にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ ブログランキングならblogram 広島ブログ 山口ブログ

くるま旅クラブの特典を多いに活用しよう!2017/01/28 07:15

フェリーでの帰路_20161204

宿泊利用は翌日の15時までと、のんびりできるキャンプ場でしたけど。この日は天気予報で下り坂が予想されていましたので、朝食後は撤収を急ぐ事にしました。

この時点ではまだ、雨の落ちていないキャンプ。せっかくならこのまま、スクリーンタープは濡らしたくないものです。

先ずは幕内の結露を軽く拭き、食器洗い、そして小物類の片付けと進めていきました。

そして最後に残った、椅子やテーブル、石油ストーブも片付け完了。残すは、スクリーンタープのみです。

これはイケる!

そう思った瞬間、雨が落ち始めました(^^;

あとスクリーンタープだけだったのになあ。。。
もう少し天気が持ってくれたら、乾燥撤収できたのですけどね。

ま、道具が濡れなかっただけ良しとしましょう!

とポジティブに考えたところで、キャンプ場をチェックアウト。
帰路もフェリーを利用する予定でしたので、そのまま港へと車を進めました。

そして、切串港に到着。切符を購入し、フェリーの出港まで一時待機です。

この時、FFヒーターを着けて車の中で待機していたのですが、なんて暖かい事!
軽箱バンの純正エアコンは利きが悪いので、尚更そう思いました。

こういったシーンでも、FFヒーターは大活躍ですね(^^
エンジンを切っていても車内はヌクヌクです。

そして数十分待って、無事にフェリーに乗船。無事、向こう岸の広島本土(天応)へと渡る事ができました。

因みに、復路のフェリー切符を購入する際、ここでも「くるま旅クラブ」の会員証を提示し、乗船運賃が三割引になる「せとうちCamperクルーズ」の適用を受けたのですけど。

ナント!

2015年の「せとうちCamperクルーズ」運用開始以降、この割引の適用を受けたのは、私達が一番最初との事でした。

割引制度が始まってから既に1年以上経過しているというのに(笑)

そういえば、往路の際も係員の方がどうしたら良いのか戸惑っておられました。

薄々気付いていたけれど。

「せとうちCamperクルーズ」って、あまり認知されていないようです(^^;

あと、「くるま旅クラブ」の方がこの航路を利用する機会が、今まで無かったのかもしれませんね。

何れにせよ有り難い割引制度ですので、「くるま旅クラブ」の方はどんどんこの制度を活用し、瀬戸内の島々を訪れて頂きたいと思います。

瀬戸内海の景色に癒やされますし、魅力的な島々がたくさんありますよ(^^

※関連記事
お得にフェリー!【せとうちCamperクルーズ】


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/04-牡蠣買って車中泊キャンプin江田島 帰路編-

海辺の新鮮市場の刺身定食。コスパ最高です2017/01/22 07:17

海辺の新鮮市場の刺身定食_2_850円_20161203

キャンプ場を、江田島の「真道山森林公園キャンプ場」に選んだ理由。

それには、キャンプ場自体の利用料金が安いのと(オート一泊:1,540円)、前回の記事でご紹介しました通り、殻付き牡蠣を現地で割安に調達できる!というのがありました。

まあ、これだけでも十分過ぎるくらいの選択理由になるのですけどね。
実はもう一つ、大きな選択理由があったのです。

それは、江田島にある「海辺の新鮮市場」というお店で、魚料理がリーズナブルに、そしてたらふく頂けるという事。

※関連記事
魚飯・アラ汁食べ放題!刺身定食(850円)

海辺の新鮮市場_20161203

そう、たった890円(以前の850円から値上がりしました)で各種魚飯と味噌汁(アラ汁)が食べ放題になり、好きな刺し身を一品、選べるのです。

前回訪問時、11:30着でギリギリセーフだった反省点を踏まえ、今回は11:00開店と同時くらいに到着。まだまだお客さんは少なく、刺し身の種類も豊富でした。

先ずは一階で「刺身定食(890円)」を利用する旨を伝え、数種類ある刺し身の中から好きな一皿を選択。支払いを済ませてから二階に持って上がります。

選べる刺し身_1_20161203

そして御盆を手に、数種類の魚飯の炊飯釜が並ぶテーブルの前に並んで。

どの魚飯が欲しいのかを、お店の方に伝えます。

この日は「鯛めし」「アサリご飯」「タコ飯」の三種類があったので、先ずは最初の一杯に「鯛めし」を選択。

鯛めし_20161203

お店の方が優しく、茶碗についで下さいました。

この魚飯はお代わり自由。炊飯釜が空になるまでは、何杯でも頂けます。(お客さんが多い時は早めに無くなり、終了します)

因みに、カミさんの最初の一杯は「アサリご飯」。

アサリ飯_20161203

魚飯といってもこのように、何種類か選べるのが嬉しいですよね。

同じお代わり自由でも、一種類しかないのと、選べるのとでは大違い。
「次は何を頂こうかな?」と、普段より食欲旺盛になります(笑)

そしてお代わり自由と言えば、味噌汁もお代わり自由。

味噌汁_1_20161203

この味噌汁は単なる味噌汁ではなく、魚のアラが入った味噌汁!

これがホント美味しくって、何杯でも頂けます。
因みに、アラが嫌いならアラを出来るだけ除いて注いで頂く事も可能なようです。

刺し身の方は食べ放題ではありませんが、鮮度が高くてメチャ旨し!

選べる刺し身_2_20161203

量的に足らないという事は無いですし、私達のように連れでいけば、違った種類を取り、さらに多くの種類を味わえるというメリットもあります(笑)

刺し身も味噌汁も美味しいので、とにかくご飯の進むこと!(鯛めしも絶品でした)

ということで、お決まりのお代わりを(笑)

お代りした味噌汁(魚のアラ入り)_20161203

味噌汁は大きめのアラ入りで、魚飯は「タコ飯」を注いで頂きました。

魚の風味を存分に味わえる味噌汁は勿論のこと、タコの身が贅沢に入った「タコ飯」も程よい塩分で美味い!

タコ飯_20161203

何度も書きますが、これで890円とは嬉しい限り。

この日は早めに入店したからか、比較的空いていて食事もゆったりと。
魚料理を思う存分、満喫する事ができました。

「海辺の新鮮市場」の「刺身定食(890円)」、オススメです。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/03-牡蠣買って車中泊キャンプin江田島-

殻付き牡蠣やむき身がお得な切串港+α情報2017/01/21 07:15

切串港の牡蠣販売_20161203

約12分間の海上クルーズ。(さくら海運フェリー
天応(呉ポートピアパーク)から江田島(切串港)に到着しました。

今回のキャンプを計画した時から、そして上陸前から楽しみにしていたのは、「切串港」※1で販売されている江田島産の牡蠣。

※1(「上村汽船」の「切串港」とは異なります。「吹越棧橋船客待合所」で検索するとわかり易いです)

この時期になると待合所の前に並び、割安に購入する事ができるのです。

広島の牡蠣をスーパー等で買うと、殻付き牡蠣なら安くても1個100円から、直売所で良いやつを買うと、もっとしますからね。(Mサイズが170円とか)

ところが! こちらで販売されている牡蠣はナント!

殻付き牡蠣なら15個入りで1,100円(1個あたり約73円)、むき身なら400gが1,100円と、割安なのです!

他にも、江田島産の「みかん」や「キウイ」なども並んでいて、割安に購入する事が可能。(一袋5個入りで200円とか)

料金は、切串港の係の方に支払います。

これは、フェリー利用者じゃなくても、わざわざ行って購入したい位のお値打ち品。切串港には駐車場もありますから、一般の方でも立ち寄りやすいと思います。

そういう私達も、フェリーから下船するなり港の駐車場に車を入れて。早速、「殻付き牡蠣」と「むき身」、そして「キウイ」を買い求めました。

切串港で牡蠣を購入_20161203

殻付き牡蠣はキャンプで炭火焼きに、むき身は持ち帰っての牡蠣フライ用。キウイはデザートに調度良いですね。

時期的に少し早かったからか、それともお値段なりなのか、殻付き牡蠣は少々小粒な印象を受けましたけど。身はプックリとしていて美味しかったです。

むき身の方も、比較的小ぶり。でも、たっぷりと入ってお得感いっぱいでした。

これからは、牡蠣がどんどん美味しくなる季節。牡蠣を購入して牡蠣キャンプ!っていうのも良いですし、自宅に持ち帰って蒸し牡蠣なんかも楽しくて良いですね(^^

広島の冬はやっぱり牡蠣!
その牡蠣をお得に購入できる、切串港(吹越棧橋船客待合所)の情報でした。

そして、最後に江田島でのオマケ情報を少々。

川上食料品店_1_20161203

切串港から江田島市内、そして「真道山森林公園キャンプ場」へと向かう途中に「川上食料品店」という小さな個人商店があります。

ここ、早い時間帯に訪れると、野菜やお弁当等が激安販売されているのです!
(在庫処分のカップ麺なんかも激安でありました)

私達が立ち寄った時(10:30頃)には、地元のお母さん達で大賑わい。特に安い商品は早めに無くなるみたいですので、行くなら早い時間帯が良さそうです。

川上食料品店_2_20161203

なお、日曜日は定休日の模様。(翌日行ったら閉まってた)

ちょっと分かりにくいですが、店の奥に数台分、無料駐車場があります。

キャンプの買い出しを全てここで済ますのは品数的に難しいかもしれませんが、おトクな食材や地元の野菜等をキャンプ飯に加えてみるのも面白いでしょう。

まるで「宝探し」のような感覚を楽しめますよ(^^


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/12/03-牡蠣買って車中泊キャンプin江田島-

全メニュー牛乳付き?ドライブインミッキー2017/01/07 07:15

牛乳みそホルモンチャンポン_20161121

たった3日の出来事を、13個の記事に分割して綴ってきた「2連泊イルミネーションキャンプ2016」。

13個目の今回で最終回、帰路編です。

タープ類は全て乾燥撤収し、午前中までにはキャンプ場をチェックアウト。

「食彩館しょうばら ゆめさくら」という産直市で買い物をしてから、昼食を頂く為に、「ドライブイン ミッキー」という御食事処に立ち寄る事にしました。

こちらは以前から気になっていたのですが、今回が初訪問。楽しみです。

平日だったからか、お仕事中のお客さんで賑わっており、広い店内はほぼ満席といった感じ。

結構人気がある御食事処みたいですね。

メニューの方もかなり充実していて、「どれにしようかな?」と迷うほど。ボリューム満点、ガッツリ系の定食が特に充実しているような気がしました。

単品で注文するより、定食やセットで注文する方が明らかにお得で安い感じ。でも、そんなに食べたら、自分には食べ過ぎにも感じます(笑)

ということで注文したのが、単品の「牛乳みそホルモンチャンポン(850円)」。

ドライブインミッキーの牛乳みそホルモンチャンポン_850円_20161121

誘惑に負け、結局はスタミナ系のメニューになったのですけどね(笑)

「牛乳みそ」というのがどんな感じなのか気になったのと、チャンポンにホルモンが入るというインパクトでこれに決めました。

チャンポンという割には野菜が少なめだったけど、その代わりにホルモンがたっぷり!
ホルモンより別に、厚切りのチャーシューが2枚入っていたのにも驚きました。

チャーシューは脂身の無い硬めのパサッとしたタイプだったけど、ホルモンにチャーシュー。肉好きには堪りません(笑)

あと、牛乳が別に付くのもカルチャーショックでした(笑)

「牛乳みそホルモンチャンポン」という事なので、スープに牛乳が入っているのかな?くらいにしか思っていませんでしたけど。

チャンポンに牛乳付き(笑)

これも結構インパクトがありましたね。

肝心のスープの方は牛乳が入っているからか、まろやかで。

旨し!

一方のカミさんが選んだのは、「レディースセット(650円)」。

ドライブインミッキーのレディースセット_650円_20161121

小さめのラーメンにおむすび、サラダ、冷奴、漬物が付くお得なセットです。

そしてこのセットにも、牛乳付き!(笑)

こちらのドライブインでは、全ての食事に牛乳が付くのですかね?

でもこれはこれで、嬉しいサービスですよね。初めての訪問でしたが、その個性で一気に好きになりました(笑)

昔からずーっとあるお店って、やはり何らかの魅力があるからなのですね。

地元の方に愛されている「ドライブイン ミッキー」。この近くを通ったら、また是非立ち寄りたい御食事処です。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/21-2連泊イルミネーションキャンプ2016 帰路編-

汗が滝のように(笑)ご当地お好み三次唐麺焼2017/01/03 07:15

きみたの旬菜の三次唐麺焼_750円_20161120

午前中にお風呂を済ませたら、早くも昼食の時間に。

「君田温泉森の泉(道の駅 ふぉレスト君田)」には御食事処もあるのですが、せっかくなのでご当地グルメを頂く為に、「きみたの旬菜」という御食事処に立ち寄ってみる事にしました。

こちらではご当地お好み焼きの、「三次唐麺焼」を頂けるとの事。楽しみです。

きみたの旬菜_20161120

「三次唐麺焼」とは、江草商店の唐辛子入り唐麺を使ったお好み焼きの事で、ソースはカープソースの辛口ソース。

辛いものが苦手な私ですが、チャレンジしてみる事にしました。

「三次唐麺焼(750円)」をオーダーすると、サービスでしょうか。

サービスの小鉢_20161120

ちょっとした小鉢が目の前に。

この日は特別だったのかもしれませんが、こういった一品は嬉しいですね。

私が好きで訪れている、おばちゃんが一人で切り盛りされている近所のお好み焼き屋さんでは、食後にホットコーヒーのサービスがあったりします。

このように、一口にお好み焼き屋さんと言っても、色々なお店があるのが面白いところ。

調理中の三次唐麺焼_20161120

鉄板の上で重ね焼きされていくのは県内共通ですが、「三次唐麺焼」で決定的に異なるのは、見るからに辛そうな色をしたその唐麺。

出来たてを早速、頂いてみる事に。

うん、初めのうちは「少しピリ辛かな?」と思う程度だったけど。
食べ進めるごとに、汗が滝のように流れてきました(笑)

辛い!(笑)

私が辛いものが苦手というのもありますが、得意なカミさんでさえ、珍しく汗を流していましたからね。

三次唐麺焼_2__20161120

恐るべし! 本場の三次唐麺焼!

もちろん、辛いのですけど、これがまた美味しいんです。

三次(「みよし」と読みます)のお隣、安芸高田市にも辛くて美味しい「夜叉うどん」などがあって、この辺りはまさに辛いもんグルメの宝庫。(これも美味しいのでオススメ!)

辛いもん好きの方は一度、訪れられては如何でしょうか。

「三次唐麺焼」も「夜叉うどん」も、色々なお店で頂く事ができます。


※いつも有難うございます。
↓クリックが、次の記事を書く活力となります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

2016/11/20-2連泊イルミネーションキャンプ2016-

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator