたKONG_20140104

これで、どんなに酔っても瞬時に就寝OK。
大した事なさそうですが、呑兵衛には大切なことです(笑)

で、シェルターと軽キャンはサイドオーニングで連結。
自作のサイドパネルを取り付けると、
シームレスに繋がる空間の完成です。
連結した空間_20140104

僅か1万円程度の安物スクリーンタープなんですけどね。
アルパインデザイン スクリーンタープ300 SP
夫婦二人であれば、これだけで十分事足ります。

この空間の中では、お待ちかねの宴会タイム。
キャンプ場利用者は私達だけでしたので、
周囲を気にすることなくのんびりと寛ぐ事ができました。
KONGとスクリーンタープを連結_20140104

この日のメインメニューは、レトルトパックの「おでん」と、
それに合う追加食材。パックを開けて鍋に入れて温めると、
そのまま食べることができる超手抜きメニューです。

温めた道具は、取っ手が外れる家庭用のIH対応鍋と、
IHクッキングヒーターの「アイリスオーヤマ IHK-T32-B」。
電磁調理器でレトルトおでん_2_20140104

このヒーター、持ち運びに便利なコンパクトな外観に似合わず、
出力1000Wと高火力なのが頼もしいですね。
シェルター内はやはり、火を使わないIHが安心です。

って、石油ストーブやカセットガスストーブが写ってるじゃん!
というツッコミは無しにして下さいね(笑)

2014/01/04 -2014年初キャンプはおNEWのタープ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

20A×2電源付きで2,000円のオートキャンプ2014/03/11 23:45

上方からサイトを見る_20140104

やっと、2014年の記事になります。(笑)
遅れること約2ヶ月、今年最初のキャンプ旅です。

2014年の正月休みは近年にしては珍しく、
約1週間という長い休みがありました。

いつもは実家に帰省するだけで終わる年末年始。
でも、これくらい期間があると、
「いっちょキャンプに行ってみるか!」
という余裕も生まれてくる訳です。

ということで予約したキャンプ場は、「野呂山キャンプ場」。
12月~3月の期間中、冬季限定特別料金になっており、
電源付きのオートサイトが、一泊2,000円で利用できるのです。
(通常は3,500円)

まずは、道中のスーパーで昼食を。
お好み焼き等を購入し、KONGの車内で頂きました。
スーパーのお好み焼き_20140104

そして、昼過ぎにはキャンプ場に到着。
早速、おNEWのスクリーンタープを設営し、
この後の快適キャンプへと、着々と準備を整えました。

と、ここまではいつも通り。
でも、いつも通りでなかったのは?

なんと!

サイト内には20Aのブレーカーが2個も備わっていたのです!
電源BOX_20140104

これ、個人的にはかなり凄いと思うのですが、如何でしょう?
これだけ容量があれば、電子レンジは勿論のこと、
エアコンまで余裕でいけちゃいますよね。

もちろん、KONGにはそのどちらも装備していないので、
そこまで電気は必要としないのですけどね。
シェルターをKONG_20140104

それでも、せっかくあるのだからと。
1本はKONGの外部電源入力へ、もう1本はシェルター内へ。
そんな贅沢な電源ラインを、思わず引いてしまいました。


2014/01/04 -2014年初キャンプはおNEWのタープ 出発編-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator