当ブログは、「キャンピングカーで愉しむ!車中泊キャンプと旅紀行」に移転しました。

夏場の車中泊はRVパークでクーラー【冷房】2014/10/22 22:17

車中泊の夕食_20140816

今回の記事は「出発編」も「帰路編」も無く。
いきなり本題へと入ります。

たまにはこんな展開もあっていいのかな?
いつもは、あまりにもひっぱり過ぎですものね(苦笑)
この先、ちょっと飛ばします。
RVパークで軽キャンKONG_20140816

という事で、今回の旅先はRVパークの「美都温泉」
1泊1,500円でAC電源込みという内容は、夏の初めに導入した
どこでもクーラー」のフィールドテストにもってこい。

早速、軽キャンKONGの荷室に「どこでもクーラー」を積み込み、
RVパークを目指して出発したのでした。
どこでもクーラー積載_20140816

比較的コンパクトな「どこでもクーラー」は、
運搬時は軽キャンの荷室にスッポリ。
これが、「どこでもクーラー」を選んだ理由の一つ。
軽バンコンでも持ち運びし易いという条件が第一にありました。

そして、現地に到着してからのセッティングも。
助手席を倒したシート裏テーブルに、上手く収まっていますよね。
100均のアルミサンシェードでパーテーションを作れば、
排熱はリビング側には伝わってきません。
どこでもクーラーを設置した軽キャン_20140816

この辺のアイデアというかDIYは、以下の過去記事を御覧ください。
試行錯誤の末、使える「どこでもクーラー」にしています。


配熱処理は、暖房用のエコグッズ、アルミダクトにて。
自作のPPパネルが良い仕事をしてくれます。
暫くしてから雨が降ってきたのですけど、
このセッティングであればノープロブレムでした。
排熱ダクト_20140816

セッティングを終えるなり、
道中で調達していた焼酎でチビチビやりましたよ(笑)
(プレミアム焼酎だけど、定価の千円台でゲット!)
佐藤の黒でロックタイム_20140816

そしてこの後は、敷地内の「美都温泉 湯元館」で入浴を楽しんで。
車に戻ってもクーラーが効いているのですから、ホント極楽でした。

その時の室温は測っていませんでしたが、
8月中旬というのに、車内で夕食を終えた後の室温は「22.7度」。
もちろん、アイドリングなんてしていません。
室内温度_22.7度_20140816

どこでもクーラー」様さまですね。

ま、ここまで冷やせたのは私の応用力のお陰ですけど(笑)
排熱ダクト処理だけではむしろ、室温はアップします。
ポイントは、「フロントシート側は捨てる」です。

この日は朝まで「どこでもクーラー」は点けっぱなし。
朝方は寝袋に包まっていても、寒いくらいでした。
(寝る前に捨てた除湿タンク5.8Lは、翌朝ギリギリでした)


2014/08/16 -夏場の車中泊はRVパークでクーラー-


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

コメント

トラックバック




にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

blogram.jp FC2 Blog Ranking にほんブログ村 車中泊の旅
Free xml sitemap generator