旅の記録は新ブログ「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に引き継ぎました。(2017年10月~)

廃盤品が高値で取引。なら近所の店頭在庫2015/02/02 21:31

夕食のセッティングOK_20141206

日が暮れる前に向かった先は、「国民宿舎能美海上ロッジ」。
キャンプ場からは車で8分程度。
ちょうど「温泉博士」に掲載されていましたので、
車中泊キャンプ前の入浴として活用させて頂きました。

こちらの温泉、塩分濃度が結構濃いくて。
隣接する日帰り入浴施設、「シーサイド温泉のうみ」では
見られない、茶褐色の濁り湯がなんとも言えませんでした。
お風呂はシーサイド温泉のうみへ_20141206

ただし、内湯のみで露天風呂はなし。
大浴場の湯船も決して広くはないんですけどね。

それでも満足度が高かったのは、
ひとえに泉質の良さによるものでしょう。
大浴場から見える瀬戸内の景色も最高でした。

そして再びキャンプ場に戻って、夕食の準備を開始。
好感度なアンテナをテント脇にセットする事によって、
テント内では地デジを自宅同様、楽しむことができました。

このアンテナ、「パワーアップUwPA」っていいます。
ブースター内蔵、コンパクトなのに感度が良い点が嬉しいポイント。
電化キャンプにはもってこいです。
地デジはUWPA-UPで受信_20141206

ところがどっこい。今検索したところ、既に廃盤品なのか。
主要通販サイトから姿を消していました。
その代わり、某通販サイトで中古品が出品。
私が買った新品に比べ、3倍以上の価格が付いていました(^^;

そういえば、イワタニのアウトドア用カセットガスストーブ、
「ジュニアヒーター CB-JRH-2」も去年あたりで廃盤で。
性能がすこぶる良いので追加購入しようと思ったら
既にネット上での在庫は無くなっていました。

しょうがないのでオークションサイトを覗いてみたところ、
8千円前後という、新品より高い相場で落札金額が推移。
「そりゃあないでしょう」と入札を躊躇っていたら、
近所のホームセンターに、4千円台で店頭在庫がありました(笑)

灯台下暗しとは、このことですね。


2014/12/06 -寒波が来たので瀬戸内で冬キャンプ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

キャンプでチリトリ鍋。温か車中泊も準備OK2015/02/03 22:23

ちりとり鍋_1_20141206

夕食は、暖房を効かせたシェルター内で「ちりとり鍋」。
とはいっても、見よう見真似のなんちゃってですが(笑)

「ホルモン鍋」をしたくて取り寄せていた、
18-0 チリトリ鍋 深型 27cm QTL6003 」を使用し、
好きな食材を色々入れて、火にかけてみました。

牛ホルモン、キャベツ、ニラ、もやし、牛バラ等など・・・

ある程度高さを積み上げる事で、
それっぽい雰囲気を楽しむ事ができます!(笑)
味付けは、焼き肉のタレ(味噌味)メインでやってみました。

で、暫くすると火が通って野菜が柔らかくなってくるので、
そのタワーを崩しながらかき混ぜて。
さらに火を通すと、なんちゃって「ちりとり鍋」の完成です。
ちりとり鍋_2_20141206

後は弱火にして、アツアツのまま口に運んで。
おおお!! コレはなかなか美味いじゃないですか!!
とても思いつきで作った鍋とは思えません(笑)

野菜の下から顔を出したホルモンは、プリップリでコロコロ。
これだけでも焼酎がどんどん進みます。

極めつけは、その周りを囲むバラ肉。
焼き肉を除いて、基本ホルモンとバラ肉は一緒に調理しませんが、
この組み合わせは意外とイケます。

そして〆はお決まりの、ちゃんぽん麺。
〆のチャンポン麺_20141206

もう少し「鍋の麺」みたいにしたかったのですけど。
水分より脂肪分の方が多かったからか。
まるで揚げ麺みたいになっちゃいました(笑)

ま、それはよしとして。

最後は、ベッドメイク済みの軽キャンKONGに場所を移し、
FFヒーターが効いたヌクヌク車内で二次会を。
就寝前のひとときを、思う存分満喫できたキャンプの夜でした。
車中泊態勢のKONG_20141206


2014/12/06 -寒波が来たので瀬戸内で冬キャンプ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

炊飯土鍋で炊きたてご飯【車中泊キャンプ】2015/02/04 22:11

炊飯土鍋とカセットフー_20141207

昨日、節分の日は私の誕生日でした。
最近流行りの「恵方巻き」やら「節分そば」やら。
なんだか、みんなで祝ってくれているみたいで嬉しいですね(笑)

そういえば昔、節分といったら決まってイワシでした。
でも、学生の頃はあまり魚が好きではなくて。

なんで自分の誕生日には大好きな鶏の唐揚げでなく、
嫌いな魚が食卓に並ぶのだろうかと(笑)
少々ふてくされていた時期があったのを覚えています。

もちろん、今はそんな事はなく。
魚はどれも好きですし、節分の日も好き。

人間、歳を取れば変わるものですね。
季節の節目、この日に産まれた事を誇りに思っています。

さて、話は変わって「寒波が来たので瀬戸内で冬キャンプ」。
塩サバ_20141207

この日の朝食も、前回のキャンプと同様に和食。
釜揚げしらすや納豆、塩サバや生卵をおかずにして、
炊きたての御飯と共にガッツリ頂きました。
釜揚げしらす入り玉子かけご飯_20141207
納豆_20141207

御飯はちょっと前の記事でも綴った事がある、
炊飯用の土鍋で炊いたもの。これが抜群の炊きあがりで!

今回炊いた2合なら炊飯時間約13分、蒸らし時間10分。
炊飯前に30分程度米を水に漬けておく必要がありますが、
炊き始めてから約23分後には、ホカホカが食べられます。
炊きあがった御飯_20141207

これなら、下手な電気炊飯器はキャンプでは不要ですよね。
この土鍋とカセットコンロがあればそれで良し。
3合までなら、電気炊飯器より美味しい御飯が炊きあがります。

その証拠に、自宅でも毎日これで御飯を炊いてます。
数万円もする電気炊飯器があるっていうのにね(笑)
僅か1,000円もしない「炊飯土鍋」にゾッコンです。


2014/12/07 -寒波が来たので瀬戸内で冬キャンプ-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

その車中泊。そろそろ卒業しませんか?2015/02/05 21:50

ネイチャーストーブで焚き火_20141207

お世辞にも広いサイトとは言えなかったけど、
シェルターを作って軽キャンをポップアップさせれば、
そこは自分たちだけの快適空間。

やはり、車中泊キャンプっていいなあ。

世間一般的には道の駅の駐車場で一夜を明かすのを
車中泊って言っているみたいですけど、
前乗りや緊急時を除き、個人的には全く興味がないんですよね。

だって、キャンプ行為が出来ない車中泊なんてただ寝るだけ。
えっ? 私は道の駅の車内で食事を作っているですって?
それってキャンプ行為ですよね。
なら、キャンプ場で行うべきものだと思います。
昼食の焼ちゃんぽん_20141207

道の駅での車中泊はあくまでも疲れた時の仮眠程度。
料理を作って酒を飲むなんてのはマズイでしょう。

なーんて、そういう私も昔は道の駅を頼っていましたからね。
あまり人のことは言えないのですけど。
けれども、車中泊は手っ取り早く道の駅でいいや!
っていう安易な考えはどうかと思います。

そんなの、誰にだってできますしね。
KONGとテントサイト_20141207

それより、キャンプ場でのんびり車中泊ってどうでしょう。
もちろん、無料の場合を除き、利用料は必要ですけど。
でも、そのお金をケチったところで、ですよね。
これならキャンプ行為はもちろんのこと、焚き火だって楽しめます。

この日は焚き火をする予定は無かったのですけど、
朝食後の散歩中に落ちていた良質な小枝(枯れ木)を多数発見。
急遽常備品の「ネイチャーストーブ」を取り出して組み立て、
プチ焚き火を楽しむ運びとなりました。

これはボディが小さすぎるので、焚き火といっても次々と
燃料となる小枝などを投入する必要があるのですけどね。
それでも寒い時期、メラメラと燃え上がる炎を眺めているだけで
体が温まる気がするから不思議です。
サイトで昼食_20141207
ジュニアヒーターで快適_20141207

こういった楽しみ方ができるのも、キャンプ場での車中泊ならでは。
椅子とテーブルを出して寛ぐのも自由です。

寒ければ、足元にアウトドア用のヒーターを置いたりして。

これらは、キャンプ場だからこそ楽しめるアクティビティ。
逆に、道の駅では全てNGです。


2014/12/07 -寒波が来たので瀬戸内で冬キャンプ 終了-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

ガーデンルームで牡蠣小屋気分2015/02/06 21:58

カセットコンロで網焼き_20150201

先週末、牡蠣祭りで調達した殻付き牡蠣を持ち帰り、
自宅で焼き牡蠣パーティーを開催しました。

出席者は、私とカミさんの豪華2名。
場所は例によって、リビングから続くガーデンルームです。

あるときは洗濯物干し場に。そしてある時はBBQ会場に。
今回のように、牡蠣小屋のように使う事ができるガーデンルームは、
アウトドア好きの私にとっては無くてはならないスペース。
例えキャンプに行けなくても、ここで雰囲気だけでも楽しめます。
牡蠣小屋会場_20150201

で、今回焼いたのは「音戸」の牡蠣。
これ、今現在私にとっては超お気に入りの牡蠣。
広島に牡蠣は数あれど、身のプリップリ感では上位に入ります。

同じ広島でも、身がちっちゃい牡蠣も多々ありますからね。
そんな牡蠣を焼いた日には、殻が開いた瞬間にガックリきます(笑)

それに比べ、「音戸」の牡蠣は身がバッチリ。
殻が小さいものでも、身が大きい場合が殆どです。
焼き牡蠣とワイヤレスTV_20150201

もちろん、味が良いのは言うまでもなく。
私はいつも、焼いただけで何も付けずに頂いていますね。
調味料を付けるのなんてもってのほか。
素材そのもが良い場合、調味料はかえって邪魔になります。

ちなみに、同時に購入した「むき身」は、
カミさんがカキフライにしてくれました。
こちらは、カミさん自作のタルタルソースをちょっと添えて。
牡蠣フライ_20150201

えっ? これもそのまま食べないの?
っていうツッコミは無しね(笑)
「フライ」にした時点で、素材そのものを楽しむのではなく、
何かアレンジを加えてこそ成り立つ料理になっていますからね。

それにしても、この牡蠣は殻付きもむき身も身が大きくて最高!
自然の恵み、そして漁業関係者の方々に感謝感謝です。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator